ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 明日 | トップページ | 「岡本太郎 「太陽の塔」と最後の闘い(平野暁臣/PHP研究所)」 »

2015年10月11日 (日)

スイフトスポーツに乗る

朝、8時に医者の受付を通り、家に帰ったのが14時。その間に、映画館でガルパンの前売り買ったり、本屋で新刊買い込んだり、車屋で車受け取って団子食べたりしていた。およそ5時間の待ち時間があったが、ほぼフルに使ってしまったことになり、待っていると長いが、外出していると短いと感じた(笑)。

さて、ZC32Sのスイフトスポーツであるが。前にも書いたが、非情に乗りやすい車だった。低回転でのトルクがあるので、素イフトと同じくらいのアクセルワークで確実に加速できる感じ。体感としては、素イフトで40km/hrの時にスイスポなら60km/hrまで加速できる感じ。もっとも、日本の一般道は速度規制ばっかりなので、オーバースペックであることは明らか(笑)。しかし、おそらく、はじめて乗った人は、スイスポの方が楽だと感じるような気がする。
シートもバケットでホールド感は非常にいい。ただ、もう少し太ったら、はみ出しそうな気がする(笑)。
CVTの制御も自然な感じがしたが、これは私の車よりも年式が新しいせいかもしれない。
巡航時でもアクセルを離すと千回転まですぐに落ちるので、素イフトよりもエンジンブレーキが効いているように感じたが、実際にはさほど変わらないのかもしれない。
あと、特別色のチャンピオンイエローはともかく目立つため、マーキングとかなくても最強っぽくていい。ゆえに、その色を選ぶだけでオタ扱いされるのだろうが(笑)。

難点としては、割とどーでもいいことだが。
メーターに素イフトと同じパーツを使って240km/hrまでの表示にしているため、自照している部分が30km毎になっており、速度が見にくいということ。けちらずに、表示を増やした分、メーターの表示幅を増やせばいいのに、と思うところ。
そして、ハンドルの3本スポークの下側の所に変なプラパーツ(飾り)が付いていて、せっかく革巻なのに、そこだけ変な質感で滑る。おまけに裏側にでかい取り付け穴が空いていて、指が引っかかるときがある。RSのハンドルに変更する人が居る、というのはこのせいだな。

あと、買うときに迷うのは税金とハイオクガソリンによる維持費。ガソリンは燃費的にも食うことは確実な感じがする(しかし、低回転でもよく走るので、マイルドな乗り方に徹すれば差はないかもしれない。その代わり、宝の持ち腐れ感もあるが……)。結構オーバースペックな感じもするが、余裕があると運転しやすいし、高速での長距離は圧倒的に楽だと思う。
……やはり、一番は予算の差かなー(笑)。

というような話をディーラーでしたら「下取り高くするから、変える?」と言われたわ(笑)。

« 明日 | トップページ | 「岡本太郎 「太陽の塔」と最後の闘い(平野暁臣/PHP研究所)」 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62450736

この記事へのトラックバック一覧です: スイフトスポーツに乗る:

« 明日 | トップページ | 「岡本太郎 「太陽の塔」と最後の闘い(平野暁臣/PHP研究所)」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31