ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「蒼き鋼のアルペジオ(Ark-Performance/少年画報社)」12巻 | トップページ | 「私家版戦車入門(モリナガ・ヨウ/大日本絵画)」1巻を読む »

2016年5月 2日 (月)

「世界の傑作機 アブロ・ランカスター(文林堂)」を読む

また、本の取り込み作業に入っているが、時間が掛かる割に、充実感がない。スペースは減るが、だからと言って何が増えるわけでもないしなぁ。

「世界の傑作機 アブロ・ランカスター(文林堂)」を読む。
超有名な機体でもあるに関わらず、新版になって全然発売されなかった奴である。新装版ばっかやってないで、きちんとすき間を埋めてほしいものである。
ということで。タミヤの1/48が長いこと総合カタログに掲載されていたおかげで、陸者の間でも名前は知れ渡っているランカスターですが。正直、変な形の飛行機ですな。機体が四角い棒のようで、飛行機らしいラインを描いていない。主翼もでっかい尾翼も中翼で、何となく付いているようだし。操縦席や機銃塔もなんとなく付いているように見える。米軍で言えばB-25あたりが形状的には一番近いのかもしれないが、明らかに、こちらの方が「もっさり」している。
しかしながら、英軍独特の茶系の迷彩を上から見ていると、主翼の形が綺麗なことも相まって、格好良く見えるから不思議である。ネタ的にも、ダムバスターでおなじみ回転爆弾「アップキープ」やテルピッツを仕留めた「トールボーイ」、超大型爆弾「グランドスラム」といった特殊爆弾を抱いて大陸に渡ったエピソードとか、色々あるし。やはり、英軍で一番メジャーな爆撃機だけのことはあると(世界の傑作機の新版では、英軍爆撃機はコレとバルカンしか発売されてないってあたりからして……)。
本巻も英軍マニアの岡部いさく先生が解説を書いていたり、英軍マニアなら、とりあえず押さえておくべき一冊かと思います。

« 「蒼き鋼のアルペジオ(Ark-Performance/少年画報社)」12巻 | トップページ | 「私家版戦車入門(モリナガ・ヨウ/大日本絵画)」1巻を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63571293

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界の傑作機 アブロ・ランカスター(文林堂)」を読む:

« 「蒼き鋼のアルペジオ(Ark-Performance/少年画報社)」12巻 | トップページ | 「私家版戦車入門(モリナガ・ヨウ/大日本絵画)」1巻を読む »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31