ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「PENTAX 645Z 新たなるプロフェッショナルスタンダードの世界(玄光社)」 | トップページ | 「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(matoba/スクウェア・エニックス)」1巻 »

2016年3月12日 (土)

「魔女の心臓(matoba/スクウェア・エニックス)」8巻完結

「魔女の心臓(matoba/スクウェア・エニックス)」8巻完結しました。
からの胸を持ち、失われた心臓を求めて彷徨う境界の魔女。その伝説の主は五百年も旅を続ける見た目少女の魔女・ミカとしゃべるランタンで竜のルミエール、そして途中から弟子になったリツカであった。
ということで、中世ベースのシビアな世の中を姐さんがバッタバッタと切り倒しながら進んでいくロードストーリーも今巻で終了です。基本シビア、時にほんわかしたストーリーでしたが。ラストのどんでんがえしは「意外」でした。ストーリーも設定も、かっちり嵌って、ああなるほど、と納得したものの。これまで断片的に表現されていたものから想像された「ドロドロした悲劇」はそこにはなく。結果、ただただ暖かいストーリーでした。
そのラストは救うべきない話になるのは仕方ないとしても、納得いく終わりであり、悲劇として認識できないので、それはそれでいいラストだと思いました。おそらく、ルミエールの感じている「ジレンマ」のようなものを読者も感じているのだと思います。ハッピーエンドなんだけど、自分だけがハッピーでないものを持っている。ハッピーでないことを知っている。だけど、おそらく、物語はハッピーエンド。そんな、心に棘が残ったようないちまつの寂しさのある。だけど、確かにハッピーエンド。
こんなに、穏やかで切ない話は今までに読んだことがないと思われます。この、心地よいジレンマを誰かに分けてあげたくて書いてます(笑)。
そして、五百年の旅を終えた魔女に安らぎがありますように。

あと、相変わらずのバックヤードが愉快で救われます。特に、最後の最後、裏表紙でついにルミエールがなんとかかんとか報われそうなのが泣けました(笑)。

最後に。「ゆるまんが」が全部収録されていないのは、画集かと発売されて完全版になることへの伏線ですよね!

« 「PENTAX 645Z 新たなるプロフェッショナルスタンダードの世界(玄光社)」 | トップページ | 「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(matoba/スクウェア・エニックス)」1巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63336234

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔女の心臓(matoba/スクウェア・エニックス)」8巻完結:

« 「PENTAX 645Z 新たなるプロフェッショナルスタンダードの世界(玄光社)」 | トップページ | 「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(matoba/スクウェア・エニックス)」1巻 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31