ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「第2次大戦 ソビエト軍戦車(ガリレオ出版)」1、2巻 | トップページ | 「劇場版ガールズ&パンツァー」2回目 »

2015年12月10日 (木)

「1941(劇場公開版)」を見る

最近、曜日感覚がありません。毎日木曜日くらいの疲労感です。でも、さっき 木曜日になったばかりです(笑)。

「1941(劇場公開版)」を見る。
1941年の真珠湾攻撃の直後のアメリカの混乱を描いたコメディ作品です。
今まで、通しで見た記憶がないのですが、なぜか特定のシーンについては見た記憶があったりして、良くわかりません。おそらく、この作品のパロディとかのデジャビュのような気がしますが。
ということで、日本では割とメジャーな作品なのに、アメリカではかなりの酷評をされたらしい作品。どうも、公開時期には、まだ、アメリカは戦争について笑えるほどの余裕がなかったのか。
基本的に、群像劇のように描かれるそれぞれのキャラクターが、相互に影響しながらどんどんおかしなことになっていく、という王道なコメディで。ラストに向かって、ピタゴラスイッチのように盛り上がっていくはずなのですが。……一つ一つのシーンは面白いと思うのですが、どうにも噛み合っていないというか、ドミノが途中で止まってしまって、再び手で押しているようなもどかしさを感じてしまいます。
特に、ダンスホールでの騒ぎが冗長で、そのシーンばかりが印象に残ってしまうとか。シーン相互の関連が薄いため、各シーンのオチのストーリーへの関与が薄いとか。割とストーリーがしっかりしているので、余計に「もっと笑わせてくれ」という欲求が貯まっていきます。
夜のシーンが多くて、戦闘シーンがわかりにくいのもマイナスポイントかと。
もっと、演出をコメディーに振って、ミリタリー描写をマニアックにして、テンポを良くしたら、と思ってしまいます。
ちなみに、BD版で見たのですが。劇場公開版は日本発売版らしく、英語音声日本語字幕がデフォルトなのですが。これを日本語音声字幕無しにするためのメニュー操作が手間で、なんとも。字幕種類が多過ぎというか、日本語吹き替えを収録しているのだから、ローカライズするなら字幕無しを上の方において欲しい。

というような事を思いつつ見ていましたが、お金は掛かっているし、シーン描写は丁寧だし、主役が格好良くヒロインは美人という如何にもなハリウッド映画で。何かが惜しい作品、という気がしました。1回見ただけでは、意味が分かっていないのかもしれない、と思う程度に評価が難しいと思いましたが。
とりあえず、完全版のディスクも付いているので(こちらは英語収録のみ)、それを見ながら考えますか。

ちなみに、この時期に見ようと思ったのは、例の観覧車のシーンを見ておこうと思ったから。BDが映画の代金より安く買える時代だからねー。

« 「第2次大戦 ソビエト軍戦車(ガリレオ出版)」1、2巻 | トップページ | 「劇場版ガールズ&パンツァー」2回目 »

ミリタリー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/62839998

この記事へのトラックバック一覧です: 「1941(劇場公開版)」を見る:

« 「第2次大戦 ソビエト軍戦車(ガリレオ出版)」1、2巻 | トップページ | 「劇場版ガールズ&パンツァー」2回目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30