ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« ヘンロン 1/16 IV号F2 | トップページ | 「NEW GAME(得能正太郎/芳文社)」2巻 »

2015年3月29日 (日)

「タミヤ1/25センチュリオン」その4(転輪の話)

週初めに降った雨だか雪だか分からないようなボタボタした雨のせいで、車が恥ずかしいくらいの水玉模様(赤に花粉の黄色)になったため、洗車。明日雨だと言うが、ほったらかしておくと、大変なことになる。

転輪を塗る。写真を撮ろうかと思ったが、あまりにも見慣れた光景(竹串に刺した転輪が発泡スチロールに刺さっている)なのでやめた。
個人的に、転輪にヤスリをかけたり、ゴム部分の色を塗ったりするのはあまり好きではない。面倒だし、変形しやすいし、綺麗に塗れない。もっとも、転輪のゴムなんて、後から本体色を何重にも重ねたときにリタッチ出来るし、更に汚しを入れれば意味もないのだが。固定ならさっさと接着出来るのが、余計に手間が掛かるのが面倒で(笑)。ミニスケなら、ゴムを塗る作業自体がリタッチみたいなものなのに。
あと、最近の缶スプレーが100mlしかないせいで、車体下部を塗っただけで、既に1缶使ってしまった。車用みたいに大きい缶にして欲しいのだが。最近はハンドピースやコンプレッサーが安くなったせいで、缶スプレー使う人は減ったのかなぁ(一番の問題は単価だろうけど)。タミヤのスプレーが500mlだった時代を知っているのはかなりの年寄りだろう。
コンプレッサー……準備するのも片付けるのもめんどくさい(笑)。塗装ブースを買うべきだろうが、作業スペースが本に侵蝕されている現在、部屋の中で吹きつけ塗装をするリスクが大きくて……。

« ヘンロン 1/16 IV号F2 | トップページ | 「NEW GAME(得能正太郎/芳文社)」2巻 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61352934

この記事へのトラックバック一覧です: 「タミヤ1/25センチュリオン」その4(転輪の話):

« ヘンロン 1/16 IV号F2 | トップページ | 「NEW GAME(得能正太郎/芳文社)」2巻 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック