ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ガールズ&パンツァー 劇場版 Blu-ray 特装限定版(バンダイビジュアル)」 | トップページ | 冗談抜きで »

2016年5月30日 (月)

ガンプラの進化しすぎ

ツイッターの方でチラチラ載せていますが、「MG MS-06RII」を作っていたりします。正直、凄い精度でバチバチ組めますが、パーツ単位で見たときに何だか分からないレベルで、パズルをやっているみたいです。
その昔(30年くらい前)、なんかの雑誌(HJか模型情報の読者コーナーかライターさんの戯言)で、その人の友人が「模型は箱を開けたときに、出来上がりが想像できないといけない」と言って、分割数の増えすぎたキットの批判をしていましたが。今のガンプラは、更にその上の次元に達していて、既に昔のアニメキットとも違うし、スケールキットともまったく違う何かになっていますな。
凄いですが。成型色を色透けのない綺麗な色に出来るようになった弊害か、触っただけでぽろりと折れてしまったパーツが一つありました。これをもって「劣化」と言っている人たちがいましたが、おそらく、これは経年劣化ではなく、成型時のミスではないかと思われるのですが、整形不良ではなく、確かに白化して崩れるように折れています。他で見たことのない症状なのでよくわかりませんが、その他の部分は全然壊れる感じがしませんから、やはりなんかしらの無理があるのでしょう。
まー、こんなのは接着剤でくっつけて磨き出せばほとんどわからないレベルになりますが、色を塗らない前提だとめんどいですな。
というか、そういう意味でもスケールモデルと比べると、同じ模型でも、使うテクニックが別物になりすぎて、同じものとは思えませんわ(40年も前のエアフィックスのプラモとか作っていると、余計に(笑))。

« 「ガールズ&パンツァー 劇場版 Blu-ray 特装限定版(バンダイビジュアル)」 | トップページ | 冗談抜きで »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63707786

この記事へのトラックバック一覧です: ガンプラの進化しすぎ:

« 「ガールズ&パンツァー 劇場版 Blu-ray 特装限定版(バンダイビジュアル)」 | トップページ | 冗談抜きで »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30