ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« これから「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」を見に行くよ | トップページ | 「小林さんちのメイドラゴン(クール教信者/双葉社)」4巻のイルルがかわいくて困りものな件 »

2016年5月15日 (日)

「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」よく出来た2作目

土日、ほとんど寝ていた。やりたいことは多いのだが、油断すると寝てしまう。というか、単純に疲れているのだが、5月中は多分ダメだろう。

「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」見てきました。単純に面白い。
舞台が大学に移ったり、ヒロインがそのままだったり、悪役が固定されていたりと、原作とはストーリーラインは全く異なっているのですが。作品としては、キッチリ「変態仮面」になっています。
最近、漫画原作の実写作品が相次いで低評価を受けていますが。単純に「広告代理店がTV局と組んでTVドラマの拡大版を作っている」ノリ自体が作品を追い込んでいるような気がします。予算は潤沢にかけても、全てが中途半端で、話題作りが先行している。
それに比べれば、変態仮面なんて、前作はパンフレットすら作られず、今作のパンフレットの後ろにちらっとくっついているレベル。前作はうちの地方では夜1回上映1週間という限定上映。しかし、スタッフはこの大昔に連載されていた作品を掘り起こしてでも映画にしたかった人達であり、時間も予算も宣伝もなくても、楽しい作品になっている。見ていて、決定的にダメ出ししたくなるようなシーンもない。今回、前作よりも大規模にやっている上に、一部俳優さんがメジャーになりすぎて「ギャラ上がっているだろうなー」と思っても、完全に続投している(<これ、シリーズものでは、わりと重要なポイントと思っている)。
ストーリー的には、前作中盤の「怪人大行進」のようなエンタメ部分が無くなり、一貫してストーリーを追うストイックな作りになっているけど。そもそもネタが馬鹿(<誉め言葉)なので、他の所はそのくらい真面目な作りになっていないと見ていられない。そして、はっきり言って「ヒドイ作品(<誉め言葉)」に仕上がっているので、見た限りの満足度は高い。おそらく、スタッフのだり一人として「このくらいやってりゃいいだろう」「サービス入れてやったから、さあ喜べ」的な中途半端な仕事はしていない、と言うことだろうと思う。
それと、相変わらず不思議な間のムロツヨシさんの怪演、前作とは別役なのにやっぱり極度の変態役の安田顕さん。そして主役の鈴木亮平さんの普段の演技が顔芸なのに変身すると肉体美という相変わらずの凶悪さ。新たな敵役は控えておきますが、あのキャラのオファーにOKを出した事典で凄いと思います。あと、ダイソンのOK出した人も凄いと思います(笑)。
ちなみに、この作品ではヒロイン役の清水富美加さんも美人さんになりましたが。個人的には、主人公の母親役の片瀬那奈さんが前作からのお気に入りなので、今回も美人さんで喜ばしかったです。

« これから「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」を見に行くよ | トップページ | 「小林さんちのメイドラゴン(クール教信者/双葉社)」4巻のイルルがかわいくて困りものな件 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63637195

この記事へのトラックバック一覧です: 「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」よく出来た2作目:

» 映画「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」の感想 [週刊少年ジャンプの感想]
BGMに Is that Japanese Spiderman? Yes!Yes!! 正直あまり期待してなかったんですが‥ ところどころで、思わず声出して笑っちゃいました 大金と真琴の会話がマジコントだった 決して、 ... [続きを読む]

« これから「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」を見に行くよ | トップページ | 「小林さんちのメイドラゴン(クール教信者/双葉社)」4巻のイルルがかわいくて困りものな件 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31