ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/KADOKAWA)」8巻 | トップページ | 「BTOOM!(井上淳哉/新潮社)」18巻 »

2015年9月15日 (火)

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻が発売中です。
前巻で産み落とされていた、竜娘をヒロインに、知性あるモンスターと人間の関係というテーマで展開されています。
しかし、予想していたよりも話は深刻で、我々が我々の日常から考えるのと違い、「モンスターという人間の敵がいる世界」という前提が割と大変なことになっています。この「絶対悪」っていうのは、この世界では、マズ見られないものですから(あえて言うなら、蚊やゴキブリなどの害虫のように一方的に駆除される生き物が近いかもしれませんが、それでも人間側が全滅させようとしているわけではない……全滅出来ないだけかもしれないが)。
それと共に、裏テーマとして人身売買ですな。作者は少しフィルターをかけているつもりかもしれませんが、どう読んでも、描写的に人身売買がテーマのストーリーになってます。いい話じゃありません。7巻の娼館の話は、イシュタルという女神や、アマゾネスという種族の存在により、肯定的な部分が半分くらい在りましたが。今回はガチな話になっていて、春姫の時以上のヤバイ話になっています。というか、おそらく10巻がそういう話になる予定(予想)です。
一応、一般的に言う「正義」の側で活動する集団、というか、都市のトップクラス(トップクラスの神)にモラルがあるおかげで、全体的な世界観としてはかなり安定していますが。リリの件とか、意外とこういった闇描写が多いので、救いとのバランスが崩れるとラノベとしての爽快感が失われる可能性があるかも……などと考えないこともないですが。
とりあえず、今巻の読み処はお風呂でブーたれるリリということにしといてください。リリはしっかりねりかわいいと見るのか、おかんうざいと見るのかで思いっきり変わってくるキャラですが、基本かわいいので、その辺を上手く引き出してあげて貰いたいところです。

« 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/KADOKAWA)」8巻 | トップページ | 「BTOOM!(井上淳哉/新潮社)」18巻 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62283028

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻:

« 「インテリビレッジの座敷童(鎌池和馬/KADOKAWA)」8巻 | トップページ | 「BTOOM!(井上淳哉/新潮社)」18巻 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30