ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 久しぶりにこのざまだよ | トップページ | 矛盾 »

2015年10月 8日 (木)

久しぶりにワゴンR

ワゴンRについて書こう。家にもあるので、これまでにも乗ったことはあったが。うちにある10年前の奴と、エネチャージが付いた奴、Sエネチャージが付いた現行型では感じが違うような気がするので、書いておこう。

現行型で一番気になるのはブレーキで、これは同じ系列のハスラーに乗ったときにも感じた。ネットで見ると、踏み代が大きく加減しやすい、ということらしいが。ガツンと止まる位置がないため、バネを踏んでいるようなフワフワ感があって個人的には嫌いである。スイフトなら軽く踏んでやると、ガチっと制動が掛かるが、ワゴンRはすーっと減速しながら走っていく。。そこから更に踏み込まないと止まらない。これは、エネチャージの付いたネイチェン前の型に始めて乗ったときに焦ったので良く覚えている。
おそらく、強く踏み込んでもカックンブレーキにならないような制御だと思われる(急ブレーキを踏んでも、マイルドに止まる。ABSのせいではない。女性向けか?)が、それより、ブレーキをぺたぺたやって加減させろ、と思う。
これがイヤで、ワゴンRにはあまり乗らない。
あと、スイフトのテレスコピックハンドルは良いね。シートポジションでちょうど良いところだと、ワゴンRのハンドルは少し遠くて、長時間乗ると手が疲れる。肘掛けはいいんだけど。
シートのホールド性や足回りのゆるさもあって、振り回す気にはならない。当然、重心も高いしな。
エンジンはスズキらしい高回転タイプで良く回るので、低速での挙動はむしろスイフトより良い。軽く踏むだけで4千回転まで吹けるので、トルク感もある。
ただ、エネチャージのせいか、アクセルを放すととたんに千回転付近まで下がるため、妙なエンジンブレーキのような感覚がある。ただ、スピードメーターを見ているかぎりは、そんなに減速しているわけではないので、実際にエンジンブレーキが掛かっているわけではないようで。瞬間的な負荷が、アクセルに感じられるのか?
実際には、踏み込んでも2千回転くらいまでになるように均一に回してやると静かに走る。K11マーチに乗っていた頃はそんな乗り方をしていたような気が……。
そんなわけで、ある程度のスピードをキープするのは疲れそうである。長距離走行を考えると、この制御はどうかと思うが。ソリオのマイルドハイブリッドがどうなっているのか、機会があったら試乗させて貰おう(笑)。

ということで、慣れないと疲れるものの、まー、慣れれば何と言うこともないし、ブレーキとアクセルの踏み加減にさえ気をつけていればすぐに慣れるような気はする。シートの座り心地がいいのは、最近のスズキの特長か。

ということであるが、明日からはスイスポです(笑)。

« 久しぶりにこのざまだよ | トップページ | 矛盾 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62431052

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにワゴンR:

« 久しぶりにこのざまだよ | トップページ | 矛盾 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30