ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« なかなかギアが付きません…… | トップページ | 「タミヤ1/25センチュリオン」その2(DMDコントロールユニット T-03) »

2015年3月16日 (月)

「タミヤ1/25センチュリオン」その1

さて、「タミヤ1/25センチュリオン」ようやく本格的にスタートです。
WEBで他の方の工作を見ましたが、みんな違ったアプローチをしてたいますし、私も異なる方法になってます。正解はないですし。個人的には「あいつが、センチュリン作ったから、私はT-34をやるぜ」みたいな、色々のチャレンジを見て見たいです。

Cen_001


まず、シャーシの底のモーターライズ用のディティールを全部削り落とします。ニッパーとナイフで破壊して、アルティメットニッパー45゜で削ぎ切りしました。アルティメットニッパーが異様に使いやすいのですが、ものが太いので刃を折りそうで怖かったです。丈夫で良く切れる食い切りが欲しいですな。
あと、ギアボックスを止めるねじ穴を2個開けます。前後に少し長めに開けて、位置を調整出来るようにしています。

Cen_002


ギアボックスは、先週うだうだと書いたとおりで。ツインモーターギアボックスをA位置で軸を組んだものです。出力軸は「軸の突き出し長さ:約8mm/ナット位置:約3mm」というところですが、正直アバウトです。軸の長さは余裕があるので、もっと長くても短くても何とかなります。切断は3~4千円くらいだったホビールーターに切断砥石で。高価な道具でなくてもすぐに切れます。
ナットはM3.5または旧JIS-M3を使います。旧JIS-M3だと通らないので、穴をルーターで広げます。で、瞬間接着剤で固定。
ちなみに、写真はひっくり返っていますが、フレームに微妙にテーパーが付いていて滑るので、#400のペーパーで平らにしています。横は1/35 T-34についていたリモコンギア。ギア配置が全く同じです。

Cen_003


仮組みしたところ。小細工をしていないのに、あまりにもぴったりです。他の方でギア側の穴を狭く作り替えているのでどうしようか迷いましたが、ギア側とファイナルカバー側の軸穴でファイナルギアの位置が出るはずですが、どうだろ?。写真ではギアボックスが前に出ているような感じですが、こうしないとギアが上手く噛まないような気がするので、要調整です。まー、ファイナルギアケースは接着しなくてもネジ止めでイケルので、後でいくらでも調整は出来そうですが。
さて、ちゃんと動いてくれますか……。

« なかなかギアが付きません…… | トップページ | 「タミヤ1/25センチュリオン」その2(DMDコントロールユニット T-03) »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61288022

この記事へのトラックバック一覧です: 「タミヤ1/25センチュリオン」その1:

« なかなかギアが付きません…… | トップページ | 「タミヤ1/25センチュリオン」その2(DMDコントロールユニット T-03) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31