ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ゼロの使い魔(ヤマグチノボル/メディアファクトリー)」の続刊刊行決定 | トップページ | エイリアンと緋色の不協和音の関係 »

2015年6月30日 (火)

「棺担ぎのクロ。(きゆづきさとこ/芳文社)」5巻

昨年、艦艇公開に日付がずれていけなかったので、今年こそはと思っていたが、先に別の飲み会で日にちを押さえられてしまったのでメンツが揃わない(笑)。一人で行くには、行程が複雑すぎるんだよなぁ。
最近、だるくて趣味の方に力を割けていないのが敗因だな。

「棺担ぎのクロ。(きゆづきさとこ/芳文社)」5巻が発売になりました。
魔女の呪いを解くべく、魔女を捜して旅をするクロとセン、そして途中からたびに加わったニジュクとサンジュの物語。
マンガタイムキララ系では異色な、やたらと暗くて哲学的な作品ですが。いよいよ、魔女の本質に迫る展開になってきました。特に、冒頭の物語は、戦慄を感じるものです。「魔女の」というより、この世界の謎のようなものなのか。
この巻では、魔女に関わる様々なキーワードが見られます。伝染病の話や、研究機関(マッドな方?)的ないろいろな科学技術的なものが、根底に重くのしかかっているというか。クロが旅をしているところは文化レベルが低いところが多いようですが、一部に突出してレベルの高い地域があるのか、レベルの高い人がいるのか。
そして、魔女の魔法の本質は一体何なのか。キーワード的なモノは今回出てきていますが、「仕組みとしての」というか、本来の目的が見えてきません。というか、そもそも魔女が生まれた背景にあるのが、どんなものだったのか。そのあたりもオソロシイです。
果たして、クロの行き着く先は解放なのか、何なのか。ナレーションは常に悪い方へだけ進んでいますが、そもそも「クロ」という人間自体が魔女によって歪められた仮想的な存在だけに、この後どうなるのか。予断を許しませんが、出来れば明るい未来がありますように。

« 「ゼロの使い魔(ヤマグチノボル/メディアファクトリー)」の続刊刊行決定 | トップページ | エイリアンと緋色の不協和音の関係 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61814355

この記事へのトラックバック一覧です: 「棺担ぎのクロ。(きゆづきさとこ/芳文社)」5巻:

« 「ゼロの使い魔(ヤマグチノボル/メディアファクトリー)」の続刊刊行決定 | トップページ | エイリアンと緋色の不協和音の関係 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック