ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 花粉なんとかしてくれ | トップページ | 「ウルトラマンレオ解説本(思想脳労)」を読む »

2016年4月 7日 (木)

ゲームメーカーのアルケミストがお亡くなりに……

昨年は、一度も花粉症の薬を飲まなかったはずですが。今年は鼻はいいのに、ノドと口の中が痛くて、とうとう市販の薬を飲むことに。まったく、ついてない>まず生活習慣を改めよ。

ゲームメーカーのアルケミストが4月1日付で自己破産を申請したそうです。コンシュマーゲーム移植版の「ひぐらしのなく頃に」でブレイクした会社ですね。「ひぐらし」のシリーズは最初のPS版からどんどん豪華になっていって。作品ごとに主題歌を作って、CDも沢山出ましたし。DS版はオマケ満載の豪華仕様でした。
独自のWEBラジオ番組を作ったり、小説サイトを作って竜騎士07氏の小説を載せたり。色々やっておりましたが。基本的にはキャラクターグッズなんかの会社で、ゲーム関係は移植作品中心。しかし、既にPS Vitaで売れた「ひぐらしのなく頃に粋」「咲-Saki-全国版」などを下請け開発をしていた加賀クリエイトなんかも倒産しております。
ラジオの頁を久しぶりに開いたら、2014年の3月が最後の配信で、しかも次回予告はありますね。いわゆるフェードアウトという奴で、結構豪華に人を使っていたので、何かあったのだろうということが推測されますか。私はmidiさんがパーソナリティーをやっていた頃はしっかり聞いていたのですが、代替わりして、うみねこの話題もなくなった頃には遠ざかっていましたか……。同じページの女子ブログが2012年まで、社長ブログも2013年で止まってますね。
ちなみに、一時期アルケミストの看板でもあったびんちょうタンの江草天仁さんも、公式情報が出てきませんでしたが、ファンの人によると4年ほど前には退社して別の会社に移られているようです。少し安心。
基本的に2011年に「うみねこのなく頃に」で、爆死したアニメでも作られなかった後半パートを豪華に声優起用で作ったあたりが最後の花火だったのでしょうか。あと、関連作品である「黄金夢想曲X」とか。マスコミへの大きな露出も同時期の「ぎゃる☆がん」や2012年の「ぶるにゃんマン」あたりまでだったような。遡っていくと、このあたりが転機だったのではないかと思います。
ゲーム業界はプラットホームの入れ替わりが激しくて、老舗といえども安定したヒットを飛ばしている、というイメージがあるところは少ないものですが。ヒットしていた頃の活躍が華やかであればあるほど。こういう時の諸行無常な感じは大きいですな。
まぁ、私の印象的な話で言えば、「うみねこ」の爆死っぷり(原作後半のファン離れにより、ひぐらし並みのヒットを期待して追従した関連メディアが爆死状態になったこと)がどのくらい影響したかということが気になるのですが(上で書いた色々な転換点がその頃ですし)、あれから4年も過ぎていますので……。

« 花粉なんとかしてくれ | トップページ | 「ウルトラマンレオ解説本(思想脳労)」を読む »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63450230

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームメーカーのアルケミストがお亡くなりに……:

« 花粉なんとかしてくれ | トップページ | 「ウルトラマンレオ解説本(思想脳労)」を読む »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30