ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「おとめ妖怪ざくろ(星野リリィ/幻冬舎)」10巻 | トップページ | 「あくまでじょし(三浦ゆあん/アスキー・メディアワークス)」1巻 »

2015年4月 7日 (火)

「タミヤ1/25センチュリオン」その7(砲塔旋回について考える/試験走行する)

1/25センチュリオンの砲塔旋回の形式について考えていましたが。砲塔自体がなめらかに回るようにするのが1点。旋回のためのモーターをどう仕込むのかが1点。
そのまま砲塔の内側にギアのような突起を付けて回転させようかと思いましたが、ギアによって片側に押しつけることになるため、砲塔自体がスムーズに回るようになっていないと難しいことが判明。あと、その方式だと、結構トルクが必要。
どちらにしろ、ギアをかまして速度を遅くしないと無理ですわ。
あと、旋回用の電源からは7.2Vが直に出てくるので、ダイオードでも使って下げてやるか、適当なモーターにするか。昔、パソコン用のCDドライブを廃棄したときに出てきたFA300系のモーターとか、今が使い時かもしれぬ(マウントしにくくて、使いにくい)。

素直にタミヤのアフターで旋回用ギアボックスを頼むのが早いのだが、そこは、汎用品でなんとかしたいところ。

ちなみに、出力電圧を確認するため、センチュリオンに「DMD T-03」と受信機、7.2Vニカド(ヘンロンの戦車に付いていた奴。Ni-Cdのパックって、満充電で8Vもあるんだ)を積んで、試験走行。
……爆速ですけど(笑)。速いと言われるヘンロンのノーマルも目じゃない。誰だよ、130モーターではパワー不足だなんて言った奴は。ミニッツ用のFC-130モーター(ミニッツでは4.8~6Vで使用)に換装しているから、問題ないはずだけど。1/25チーフテンと同じツインモーターギアボックス(58.2:1)では減速比が少なすぎた。モーター側の回転数が多すぎるわ。遊星ギアーボックスあたりを二つ積んで、傘歯歯車で駆動した方が良かったか。バッテリーをDMDユニットの駆動域ギリギリまで電圧を下げるか(Li-Feの6.6Vはちょうど良いかもしれぬ)。
しかし、今更ギアボックスの変更は難しいから(ギアボックス自体は203.7:1にも出来るが、軸位置が変更されるため、そのままでは取り付けられない)、スロットカーブか何かで誤魔化すか。
やはり、自分でパーツを組むというのは何から何まで難しいものである。

« 「おとめ妖怪ざくろ(星野リリィ/幻冬舎)」10巻 | トップページ | 「あくまでじょし(三浦ゆあん/アスキー・メディアワークス)」1巻 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61401509

この記事へのトラックバック一覧です: 「タミヤ1/25センチュリオン」その7(砲塔旋回について考える/試験走行する):

« 「おとめ妖怪ざくろ(星野リリィ/幻冬舎)」10巻 | トップページ | 「あくまでじょし(三浦ゆあん/アスキー・メディアワークス)」1巻 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30