ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「タミヤ1/25センチュリオン」その6(キャタピラを付ける) | トップページ | 「はしっぽ花星(こがわみさき/アスキー・メディアワークス)」2巻 »

2015年4月 4日 (土)

「夜のヤッターマン」最終回

体力が限界に達して、今日はかなり辛かったです。
早く寝たい。というか、既に仮眠している。
あと、そこらに積んどいたヘンロン4号の箱が落ちてきて、やばいことになっているが、見て見ぬフリをしたい(笑)。

あと、センチュリオンの砲塔を仮組みしてみたら、合いが非常に悪くて凹む。

「夜のヤッターマン」今週で最後でしたが。最終回後半の画面は凄かったですね。トンズラーが大活躍する、というのはオリジナル以上ではないかと。その分、ボヤッキーは割を食った感じがありますが。
ヤッターワンの飛行形態も格好良かったですし。何となく、流れは予想通りでしたが。ドロンボーの子孫の対比としてのヤッターマンの子孫とか、そういう方向の話にはならなかったのは良かったのではないかと。
あと、ドクロベーの人間形態、過去作のものとは全然別物でしたな。ブライキングボスが入っているように感じるのは、私がこれをキャシャーンのリメイクと見ていたからか。アンドロイドのヤッター兵に迫害される人間と、更にそこから迫害されるドロンボーという構図は、タツノコ的にはキャシャーンですよねー。まー、似ているのはマントだけかもしれませんが(笑)。
ただ、尺の関係で、胸のすく展開は最終話の後半だけ、それも、トンズラーの戦闘シーンの繰り返しは天丼というよりもソフトで修整されるのではないかと感じる不自然さがあったり。せめて、最終回前で戦闘に突入して、最終回は丸々マクションシーンのようなものだったら良かったと思うけど……スケジュールの関係かねぇ(ガッチャマンクラウズもラストが困ったことになってましたし。短期決戦で1クールアニメを作る弊害が出てきているような)。
まー、その辺は置いておいても。最近のタツノコの作品は、リメイクの名を借りたオリジナルで予想外に面白いものを見せてくれているような気がします。リメイクというよりソウルテイカーあたりからの流れかもしれませんが。キャシャーンのようにオリジナルにある程度沿ったリメイクよりも、こういったスタッフが自由にやれるもの(リメイクというよりお金と話題集めのための名義貸し?)もアリかな、と思ったり。
まー、自分の思い入れのある作品で、駄作を作られたりしたら泣きますけどね(笑)。

« 「タミヤ1/25センチュリオン」その6(キャタピラを付ける) | トップページ | 「はしっぽ花星(こがわみさき/アスキー・メディアワークス)」2巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61384699

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜のヤッターマン」最終回:

« 「タミヤ1/25センチュリオン」その6(キャタピラを付ける) | トップページ | 「はしっぽ花星(こがわみさき/アスキー・メディアワークス)」2巻 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31