ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 本棚…… | トップページ | 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻 »

2015年9月14日 (月)

「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/KADOKAWA)」8巻

だるくて頭が痛いので、久しぶりに寝ていた。寝るのは楽でいいなー(部屋の惨状に目をつむりながら)。
今、すごく頭が冴えている(笑)。

「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/KADOKAWA)」8巻発売中です。
さて、今回はゾンビものです。圧倒的にゾンビ。映画に良く出てくる奴ですな。強くて、ほぼ、対抗不可能。ラストでひっくり返す前提で、絶望的な戦いになってます。やっぱ、ゾンビ強いわ。
これまで、ちょい役で語られながら(いや、前巻は出番が多かったか)具体的な出番がなかった渚ちゃんがヒロインとして登場。常にヤンデレとしてあっちにいっちゃっている感じながら、ヒロインとして「かわいい」と思える描写になってます。つまり、ゾンビは渚が輝けるための舞台装置だったんだよ。
端から見ている分には可愛いけど、自分が絶対的な頂点に立っているから、いっしょにいたら怖いわなー。彼女を押さえ込めるだけの強い彼氏が出来れば、何とかなるだろうけど、不死属性とかないと辛いだろうなー(笑)。
あと、艶美の過去が出てきますが。イメージはアルペジオのハルナですな。それはそれでかっこいいのか。なかなか切ない話になってます。
で、ラストは当然のように、いつものごとく大どんでん返しですが。とりあえず、今巻としてはまとまっています。さて、ここからどうおかしくなっていくのか。今のところ、ラスボスの動きがまったくわからないので、なんともかんとも。
妖怪は、その属性の通りに動く、ということと、人の手でパッケージに組み込める、というあたりが、問題と勝利の鍵として裏表になっていると思われますが。さて。

« 本棚…… | トップページ | 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62276521

この記事へのトラックバック一覧です: 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/KADOKAWA)」8巻:

« 本棚…… | トップページ | 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31