ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 寝ているだけで、脱水症状 | トップページ | 「砂漠のウサギ 1942年5月~6月の戦い(M.WOLVERINE/イカロス出版)」3巻目 »

2015年8月 8日 (土)

「1000年女王(松本零士/小学館)」文庫版全3巻

とりあえず、休みだ(笑)。

「1000年女王(松本零士/小学館)」文庫版全3巻を読む。
「次元航海」のおかげで、すこしばかり松本零士作品についておさらいしていましたが。昔のアニメディアに掲載された人物関係図がどこかのムックに再録されていたはず、と探し回っているうちに(オリジナルはうちのHDDのどっかにあるのだが)、なんか書籍が貯まりだしたので。せっかくなので、関連する原作も久しぶりに読もうと思って最初に手を出したのがコレ。一時期、松本作品はいろいろ読みましたが、アダルト向けのものがイマイチ肌に合わなくて、遠ざかったり。完結してない作品ばかりで嫌気が差したのですが。年を取ったら、どーでもよくなりました(笑)。
その中でも1000年女王というのは松本ブーム終盤の作品で、メディア展開もすごく……その割に999ほど人気が出なかったと言うことで初期の単行本はことごとく打ち切り(連載自体は終了している)、TV版は期間短縮ということになっている。ただ、今の目で見ると999ほどではないものの、一般的なアニメの水準を遙かに超えており、当時のアニメブームの厳しさ(その割に駄作も沢山あったと思うが……)が伺える。実際、私もTV版は飛び飛びでしか見ていた記憶がありませんし。劇場版もラストがなんか、引き籠もりみたいで……。両方、主題歌は大好きなのですが。
閑話休題。
内容はSFの定番の一つ、惑星衝突ものです。妖星ゴラスとかアルマゲドンとかそういう奴ね。しかも、相手の星に人が住んでいるというのが珍しい。今でこそ999の前日譚としての位置付けが強調されていますが(劇場版の頃からですな)、地球衝突コースにあるラーメタルの発見からのジェットコースタームービー的な展開(文庫1巻分あたり)の展開は、他の作品にはない面白さがあると思います。まー、その後、スゴイ手段で一旦ストーリーをリセットしたり、いつものごとく繰り返しっぽい展開になってわけがわからなくなるのですが。
漫画版の面白いところはラーメタル側のボスであるラーレラ様が幼女で、主人公である始にちょっかいをかけるあたりですか。それによって、地球人の上位種族であるラーメタル人との関係が少しばかり変わるとか。軍人の最高位であるレオパルドが松本御大の戦士らしく、人間を見下していても相手が戦士であれば敬意を払うとか。そういった細かい描写が、ラーメタルと地球が繋がる(<この辺りの設定、松本御大らしい上手さがあります)あたりで1000年女王雪野弥生がまごまごしているあたりでの清涼剤になってます。っていうか、ラーレラ様、最高権力者で見かけ幼女の最高齢者でツンデレという、正に30年早かったキャラクターです。天使のわっかを掴むと脱力してしまうとか、どこのエロゲー設定ですか(笑)。なぜかアニメでは劇場版の金色のミュータントだったり、TV版のおばさんだったり、完全に間違えています。人気が出なかった原因はここにあると私は分析しています。
で、ラストですが、SFとしての解はTV版がもっとも良いというか私が思いついたものもそんな感じだったのですが。原作のラストも駆け足過ぎる感があるというか、尺を合わせるために終わった感がありますが、良いラストだったと思います。もうちょっとハッピーエンド寄りでも良かったと思うのですが、この原作を999に繋げる考えがあって、こうなったのかと思うと少しばかり感慨深いです。
ただ、雪野弥生が機械化母星のプロメシュームになるのは、ラーメン屋の娘というTV版の印象が強くて今でも納得いきませんが。漫画版を読んでいると、始のこと以外では、愛情というより「女王」としての地球人に対する責任感のようなものが強いような感じで、為政者としての怖さというものをも感じます。
まー、いまとなっては、メーテルレジェンドで、その悲劇が明かされたわけですが。ラーレラ様がかないみか様声の萌えキャラになった挙げ句、為政者としても大変立派になられて感無量だったりします。引退されたばっかりに……。
まー、結論としては。松本御大の作品リンクはメディア毎の設定の違いや、シリーズによる設定の違いなど、全てがパラレルワールド的な扱いになる(というより、一つの作品の中でも設定の矛盾や伏線ほったらかしは大量にある→コマけぇことはいいんだよ!)ので、この作品が999などとのリンクとしてよんどくベキとは言いませんが。単独参品としての完成度は私が読んだことのある松本御大の作品の中でも一二を争うものであり、完結していることも含めて、安心してすすめられるものではないかと。
とりあえず、ラーレラ様で萌えられる人ならオススメです(笑)。

松本リンク的な謎ですが。

ところで、ラーメタルの移民船は関東平野に押しつぶされたし、ラストでラーメタルへ帰って行く船は過去の1000年女王の船と弥生とラーレラ様を乗せたカーミラだけなんですが……メーテルレジェンドとかに出てくるラーメタル人って、移民船の中で死んじゃったんじゃなかったんですかねぇ?(ラーメタルに残留した人はいない。ラーメタルで奴隷になっていた地球人は1000年女王の手で脱出している)。

あと、個人的な感想ですが、ラーレラ様がラストで地球に残っていたら、愉快な作品になっていたと思うのですがねぇ。

« 寝ているだけで、脱水症状 | トップページ | 「砂漠のウサギ 1942年5月~6月の戦い(M.WOLVERINE/イカロス出版)」3巻目 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62039375

この記事へのトラックバック一覧です: 「1000年女王(松本零士/小学館)」文庫版全3巻:

« 寝ているだけで、脱水症状 | トップページ | 「砂漠のウサギ 1942年5月~6月の戦い(M.WOLVERINE/イカロス出版)」3巻目 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31