ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「G・A・P~転居先不明郵便課~(夏元雅人/少年画報社)」1巻 | トップページ | 「川崎岡本太郎美術館所蔵作品集 TARO(二玄社)」 »

2015年9月 7日 (月)

「蜃気楼フェリー アイランダー0(松本零士/講談社)」

ほとんど、スキャナーの前で1日過ごす。さすがに、つまらんのぅ。

「蜃気楼フェリー アイランダー0(松本零士/講談社)」を読む。
さて、少年画報社は銀河鉄道999、漂流幹線000ときて、次は蜃気楼フェリーでございます。コミックスは少年画報社→大都社→講談社と来ています。000も講談社さんで文庫化してくれれば良かったのに。
ただ、予想と違って、フェリーと言っても船の格好じゃなかったです。どっちかというと999の話のような感じで。働いてはいけない惑星で漫画を描いて殺されそうになっている少年を拾い上げた、雪の結晶の形をした宇宙船。それが蜃気楼フェリーなのですが。下から見上げて雪の結晶の形をしていることはわかるのですが。全体の形については、ついにネタが切れたのか、外観は変な山みたいな形です。でもって、船長は車掌さんみたいな人なので、999→000→0と同系列のデザインです。しかも、秘書さんはダークィーンみたいです。まー、二人とも人間ですが。
そして、この話、さっさと終わったため、前2作のように世界を旅することなく地球に行き……。
ということですが、オチはいつもの松本作品です(笑)。ただ、珍しく、下品でないので、作品としてのまとまりは良いですね。相変わらず「アイランダー0とは?」「蜃気楼フェリーとは?」「最初に敵として名前だけ出てきたイルミダス(!)とは?」などなど、謎はまったくもってそのままですが、まー、主人公とヒロインが納得いくラストになったんならいいか、という感じですな。
少年画報社の乗り物作品を見てきましたが。この作品も、人気があれば地球へ着くまでの間に色々な星を巡る予定があったのだとしたら。最初の星での仕込みが全くムダになっているし。ヒロインも珍しく男勝りで年も若いという、ちょっと変わった感じだったので。ちょっとばかり残念です。

さて、このあたりで手元の古い松本作品も切れてきましたから。次があるとすれば、「まほろば」ですかなぁ。

« 「G・A・P~転居先不明郵便課~(夏元雅人/少年画報社)」1巻 | トップページ | 「川崎岡本太郎美術館所蔵作品集 TARO(二玄社)」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62232776

この記事へのトラックバック一覧です: 「蜃気楼フェリー アイランダー0(松本零士/講談社)」:

« 「G・A・P~転居先不明郵便課~(夏元雅人/少年画報社)」1巻 | トップページ | 「川崎岡本太郎美術館所蔵作品集 TARO(二玄社)」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック