ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 本家サイトを移転しました | トップページ | 「GIRLS and PANZER HERBST MUSIKFEST 2015」のCD »

2016年2月11日 (木)

「大正処女御伽話(桐丘さな/集英社)」1巻

ここのところ、会議に出たり、材料買い付けたり、会議に出たり、材料選定したり、会議に出たり、ロイドの英文規格を読んだり、会議に出たり、社内規格を作ったり……開発の仕事が全く進んでなくて、そろそろ怒られるわ。

「大正処女御伽話(桐丘さな/集英社)」1巻が発売中です。
事故で右腕が動かなくなった主人公。父に養生を理由に田舎の別荘に蟄居を求められ、厭世観に浸っていたが。借金の形にやってきた嫁のおかげで、生活が変わっていく……。
ということで、大正時代を背景にしたラブコメです。タイトルの処女というのは、オトメと読みまして。当時の資料に「14歳から25歳までの未婚の女性を指す」とあったそうで。まー、今ほど意味が固定化されていなかったようです。
内容的には、ペシミストの主人公を天真爛漫な嫁が癒す、ということで、裏表紙によると「ホンワカストーリー」ということですが。一言で言って「読むとダメな人間になる本」です。…………嫁の夕月さんがかわいすぎて、正気を保てません。もう、会社に行かずに引き籠もっていたくなります。こんな嫁が来てくれるなら、腕の一本くらいくれてやるところです。問題は、うちは金持ちではないということだな(笑)。
大正時代の田舎の描写も、いい雰囲気です。
ということで、読むと生きているのが辛くなる怖れがありますので、要注意です。
あと、夕月の女学校時代のエピソードも面白いというより興味深い物になっていますな。

女学校と言えば、朝ドラの「あさが来た」で主人公・あさの娘の千代の女学校生活がラノベや少女漫画顔負けの設定になっていて、夕方あたりの子供向けドラマとしてスピンアウトさせたら面白いのに、と思ってしまう。もったいないわな。

« 本家サイトを移転しました | トップページ | 「GIRLS and PANZER HERBST MUSIKFEST 2015」のCD »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63197151

この記事へのトラックバック一覧です: 「大正処女御伽話(桐丘さな/集英社)」1巻:

« 本家サイトを移転しました | トップページ | 「GIRLS and PANZER HERBST MUSIKFEST 2015」のCD »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック