ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« たまに腐食の話をしたくなる | トップページ | 「コトノハドライブ(芦奈野ひとし/講談社)」2巻 »

2015年10月 5日 (月)

スイフト、電装系の謎の故障?

データベースの修復に思いの外手間が掛かっており、抜けを手動回復していくのに時間が……。昨日は気がついたら朝4時だった。

土曜の夕方、珍しく家族で出掛けたのだが。途中でノッキングを起こし始める。
最初はスイフトCVT特有の低速でのガクガクかと思ったのだが、どうもおかしいなーと思っていたら。パワーハンドルの警告灯が点灯してストール。
その後、油圧とバッテリーの警告灯も点く。
信号停車したので、ハザードを出して、停車。エンジンをかけ直すが、すぐに警告灯がずらっと点灯して落ちてしまう。同乗していた父に押してもらうが、一度止めたときにハンドルがロックしてしまいピンチ(シフトは解除ボタンがあるので何とかなる)。
幸い、となりの車線にいた若い衆が降りて押してくれたので、歩道に乗り上げることが出来た。ハンドルは、エンジンがかかったすきにロックが解除されるので思いっきり回すが、死ぬほど重い。あと、ブレーキも踏み込めなくなる。

しかたないので、ディーラーに電話した後、JAFを呼んで(会費を払っているのはこういう時のため。転ばぬ先の杖)、15分ほどで大型の積載できてくれる。この間、父は母に送ってもらい、一人で待つ。で、JAFの人が来たら、エンジンも掛かって、バッテリーも異常なしとのこと。基本、異常が起こっているときでないとわからないのが、とりあえず走れそうなので、ディーラーへ行くことになり、JAFの人にはついてきてもらう。安心ドライブ。
で、ディーラーへついてテスター当ててもらうも異常履歴が残ってないとのことで不明。スズキのコンピュータ、大丈夫か?
とりあえず、異常なしではどうしようもないので、1週間ほど預けて、その間に走らせてみてくれるとのことであった。で、代車に新型のワゴンRを貸してくれた。……ワゴンR3台体勢(笑)。
まー、散々な1日だったが、JAFの人も親切だし、ディーラーの対応も良かったので、その点は困らなくて良かった。しかし、おそらく異常は見つからずに終わりそうな気がする。この手の異常は再現がしにくいのである。あと、重大事項のように見えて、15~30分くらい休ませると大概治ってしまう。他の車でも、何回も見てきた症状で、割とどのの車でも起こる可能性があり、大概、理由は分からない。
乗っている方としては困った話だが、車という機械の一つの性質として許容すべきことなのだろうか。
まー、もうすぐ1年点検もあるので、ちゃんと見て貰えば一応の安心ではあるが。とりあえず、サービスキャンペーンもないし(こっそり修理してくれればそれはそれでよいが)、ネットでも変な噂は出ていないから(ここが出所になったりして)。しかし、パワステ警告灯なんて初めて見たから、電装系にしても何なのかなぁ……。

« たまに腐食の話をしたくなる | トップページ | 「コトノハドライブ(芦奈野ひとし/講談社)」2巻 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62412763

この記事へのトラックバック一覧です: スイフト、電装系の謎の故障?:

« たまに腐食の話をしたくなる | トップページ | 「コトノハドライブ(芦奈野ひとし/講談社)」2巻 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30