ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« バリウムの話 | トップページ | 「宇宙海賊キャプテンハーロック(松本零士/秋田書店)」と「キャプテンハーロック 次元航海(嶋星光壱/秋田書店)」の構成について比較検討してみる【ネタバレ】注意 »

2015年7月 5日 (日)

「茄子とアルタイル(大野ツトム/小学館)」1巻

「茄子とアルタイル(大野ツトム/小学館)」1巻が発売中です。
高校生の万田光雄くんは父が亡くなって義母と二人暮らしなのだが。その母(31歳)が童顔ロリ顔なため、どうにも萌えてしまって困るという話。
まー、漫画では良くあるシチュエーションなのだが、実の母親(というのは八神君の家庭の事情くらいでしか見ないが)というわけでもなければ、大きくなってからの再婚のために母親としての自覚がないというわけでもないため(おそらく、幼稚園くらいでの再婚であろう)。わりと、親子として暮らしていながらの、悩ましい悩みとなっていて。光雄くんが一人で悶えている割には、全体的にいい話になってます。まー、彼が古風な真面目少年(というか、外見だと父親とホントよく似てるわ)ということもあるのでしょうが。
では、ドコが漫画的かというと、ヒロインのみなとさんがあまりにも若作りでかわいいのと、性格的にも軽い割には、ちゃんと母親しているあたりが見ていて微笑ましいというか。これは素敵なヒロインということですな。読んでいて楽しいです。
あと、学校側のサブヒロインとして、ちゃんと女子高生の鬼頭さんが配されていますが。この子もみさとさんと正反対のタイプかと思いきや。すごくいい子なので、この話、どう転んでもいい方向にしか行かないと思わせてくれるあたりがよろしいです。
義母親萌のラブコメを軸に、日常ホノボノ漫画の王道を行くような流れが何ともよろしいです。家族関係に疲れた人に、特にお勧めかも(笑)。
ちなみに、みさとさんは良い母親で、嫁に欲しいタイプですが、完ペキかというと、残念タイプに近い部分も……(笑)。

« バリウムの話 | トップページ | 「宇宙海賊キャプテンハーロック(松本零士/秋田書店)」と「キャプテンハーロック 次元航海(嶋星光壱/秋田書店)」の構成について比較検討してみる【ネタバレ】注意 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/61838150

この記事へのトラックバック一覧です: 「茄子とアルタイル(大野ツトム/小学館)」1巻:

« バリウムの話 | トップページ | 「宇宙海賊キャプテンハーロック(松本零士/秋田書店)」と「キャプテンハーロック 次元航海(嶋星光壱/秋田書店)」の構成について比較検討してみる【ネタバレ】注意 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック