ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「コトノバドライブ(芦奈野ひとし/講談社)」3巻 | トップページ | 2日目は艦艇公開とトークショーとミニホビーショー »

2016年7月10日 (日)

「ガールズ&パンツァー劇場版 極上爆音上映」見てきた。

さて、大洗より帰還しました。
とりあえず、まとめてみましょう。

登場人物。双葉:旅行ジャンキー。先週も牛久にいた。今週は大洗。綾乃小路:御上の犬。車好き。通勤にも使っていないのに、複数の車を所持。

1日目。朝3時に起こされて、出掛ける。とりあえず、車を入れ替え、中井まで走ってご飯。運転を綾乃小路に交代して、目的地は立川。1日目の目的は「ガールズ&パンツァー劇場版 極上爆音上映」を見ることであった。ちなみに、先週までは夜上映だったのでスケジュールが合わなかったのであるが、なぜか今週は朝上映になっていたので、見終わってから大洗でも何とかなったのである。
極爆も「センシャラウンドファイナル」「センシャラウンドファイナルLIVE」「センシャラウンドファイナル エクストラ6.1ch」に3度目のバージョンアップを果たしており、スクリーンした中央に鎮座するスーパーウーハーは6千万円を超えるという、ちょっと考えられない環境である。
更に、現在、ちょうど「これが本当のアンツィオ戦です」も続けて見られる環境で、こちらは「センシャラウンド ファイナル アルティメット バイブレーション」となっております(笑)。
で、極上爆音上映の感想ですが。「これは一見の価値在り」です。特に、劇場版は、アンツィオと比べて分かったのですが。非情に細かい調整がされていて、ただ単に音が大きいだけではなく、一つ一つの砲撃音、履帯の音、エンジン音などが鮮明に聞こえてきて、なおかつ腹に響く。響くというより、大きな音が鳴るシーンでは、イスが揺れるイメージ。しかも、足もとを風が吹き抜ける感じがする(どうも、空気が抜けてくるようである)。
アンツィオも音的には面白いのですが、戦車の駆動音が「戦車の駆動音」として聞こえる感じなのですよね。これに対し、劇場版は「何が動いているのか感じられる」音になっていると思います。6.1ch構成によるリアルな音像は、音が空気としての圧力を持つことにより、弾の抜けていく感じを実際に体で感じることが出来ます。そのあたりの感覚が慣れてくるに従って鮮明に感じられるようになり、特に、センチュリオン参戦後のパーシングによるバミューダトライアングルとセンチュリオンが次々と戦闘しているシーンでは、戦車の動きと砲撃音、駆動音に没入感が加わって「なんて凄い映画を観ているんだ」と、感動してしまいました。いや、一般の映画館で2回見ているのですが、その時はストーリーとして映画を観ていたと思うのですが。今回は「戦車スゲー」という感じで、音による相乗効果として戦車の動きも今まで以上に感じられたと思います。実際、戦車撃破の流れについては、今までで一番良くわかったような気がします。
ただ、全てが素晴らしいかというと。キャラクターのセリフについては、最初少し違和感があって。どうも、発音の最後の抜けがイマイチに感じるというか、「っ」という音漏れが聞こえるように感じたのですが、慣れれば別にどうということもなかったようです。わたしの可聴周波数範囲の問題かもしれません。あと、エンディングの低音部がもともとブーストされていたのか、籠もって聞こえたような気がしますが、他でそんな意見を聞いたことがないので、コレもわたしの耳の問題かもしれません。
とりあえず、4DXも体験した双葉君の意見では「座席が動くのは4DXが良かったけど、他の効果はイマイチだったので、極上爆音上映の方がいい」ということでした。おまけに、帰ってからBDでもういちど見たくなったというか、うちのセッティングをいじりたくなったとか、まったくもってネットの評判通りに乗せられています(笑)。
ということで、やはり、情報媒体で話を聞いただけでは「かなり見くびっていた」というのが正直なところで。これは、やはり「体験しないと語れない」タイプの面白さだったと思います。
これを家で再現するのはムリですが、この聴覚から来る「没入感」を再現したい、というのは、今後の家でのアニメ鑑賞の一つの指針になったというか。かなり、映像再生に対する「概念」を塗り替えられたという所です。
まー、簡単に言うと「極上爆音上映はいいぞ」ということになるのですが。機会があったら、一度体験するのがよいかと思います。
ちなみに、そのあと、アンツィオ戦を見て、シネマシティのイタ飯屋でメニューに載っていない裏メニューの「アンツィオピザ」も食べてきました。おいしかったです。ただ、一緒に注文したスパゲッティが、よりおいしかったです(笑)。

その後、渋滞に巻き込まれたりしながら、大洗の旅館「入船」で一泊。少人数での宿泊がメインの旅館で、一人の方も結構いました。あと、目の前が海岸で、海水浴には凄く良さそう。料理のボリュームも食べきれるギリギリで、よろしかったです。
ちなみに、おかみさんに「今日は大洗見てきた?」と聞かれて「いや、立川で映画を観てきたので」と答えたら「ああ、立川はいいらしいねぇ」と話が通じてしまった。そのあと、ミカの「戦車道には人生の大切な全てのことが詰まってる」で盛り上がりました。大洗、スゲェ。

« 「コトノバドライブ(芦奈野ひとし/講談社)」3巻 | トップページ | 2日目は艦艇公開とトークショーとミニホビーショー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63897986

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガールズ&パンツァー劇場版 極上爆音上映」見てきた。:

« 「コトノバドライブ(芦奈野ひとし/講談社)」3巻 | トップページ | 2日目は艦艇公開とトークショーとミニホビーショー »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31