ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「軍事用語事典(「工業英語」編集部・編/インタープレス)」 | トップページ | 「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN-特別編-(安彦良和/角川書店)」24巻 »

2015年3月 8日 (日)

まずは戦車を動かそう

夜も更けて参りましたが。相変わらず、時間の使い方がよろしくないです。

昨日から、戦車を動かすためのパーツの発注で、あちこち注文したり悩んだりしていて、他が何も進みません(笑)。
特に、電気関係は苦手なので、細かい事例をネットで拾いながらなんとか。まー、それでも素人がキットを買わずになんとかしようということが出来ること自体が、情報の共有化の進んだ現代の凄いところですから。まー、ここでも、なにかしら公開出来たらと思いますが。その前に、机の上を占拠している作りかけの模型をなんとかしないと(笑)。チャーチルが1年くらい塩漬けになってる……。

これまでは、とりあえず戦車のキットを買ったり、既存のラジコンキットの説明書を見て仕組みを勉強してきましたが。タミヤの1/16フルオペは値段が高い。プロポ一式が付属のため、内容が古くなってしまっている(どーせ、フタバ品のセットなのだから、昔のように別売りキットを出しても良いかと思うのに)。
1/35はDMDユニットにマルチファンクション機能と受信機器能が組み込まれて、専用プロポが付いてくると言う汎用性のなさがちょっと。ギミックとイニシャルコスト的には十分満足出来るものと分かってはいるのだが。1台買うとプロポが1つ増えるのはトイラジと同じと言っているようなものである。
他に1/25チーフテンも販売されているが。これは、ラジコン部分については1/35と同じである。ただし、メインの動力はツインモーターギアボックスがそのまま使われているようである。昔のリモコンに比べてモーターも小さくなってたより無い感じだが、プラギアはノイズの点で有利かもしれない(そもそも国内に金属のギアボックスを作ってくれる工場が無くなってしまったのではないのだろうか。前にイマイのゼロX号の復刻の際には、国内でゼンマイを作っている工場がないため、大変苦労されていたし)。

ということで、ベースキットはタミヤの1/25センチュリオンに決定。内部再現は老後の楽しみに取っておくとして。そこそこの内部容積とホルストマン式サスペンションの外装式という有利さ、何より英国趣味の私の好み(<ここ、モチベーション的に一番大事)により。もう、タイガー、パンサーだけというのはなんとかして欲しいところだが、やはり一番人気はそこに行き着くようである。
まずは、このディスプレイキットを電動化するところからはじめようと思う。チーフテンはギアボックスで直接起動輪を動かすようになっていたが。センチュリオンはファイナルギアを回すように作られて「いた」ため。本当は同シリーズのパンサーのギアボックスが使えれば良かったのだが。いくら探しても発掘出来なかった(笑)。あれは、減速しない珍しいギアボックスだった気がするので、回転数が問題になりそうなのだが、まーいいや。どうするかはこれから考える。
お手軽リモコンキットとかからタミヤが手を引いてしまった現在(楽しい工作シリーズはのぞく)、戦車は動かすだけでも大変なのである。

« 「軍事用語事典(「工業英語」編集部・編/インタープレス)」 | トップページ | 「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN-特別編-(安彦良和/角川書店)」24巻 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61247170

この記事へのトラックバック一覧です: まずは戦車を動かそう:

« 「軍事用語事典(「工業英語」編集部・編/インタープレス)」 | トップページ | 「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN-特別編-(安彦良和/角川書店)」24巻 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30