ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「NEW GAME! 画集 FAIRIES STORY(得能正太郎/芳文社)」を読む。詳しいことは本文として、ほたるちゃんがかわいい。 | トップページ | 「まりんこゆみ(野上武志/講談社)」6巻発売中 »

2016年10月10日 (月)

「魔女の系譜(村田兼一/玄光社)」を読む

「魔女の系譜(村田兼一/玄光社)」を読む。写真家の村田先生がフォトテクニックに連載された作品の単行本化です。「魔女」に関するアレコレの文章に、そのイメージに合った写真を添える、というものです。
そもそも、村田先生の文章が読める、と言うこと自体がこれまであまりなかったことなのですが。この本では、写真的なテーマと「魔女」という個人的に面白いと思うテーマについての文章が読めて、より、作品を理解する手助け……という見方はあまり好きではないのですが、作者の見方、というものを垣間見ることが出来て、読んでいて面白い本になっていると思います。また、村田先生のモデルもしている谷崎榴美さんが現代魔女術実践家という肩書きで文章監修しているのも作品として面白い形になっていると思います。というか、この本自体のパッケージングが、単なる「写真集」ではない、「魔女」というものを語る「何か」になっている「作品」として面白いのではないかと。
写真自体は、村田先生独特の着彩写真から、最近のデジカメによるショットまでいろいろあります。最初にデジカメ写真を見たときには、それまでの着彩画の寒色的な表現とのギャップを感じたのですが、今回の作品では、トーンが統一されて、過去の作品と最近の作品とが、それほどの違和感なく混じり合っています。
ちなみに、先生のモデルさんがすこぶるかわいらしい美少女揃いというのが、何より見ていて素晴らしいですが、18歳未満の人に見せていい物かどうかは……芸術作品過ぎるので、あらゆる意味で刺激が強すぎるかと。
あと、自分も写真を撮りますが、仕事で撮るのは基本的に記録写真なので、こういった華やかな写真には憧れますが、一生撮る機会がないのだろうなー、と思うと少し寂しいですな。そういう部分もあって、この文章中では「先生」と呼ばせていただいていますが(笑)。

« 「NEW GAME! 画集 FAIRIES STORY(得能正太郎/芳文社)」を読む。詳しいことは本文として、ほたるちゃんがかわいい。 | トップページ | 「まりんこゆみ(野上武志/講談社)」6巻発売中 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/64328382

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔女の系譜(村田兼一/玄光社)」を読む:

« 「NEW GAME! 画集 FAIRIES STORY(得能正太郎/芳文社)」を読む。詳しいことは本文として、ほたるちゃんがかわいい。 | トップページ | 「まりんこゆみ(野上武志/講談社)」6巻発売中 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック