ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« スイフト、電装系の謎の故障? | トップページ | 久しぶりにこのざまだよ »

2015年10月 6日 (火)

「コトノハドライブ(芦奈野ひとし/講談社)」2巻

土曜日にやりたいことが集中して、どうやってスケジュール組むのか悩み中。ネックは、半日かかる医者だな。朝受付をして、昼に行くという手もある(間に映画を挟んだこともある)。

「コトノハドライブ(芦奈野ひとし/講談社)」2巻が発売中です。
主人公が、突然、違う時間や空間を感じてしまったりする話。「カブのイサキ」の突然の例のラストを読み解くのに、この作品がおそらく必要になると思っていますが、単純な解釈ではたどり着けないですねぇ。
1巻では1話完結もののオムニバス作品を読んでいるようなとりとめのなさを感じましたが。2巻では、店長とその姪が脇役としての位置を固めてくれたので、作品としての形がはっきり分かるようになってきた気がします。特に、小さい春日ちゃんの存在感が、作品の幅を広げてくれているような気がします。
この世界のこの時代の物語でありながら、違う時間や世界を主人公の目を通して描く、ということによって世界の在り方をSF的なモノでなく、もっと偏在的などこにでもある者、この現実世界の現世(写夜)として扱うというところに、例のラストの意味が繋がってくるのではないかと……やはり、まだ足りない気がする。

« スイフト、電装系の謎の故障? | トップページ | 久しぶりにこのざまだよ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62418597

この記事へのトラックバック一覧です: 「コトノハドライブ(芦奈野ひとし/講談社)」2巻:

« スイフト、電装系の謎の故障? | トップページ | 久しぶりにこのざまだよ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31