ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「子供の大科学(串間努/光文社)」 | トップページ | 「5000万人のための万国博オールガイド(実業之日本社)」 »

2015年8月30日 (日)

「漂流幹線000(松本零士/大都社)」全2巻

「漂流幹線000(松本零士/大都社)」全2巻を読む。
この作品は999の後にキングに連載されたので、少年画報社よりコミックスが出ていましたが。人気がなくて入手困難なので、比較的手に入りやすい大都社の復刻版で読みました。というか、どこも文庫化しようとしないのが……。
両親が病弱なために怖じ夫婦の家出生活している中学生、大山大。ある日、通学電車に乗ろうとしたら、変な列車に乗り込んでしまう。それこそが、000であり、異世界に彼を連れて行く列車だった。
ということで、999と違って、この世界がベース。列車は新幹線風の近未来仕様。担任のハレンチ教師に似た美人ガイド・メイビス付き。ということで、若干ホラーテイストに別次元の世界に行く作品。毎回、家に帰ることによって「この世界」との結び付きを強く出している分、思い入れしやすいと思うのですが、宇宙SFブームの真っ最中だっただけに、地味に感じられたのでしょうか。
途中からはメイビスや000のヒミツを探ろうとする北枕教授が現れて、異世界めぐりというよりも、組織対立の話が多くなり。また、000のアテンダントである、メイビス、メイヒス、メイビクの三姉妹のヒミツとか、なぜ、大が000に選ばれたのかとか。ラストにはちゃんとわかりますが、なかなかスピリチュアルな話になっていきます。
ただ、この000も最近では銀河鉄道の管理下にあるような話になっているので、世界観は繋がっているようです。それよりも、エターナル編で突如として登場する徹郎の妹の元ネタはこの作品にあるので、その世界観ごと理解するのによい作品かと思います。
というか、結構話としてまとまっていて、ラストが突然すぎるきらいはあるものの、面白い作品だと思います。完結しているし(笑)。
ただ、戦闘関係がメイビス頼りで、大が活躍しないというか。ラスト近くのエピソードで、双子の少女の片割れがチャンスは何回もあるように感じられるのに助けられないというあたりで、どうにも神の手を感じてしまうあたりが難点ですか。メイビスが無理と行ったら無理という。
あと、メイビクは美少女に書かれていますが、大の全裸逆立ちを見ても平静な程度に剛胆です(笑)。メイヒスは普段はしょんぼりした感じに書かれていますが、たまに美少女顔になるのが、御大の画力なのか演出なのか、悩ましいです(笑)。
ということで、ラストの展開がかなり強引な感じはしますが。全体としての話は面白いと思うし。御大の作品の中でも、時間と空間以外の世界観(異世界=ミライザー・バンに見られる時間分岐のパラレルワールドではない世界)が示されている作品という意味でも一読の価値があると思います。
あと、やっぱり、御大のヒロインは美女よりも美少女とか美幼女の方が魅力的かと……。

« 「子供の大科学(串間努/光文社)」 | トップページ | 「5000万人のための万国博オールガイド(実業之日本社)」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62187931

この記事へのトラックバック一覧です: 「漂流幹線000(松本零士/大都社)」全2巻:

« 「子供の大科学(串間努/光文社)」 | トップページ | 「5000万人のための万国博オールガイド(実業之日本社)」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31