ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「魔女の心臓(matoba/スクウェア・エニックス)」8巻完結 | トップページ | 久しぶりに「悪魔の事典(フレッド・ゲティングス/青土社)」を引っ張り出してきた »

2016年3月13日 (日)

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(matoba/スクウェア・エニックス)」1巻

相変わらずおなかの調子が(以下略)

matoba先生、大変良い方です。ということで。昨日に引き続き。
「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(matoba/スクウェア・エニックス)」1巻が発売中です。
堕天使たちが働く万魔殿のトップ官僚たるベルゼブブ。彼女の近侍頭になったミュリンはその仕事ぶりとは裏腹なゆるふわ少女に振り回され、更に万魔殿の偉い人たちに……。
ということで、悪魔の出てくる4コマコメディです。主役のベルゼブブは見た目美少女の悪魔界トップですが、モフモフ大好きなゆるふわ脳の持ち主で、あと、たまに凄い乙女して読んでいる人間を悶えさせます。相方のミュリンは、当然のように悶える日々を送る、というのがこの本の全てです。話が進むにつれて、どんどん恥ずかしいレベルが上がっていくので、ラブコメ脳に耐性のある人向けです。
あと、他の出てくる人もみんなおかしいので、おかしい漫画好きな人にはお勧めです。悪魔の有名人、アザゼルは乙女なアニキに。最近は七つの大罪の怠惰で有名なベルフェゴールはかわいくて頻尿な関西弁使いに(<松来さんに声をやってもらいたかった)。どちらかというと魔夜峰央先生の絵が最初に思い浮かべられるアスタロトは享楽的なイケメンに。そのアスタロトの配下というくらいしかイメージのなかったサルガタナスはドイツ軍人っぽいお姉さんに。そして、それぞれひと言で言い表せないキャラ性の強さを持っています。
ということですが、ともかく、ラブコメで1ページ4コマ(藤原ここあ先生、思い出したよ)で、癒し系ゆるふわで、乙女で……そんな愉快な作品なので、誰にでも気軽に勧められるタイプの漫画ですね。まだ登場していないキャラクターも、かなりアレな人達のようなので、そちらも楽しみです。
個人的にはベルフェゴールが凄く可愛いと思いますが、「ごっちん」という呼び方は衝撃的でした(笑)。
あと、あとがきパートで元ネタの悪魔関係について参考文献なんかも載っているので、参考になるかと。うちの本棚にも入っていますが、ヨーロッパの神学系は解釈が色々あって難しいんだよねー。新紀元社なんかのTRPG副読本のようにある程度メジャーな設定を押し出している本の方がわかりやすいんだけれど、やっぱり古典書籍でマナブのは勉強になるし……。

« 「魔女の心臓(matoba/スクウェア・エニックス)」8巻完結 | トップページ | 久しぶりに「悪魔の事典(フレッド・ゲティングス/青土社)」を引っ張り出してきた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63341704

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(matoba/スクウェア・エニックス)」1巻:

« 「魔女の心臓(matoba/スクウェア・エニックス)」8巻完結 | トップページ | 久しぶりに「悪魔の事典(フレッド・ゲティングス/青土社)」を引っ張り出してきた »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31