ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」8巻 | トップページ | 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」6、7巻 »

2015年6月16日 (火)

「劇場版モーレツ宇宙海賊 亜空の深淵」BDのおまけとか

さて、「劇場版モーレツ宇宙海賊 亜空の深淵」ブルーレイならではのお楽しみということですが。
まずは、後日談CDドラマ。彼方くんのその後が語られていますが……実は、内容は殆ど無いです。ある意味、ポカーンというか、シチュエーションドラマが繰り広げられるだけというか。そんなんですけど、聞いている人には、ドラマ中の人達が気がついていない一つのキーワードから、彼方くんが今どういう状況にあるのか、朧気ながら分かります。というか、グリュンヒルデが気がついたらどう思うのか(笑)。
もうちょっと長ければナー、というか、通常版との価格差を考えると、コレ単独でも商品になりうる程度のボリュームが欲しかったです。

オーディオコメンタリーは佐藤監督、小松未可子さん、下田麻美さん、評論家の人です。基本的に、佐藤監督の裏話が楽しいです。ただ、BD付録の冊子やらパンフやらムックやらのインタビューで散々ネタにされていることをわざわざ質問することで、せっかくのコメンタリーなのに画面の(個人的に)注目度が高いネタが流されてしまうところが結構あったのが残念です。コメンタリーには脚本があるものと、ないものがあるようですが、これはどっちだったのでしょう。

あと、漫画版「劇場版モーレツ宇宙海賊 亜空の深淵(ちび丸/メディアファクトリー)」全2巻も読みました。
TV版のコミカライズはアニメと同時進行だったようで、デザインも含めて独自部分が多かったですが、こちらは、かなり忠実にコミカライズされていて、読んでいて追体験が行える感じです。ちなみに、こちらにもエピローグが付いていて、ドラマCDとはまた違った形になっていますので、それはそれで。

« 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」8巻 | トップページ | 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」6、7巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61748990

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇場版モーレツ宇宙海賊 亜空の深淵」BDのおまけとか:

« 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」8巻 | トップページ | 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」6、7巻 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック