ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« まずは戦車を動かそう | トップページ | ダイアポロンに思う »

2015年3月 8日 (日)

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN-特別編-(安彦良和/角川書店)」24巻

相変わらず1日の半分は寝てます(笑)。
比較的暖かかったので、車を洗おうとしたら。なんか黒い雲が西から流れてきて、そんな雰囲気をぶちこわしに。明日も雨だっていうしナー。

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN-特別編-(安彦良和/角川書店)」が発売中です。
さて。24巻と名打っていますが。公式ガイドブックとオリジン完結後に掲載された短編が入ってます。
TV版前夜の話。キャスバル誕生時の逸話。戦後、カイがセイラを訪ねる話。戦後のアムロとコバヤシ一家の話。
公式ガイドに載った話は既読で、ここにも前に書いた気がしますが。それ以外は存在は知っていましたが単行本派なので、読むのは初です。
カイの話はミライに吸い付くブライトの絵ばかりが印象に残る、と書くと、トニー氏のガンダム漫画並みの印象ですが。実際、かなりコメディタッチの話になっていると思います。しかし、ラストでジルとミリーについての下りがあるのには、正直「よかった」と。富野御大はジルをムラサメ研にやったようでしたが。そのあたりについては、正史としては確定事項ではないため、あんまり好きな流れではなかったですし。こういうフォローはファースト好きとしてもよいです。
同様に、アムロの話も、内容はかなりコメディだけれど。ラストがZと異なり、アムロのその後に希望が持てるものになっていて、すごく好印象です。
サンライズの公式は「映像になったものが正史」という立場ですから、オリジンが正史となるのは難しいのですが(今回のアニメ化も、まずはTVシリーズとは違う時間軸ですし)。より、公式に近いところで、こういう未来を見られたのは良かったかと。

ちなみに。触発されて「デイアフタートゥモロー(ことぶきつかさ/角川書店)」4冊も読み返してみましたが。やっぱり、こちらも良いですね。劇場版Zは見ていないので、ベースの流れを理解していないところもありますが。1年戦争を振り返る意味でも、非常に面白いです。外伝としてのパラレルな作品はかなりの数がありますが。この作品は別格にお気に入りです。安彦良和氏が触発されて、セイラさんの話に活かしたというのも頷けると思います。

« まずは戦車を動かそう | トップページ | ダイアポロンに思う »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61251857

この記事へのトラックバック一覧です: 「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN-特別編-(安彦良和/角川書店)」24巻:

« まずは戦車を動かそう | トップページ | ダイアポロンに思う »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30