ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ガーフレット寮の羊たち(もとなおこ/秋田書店)」6巻 | トップページ | 色々悩む »

2016年3月23日 (水)

「第二次世界大戦の超重戦車(ケネス・W・エステス/大日本絵画)」

頭が重いのは、完全に花粉のせいと思われる。この場合、松メインと思われるため、6月まで続くと思うと憂鬱。杉は終わりが早くて羨ましい。

「第二次世界大戦の超重戦車(ケネス・W・エステス/大日本絵画)」を読む。
オスプレイ・ミリタリーシリーズ、久しぶりの日本語版です。もう、翻訳版は出ないかと思って、原書をぼつぼつ買ったりしていましたが。開発史みたいなのがメインの本なので、やはり翻訳本はありがたいです。まー、ぶっちゃけガルパンにマウスやT28が出たり、WoTにもトータスやTOGとか出るし、ファインモールドからオイ車とその資料が出たり、この本を出して売れそうな要素がたまたま集まったおかげで日の目を見たのでしょうから、次は無さそうですが(笑)。
ということで。世界の役立たず、超重戦車です。シャール2C、TOG、TOG2、KV-4、マウス、FCM F1、E-100、ヤークトティーガー、オイ車、T28、トータスが掲載されています。……まともに戦闘に参加したのはヤークトティーガーだけですな。ヤークトティーガーは確かに重戦車ですが、他に比べると車台は普通に活躍している重戦車のティーガーですし、砲が多少大きい以外は変態的なところ(=設計上の無理)がないので、このカテゴリーに入れるのはネェ。
ということで、他は全て失敗作の変態戦車ばかりで、読んでも役に立ちませんが、ミリオタの知識なんて基本的に役に立たないものなので、そういう意味では王道です。例によって写真はさほど多くなく、薄い本にこれだけ詰め込んでいるので内容的にも薄いですが。マウス、E-100以外はそもそも採り上げられることが少なく、解説されていても写真が1、2枚あるだけみたいなものが多いので、相対的に良い資料になっていると思われます。
まー、ガルパンおじさんは、秋山殿の推薦帯が付いているうちに買っておくのも手かと(笑)。

« 「ガーフレット寮の羊たち(もとなおこ/秋田書店)」6巻 | トップページ | 色々悩む »

ミリタリー」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63387269

この記事へのトラックバック一覧です: 「第二次世界大戦の超重戦車(ケネス・W・エステス/大日本絵画)」:

« 「ガーフレット寮の羊たち(もとなおこ/秋田書店)」6巻 | トップページ | 色々悩む »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30