ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« アルペジオのドラマCDとか | トップページ | ムキー! »

2015年5月13日 (水)

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア(森藤ノ/SBクリエイティブ)」2巻まで

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア(森藤ノ/SBクリエイティブ)」2巻まで読んでます。
本編では巻によって圧倒的に出番の少ないヒロイン、アイズを主役にしたスピンオフで、本編の裏事情のようなものにもなっています。
1巻は本編開始前、アイズがベルと出会うことになるダンジョンの遠征の話。イモムシ。そして、モンスター・フィリアの裏で描かれなかった10体目の話。
2巻は、1巻を受けて謎の探求と。18階の伏線とか色々。アイズがダンジョンでベルと2回目の邂逅を果たした時のアタックの話。
基本、本編が「ベルくんの勢いで回っている話」であり、アクション主体のストレートな冒険ものであるのに対し。外伝は、もっと大きな裏がミステリータッチで描かれており、ストーリー性は本編よりずっと強いと思います。というか、面白い。本編との関連性を非常に重視して描かれており、外伝を読まずに本編を読んでも問題ないものの、本編を読まずに外伝を読むともったいないことになります。特に、伏線周りは気を使って書かれており、シーンによっては「これ、前に読まなかったかな?」と思ったら、本編でまんまの文章があったりします(笑)。
ロキ・ファミリアのメンバーについての詳細や、ダンジョンに関する謎など、ベルくんたちが自分たちのことでいっぱいいっぱいなときに、周りで何が起こっているのか。俯瞰してみられるという点でも面白いですが。やはり、一番は連続したストーリーの面白さであり、作者の実力が見られるという点では、読まずにはいられない外伝かと思います。
ちなみに、挿絵が本編のヤスダスズヒト氏からはいむらきよたか氏になっているため、最近あまり読んでいない、うちでのラノベの挿絵に占めるはいむら率が非常に高くなってます(笑)。

« アルペジオのドラマCDとか | トップページ | ムキー! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61581017

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア(森藤ノ/SBクリエイティブ)」2巻まで:

« アルペジオのドラマCDとか | トップページ | ムキー! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31