ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 今週の「鉄血のオルフェンズ」を見る【ネタバレ】 | トップページ | 雪が降る »

2016年1月19日 (火)

Windows7、立ち上がらず

会社で、パソコンを立ち上げたら……立ち上がりませんでした。
昨日、おかしな消し方したか?と思っても、壊れたものはしかたない。
こういう時は、大抵、セーフモードで立ち上げれば勝手に修復される。
が、セーフモードの選択肢がない。選択肢はどちらを選んでも無限ループになっている。
ということで、電源を入れ直して、セーフモードで立ち上げるためのキー操作をする。
……やっぱり立ち上がらない。一応、メッセージが出てきているので、マスターブートレコードごと破壊された、とかではないようだが。
ということで、メッセージ通りWindowsのディスクを入れて修復しようとするが、そもそもメーカーパソコンなのでそんなディスクはついてこない。
Windows XPの頃は付いてきたディスクで修復できたか?と思ってリカバリディスクを入れてみる。立ち上がる。「ディスクを全て消去して工場出荷状態に戻す」という素敵な選択肢が出る。……さすがにこれは最終手段だ。まー、データは別のディスクにバックアップしているので、最悪、1カ月分くらいのデータロスで済むはず。
しかし、それじゃあ困るので、他の端末で修復ディスクの作り方を見る。Windows7はコントロールパネルから作成できるらしい。ということで、同じ機種がいくつもあるので、適当な端末で修復ディスクを作る。
これで、立ち上げたら、修復ツールが立ち上がる。
これでOSのブート周りを修復させてくれるだろう。と思ったら。しばらく他の仕事をしていて、帰ってきたら。「修復できませんでした」という素敵なメッセージで止まってた。
しかし、このディスクは、修復ツールの他に、OSの書き戻しをしてくれる機能があった。例の定期的に基準点でシステムまわりのバックアップをするやつである。ということで、最新の基準点に書き戻すことにする。仕事が忙しいので作業して戻ってきたら。「修復に失敗しました」という素敵なエラーメッセージが出ていた。
一般的にはここで終わりであるが。選べる修復基準点が4つあったので、今度は一番古いものに書き戻してみた。再び仕事をして戻ってくると。ようやく、Windowsが立ち上がっていました。
Windowsアップテートの不具合で起動しなくなったとき以来の修復ですが、ここまで手こずったのは初めてです。Windowsはバージョンが変わるごとに修復手順が変わりますが、修復用のツールとしては確かに強力になっていると思います。
しかし、単純にレジストリとシステムまわりのファイルを書き戻す、というのが一番簡単で効果的なのだから、そのためのツールの作成方法を最初に行うようにマニュアル化すべきではないかと……。

« 今週の「鉄血のオルフェンズ」を見る【ネタバレ】 | トップページ | 雪が降る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63091658

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7、立ち上がらず:

« 今週の「鉄血のオルフェンズ」を見る【ネタバレ】 | トップページ | 雪が降る »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック