ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« ペンタックスのフルサイズが見えてきた | トップページ | 「ヘヴィーオブジェクト 外なる神(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」 »

2015年10月25日 (日)

「屍剣士団(菊池秀行/朝日新聞出版)」

「屍剣士団(菊池秀行/朝日新聞出版)」を読む。
魔界都市<新宿>の新刊です。魔界都市ブルースの方の新宿も新刊が出ていますが、こっちは旧ソノラマから続く、十六夜京也の方です。設定的には既に近似なものになっていますが、地球連邦主席がいる世界なので、本来はSF的なサイバーパンク+ホラーだったハズなんですけどね(笑)。
最近は、こちらの新刊もコンスタントに出ていますが。昔は硬派の不良っぽかった主人公が、予備校通いになってからは、なんか普段はチャラ男っぽい風情になってしまって違和感有りというか。これが、菊池先生の大学生とか予備校生に対する感覚なのかと(笑)。
というか、必要以上に戦いを避けようとする姿勢と、なんだかんだいって人を助けてしまう性格とが描写として、なんかバラバラになってきて、クラーク・ケントどころじゃないというか。やっぱり、硬派を気取った純朴少年だった頃が懐かしい(笑)。
閑話休題。
こっちの話は、最近は大きい話はあんまり無くて、亀裂からなんか出てきて、京也がなんとなく絡まれるという話のような気がしますが。今回もそのようで、蘇った者VS新宿の剣豪という図式に京也が巻き込まれる形のため、かなりバラバラな感じの中味になっています。まー、筋が流れていくのは菊池先生の連載作品全般に言えますが、書き下ろしもそんな感じになっているというか。特に今回は、十六夜京也が直接どうこうしているのはラストだけなので……。
今気がつきましたが、これは乱歩が少年探偵団シリーズで明智先生にやらせた役割ですな。あまりに強くなりすぎると、最初から登場させたのではすぐに解決してしまうから、最後まで対決させないという。
どうせなら、十六夜京也が活躍する話を読みたいですねぇ。

« ペンタックスのフルサイズが見えてきた | トップページ | 「ヘヴィーオブジェクト 外なる神(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62543111

この記事へのトラックバック一覧です: 「屍剣士団(菊池秀行/朝日新聞出版)」:

« ペンタックスのフルサイズが見えてきた | トップページ | 「ヘヴィーオブジェクト 外なる神(鎌池和馬/アスキー・メディアワークス)」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30