ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「蒼き鋼のアルペジオ(Ark Performance/少年画報社)」11巻 | トップページ | 寝ているだけで、脱水症状 »

2015年8月 4日 (火)

CVTは効率は悪いかもしれないが、クルマが遅いのとは別である

あいかわらずスイフトのCVTについて検索ワードが沢山出てきていたりするけど。20km/hr前後でガタガタするとか、普通はそんな低速で走らないから、気にしている人はよほど変な走り方をするのか?エンジンがスムーズに回るようにアクセルを調整してやれば、違和感のある走り方はしないはずである。確かに、車が全然走っていない田舎道で、走り始めにトロトロしていると感じることがあるけど、それはまともな走り方ではないから。
低速時の加速はアクセルの踏むスピードらよると書いている人を見かけたけど、その通りかも知れないと思う。ゆっくりたらたら踏むと、驚くほど走らないときがあるので、もう、全てはアクセルワークによるのではないかと思う。デンスロだし。
ちなみに、右折時にハンドルを切ったり、少し上り坂になっていたりで、負荷が大きくなると、アクセルちゃんと踏めばエンジンが高回転(3000~3500回転)で回るので加速で困ることはない。

閑話休題。
相変わらずネットではCVTとマニュアル、ステップAT、DCTやAGSを比べて優劣を競っているけど。それぞれ利点と欠点があるので中学生的な「最強」決定戦はナンセンスである。
さて、CVTであるが、欠点は効率の悪さである。良く言われるが、変速時にはベルトが滑ること、ベルトをプーリーに押しつけるために油圧を使うからその分エネルギーロスがあること、高速になればなるほど油圧を必要とするので(滑るので)効率が落ちること、などある。
それをもって「CVTは遅い」と言う人がいるが、これは技術的に正しくない。効率が悪いと遅いはイコールにならない。レースのように最高速度と燃費が究極的に求められるならともかく、一般道のように速度制限があるところ、そして高速でもエンジンをレッドゾーンまで回す必要がないようなレベルでは、関係ない。効率が悪くてもガソリンを食わせてエンジンまわしてやればいくらでも速く走る。ただし、燃費は落ちる(笑)。効率悪いから当たり前である。
ただ、CVTは電子制御なので、エンジン回転数を上げないようにトロトロ走っていれば理論的に効率の良いギア比と回転数を選択してくれるので、カタログのように燃費が良くなるのである。つまり、走るか燃費かの二択になる。
逆に、低速時にマニュアルやステップATのようにギアチェンジが必要ないというのはストップ・ゴーを繰り返す都会の道路ではかなりのアドバンテージとなる。CVTは低速では効率がマシだし。ギア変速では、必ずギアを空転させて変速した後、一旦回転数が落ちて、再び回転数を上げるという動作が必要になる。うまい人はダブルクラッチで繋ぐが、シンクロで無理矢理繋げばシンクロロスもある(この辺り、今月だか先月のMotor Fan illustratedのマニュアルミッション特集に詳しい。これ、マニュアルミッション特集だけれど他の方式との比較とかも詳しく述べられていて非常に興味深い内容だった)。下手な人だと、そもそも変速動作事態が遅い。ところが、CVTは回転数を高回転に保ったまま、無段変速で副変速機の働く60km/hrまで上げてしまう。変速ロスがないから、下手なドライバーでもアクセルさえ踏んでいれば速く走れる。だから、変速動作とか苦手な人ほど慣れれば速く走れるはず(<なんか矛盾しているが、CVTに慣れることが前提だ)なのである。マニュアル乗りの人に言わせると、アクセル踏みっぱなしが一番速いという事が「気持ち悪い」らしい。これは仕方ない。AT乗りの人は2ペダルでギアチェンジのコントロールをする癖が付いているので、それをやるとCVTの利点が全て死んでしまい、まったく走らなくなる。だから「試乗車が遅かった」とか言っている人の中にはCVTに合わせた運転が出来ていない可能性が大かと思う。

当然、燃費と走りを両立させるならマニュアルで上手い運転をするのが一番である。CVTは効率が悪いから絶対に勝てない。が、「走りが悪い」というのは単にエンジンが回っていないだけである。効率が悪いなら、エンジンをマニュアルより沢山回してやればいいだけのことである(笑)。スイフトのトルクバンドは4000~6200回転だから、街中でエンジンパワーが足りないと思うことはアリエナイ。というか、平地でそこまで回すのは難しい=そんなに回さなくても十分速い。今までに「辛いな」と思ったのは、高速の箱根の山の中、ゆるやかな登りで、大排気量のクルマについて行けなかったときくらいである。それでも5000回転くらいしか回していなかったから、クルマの問題というより、自分の腕の問題である。

ミッションは所詮、伝達装置であり、その特性を見極めれば「XXじゃなければダメ」ということはないのである。あと、技術的な問題が時代と共に変わってくるし。DCTはヨーロッパで普及、効率もいいし、日本で待望されていたけど。まともな部品メーカーがVWだけであることや(ここで無理したらどうなったかは、某メーカーのクルマを見れば明らかだね)、重量が2倍になる問題とかあって、AGSのような2ペダルマニュアルミッションに期待が移っていたり(まだ制御に工夫の余地があるようだが)。日進月歩でネタは変わっていくのだから、難しく考えずに、今自分の乗っている車のミッションを如何に効率よく動かしてやるのか、という人間に出来ることを精一杯工夫すれば、それが一番楽しい運転になると思うんだけどねぇ。

« 「蒼き鋼のアルペジオ(Ark Performance/少年画報社)」11巻 | トップページ | 寝ているだけで、脱水症状 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62014262

この記事へのトラックバック一覧です: CVTは効率は悪いかもしれないが、クルマが遅いのとは別である:

« 「蒼き鋼のアルペジオ(Ark Performance/少年画報社)」11巻 | トップページ | 寝ているだけで、脱水症状 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31