ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「だーがしゅか(甘露アメ/KADOKAWA)」1巻が発売中 | トップページ | 一本歯の下駄の話、続き »

2016年10月 6日 (木)

一本歯の下駄を買ってみた

地元の伝承調査も兼ねて天狗や修験道について調べていた時期がありましたが。
そんなわけで、前から欲しかった「一本歯の下駄」を買ってみました。
いわゆる「天狗下駄」と呼ばれるもので。キワモノですが、通販で下駄としてちゃんとしたものが買える時代になりました(笑)。
で、先週末から、散歩の下履きを下駄に変えてみましたが。歩くこと自体は難しくないのですが、普段と使う筋肉が違うのか、結構疲れるので、距離がずっと短いというか。転ぶと恐いので、家の周りの車通りの少ない道をひょこひょこ歩いているのみでした。雨も降りそうだし(笑)。
で、まぁ、転ばないのでもう少し距離を歩こうかと思ったのですが……途中で疲れたのか、見事にコケました(笑)。アスファルトで転んだのは久しぶりなので、大腿骨を思いっきりぶつけて、まだ痛いですわ。
ちなみに。一本歯の下駄なので前後に倒れるかと思いますが。ホンダのアシモが登場したときから言われているように、人間が歩くときには前方に倒れているので、前後に多少バランスを崩しても転ぶことはありません。坂も歩けます。それよりも、下駄の歯は横に長いので、田舎の細い道によくある中央が盛り上がった路面を歩くのが大変です。中央から路肩にかけて、かなりきつく湾曲しているので、路肩の方を歩くと下駄が斜めになるのです。だから、転ぶときには、足首が曲がって横方向にコケます。受け身は転がるように腕から肩に流せば問題ないのですが、足が絡まっているので下半身がそのまま打ち付けられて痛いのですわ(笑)。
ということで、不整地を歩くには適していると言われますが、アスファルトの路面を気を抜いて歩けるようになるには、まだ修行が必要なようです(<気が抜けてきて、足先までしっかり力が入らなくなると、足首がぐんにゃり曲がってコケるようです→実際には重心のバランスの問題?)。
ちなみに、科学的な話だと、インナーマッスルが鍛えられるとか載っていますから、力の掛かり方が変わることは確かなようです。あと、下駄をはいて歩いた後、横になると、長時間車に乗った後とか、船に乗った後のような妙な浮遊感に襲われます。

« 「だーがしゅか(甘露アメ/KADOKAWA)」1巻が発売中 | トップページ | 一本歯の下駄の話、続き »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/64305209

この記事へのトラックバック一覧です: 一本歯の下駄を買ってみた:

« 「だーがしゅか(甘露アメ/KADOKAWA)」1巻が発売中 | トップページ | 一本歯の下駄の話、続き »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30