ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ホビーマスター 1/72 グランドパワーシリーズ M41ウォーカーブルドック」基本工作完了 | トップページ | 布団模型道 »

2016年1月 9日 (土)

「テガミバチ(浅田弘幸/集英社)」20巻完結

頭痛(笑)。昼寝のせい?
昨年末の冬祭の薄い本が続々着弾していますが。なぜか総集編ばっかりで厚かったり、ミリタリー系の本が充実していたり、高い本が多くて財源が破綻しております。

「テガミバチ(浅田弘幸/集英社)」20巻完結です。
太陽の光が偏っていて辺境には届かない世界で。人の心を繋ぐ手紙を届ける配達人Beeの仕事を描いていたこの作品も。最終的には世界の謎を解き、そして、最終決戦を終えました。
ラストは、意外とあっさりしていて。というか、巻のはじめで前の話をすっかり忘れてしまっていたため、19巻を引っ張り出してきて読み直したほどです。ここまでの前奏が長かった割には、始まったらガンガン進みすぎているような感じ。
そして、ラストは広義にはハッピーエンドかと思われます。
でも、個人的にはハッピーエンドと言っていいのかはかなり微妙というか、アレじゃあダメな気がするのですが。流れと勢いでハッピーエンドに見えるような感動的なラストが描かれていますが。 ということで一度書いてアップしたのですが、今読み返してみたら、単行本のラストカットは、その前のページから続く、一連の流れとして描かれていました。ということは、ラストはちゃんと大団円で締められていたのですね……馬鹿な読者は読み間違えておりました(笑)。
誰かが犠牲になって世界が救われた、系ラストは綺麗にまとまっていても嫌いなんですよ。だから、あの流れは誤解してしまうと思うのですが。ちゃんと締まってます。
よし、OK。
そう思って読むと、20巻分の素晴らしく綺麗なまとまったラストかと思います。
読み終わったら、つぶやくでしょう。ラグ・シーイングとニッチにお疲れ様と。

ところで、ラグはシルベットとニッチ、最終的にどっちを選ぶのか?という疑問がついて回るのですが。基本的に、生涯の仕事のパートナーとしてニッチがいるのですが。シルベットもラグが好きでしょうし、普通に人間としてはシルベットになるでしょうし……微妙だよなー。まー、もう、3人でハーレムエンドという気がしますが……将来的に、絶対揉めるよなー(笑)。

« 「ホビーマスター 1/72 グランドパワーシリーズ M41ウォーカーブルドック」基本工作完了 | トップページ | 布団模型道 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63035429

この記事へのトラックバック一覧です: 「テガミバチ(浅田弘幸/集英社)」20巻完結:

« 「ホビーマスター 1/72 グランドパワーシリーズ M41ウォーカーブルドック」基本工作完了 | トップページ | 布団模型道 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック