ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 動いているように見えるけど、実はダメ>なんとかなる | トップページ | シン・ゴジラ見てきた。インプレッション。 »

2016年7月30日 (土)

「監獄学園を創った男たち(ハナムラ/講談社)」を読む

最近は疲れて寝ていても、パソコンネタでそこそこ書けたけど。読むほうが飽きてきたと思うので、ネタを変更してみる。

「監獄学園を創った男たち(ハナムラ/講談社)」を読む。
アニメ版の「監獄学園」のメイキングです。ちなみに、私は監獄学園も読んでいなければ、アニメも見ていません(笑)。何で買ってきたかというと。クレージーボーイと呼ばれる水島努監督のクレイジーな面を見たかったからです。
ちなみに、内容は、水島監督やプロデューサーたちによる「とんでもない内容の漫画を、いかにアニメにするか」という狂想曲と、それに応える男性声優さんたちの馬鹿話です。ですから、監獄学園が好きか、そういったスタッフが好きな人には面白い作品かと思います。まー、面白いというだけなら、だれが読んでも面白い内容かと思いますが。
大体、この手も漫画は誇張が多いですが、話の内容的には実在の人間である登場人物の「世間で言われている」ようなネタから外れていないので、フィクションであっても、それなりにアレな作品になっているんじゃないかと想像しつつ読めます。
水島監督についても、描写はオーバーなものの、ガールズ&パンツァーなどの最近のオリジナル作品でのまじめな取り組みで語られるよりも、クレヨンしんちゃんで鍛えられた演出力で原作作品を良くも悪くもアニメらしく面白い作品に仕上げる監督、というイメージのほうが強いので。ハードボイルドに馬鹿を繰り広げる大人たちの真剣さが、日本のコンテンツ業界を支えているというのがよくわかって、実に興味深い書籍になっていると思います。
そういう意味では、この作品をどうとらえるのか、というのは実に読者によってさまざまになるだろうと……思われる問題作です。

« 動いているように見えるけど、実はダメ>なんとかなる | トップページ | シン・ゴジラ見てきた。インプレッション。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/63984854

この記事へのトラックバック一覧です: 「監獄学園を創った男たち(ハナムラ/講談社)」を読む:

« 動いているように見えるけど、実はダメ>なんとかなる | トップページ | シン・ゴジラ見てきた。インプレッション。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30