ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「戦え!!悪の組織ダークドリーム!!(KAKERU/秋田書店)」3巻完結 | トップページ | ようやく復帰? »

2016年10月26日 (水)

「キャプテンハーロック~次元航海~(嶋星光壱/秋田書店)」5巻が発売中です。

最近、すっかり家に帰るのが遅くなって、時間が足りない上に、昨日も寝オチして気がついたら2時だった。あんまり、笑えない。

「キャプテンハーロック~次元航海~(嶋星光壱/秋田書店)」5巻が発売中です。
博士かっこよすぎ!。
今回は、台羽の活躍話ですが。コスモドラクーンの1丁が彼に渡ったり、ゼロやまゆと出会ったり、忙しいです。というか、ハーロックが守る存在としてクローズアップするのがTV版のキモの一つだったので、まゆはアニメ程度の年齢の方が面白かったのではないかと思いますが、まぁ、かわいく成長しておりますのでよろしいかと。前回登場時よりも、イメージに近い絵になったような気がする。
今回の他作品とのリンク関係としては。イルミダス星の名前が出てきていますな。過去に地球を占領していたことがあるということで。少なくとも、イルミダスに占領されたり、機械化惑星によって機械化されそうになったり(ということは、ラーメタルの接近で大変なことにもなっているはず)、過去の地球は、ちゃんと大変だったようです(笑)。映画の「さよなら銀河鉄道999」は原作的にはなかったことになっているはずなので、機械化惑星は滅びていないし、ファウストも生きているようですから、今後、マゾーンを含めて、異星人達がどう関わってくるのか。松本作品をある程度読んでいる人たちには面白い作品になっていると思います。しかし、マゾーンの侵略の一番の障害が機械化人間になるとは(笑)。
ネオガミラスとかエターナルとかについても触れられていますが、銀河鉄道が機械化惑星に支配されているっていうのはどうなんでしょ。エターナルとの関係が気になるところ。
あとは。トカーガ人のゾルが、原作に比べると普通の人っぽいデザインになってますね。ある意味、凄い格好いいことになっていますが。6巻に入る部分の話も凄いことになっているようなので、さっさと単行本を出して欲しいところです。

ところで、ちょっと調べてみたら、ガトランティスというか白色彗星帝国って、イルミダスから分かれた一派ってコトらしい。なんかガトランティスの方が圧倒的に強かったイメージがあるけど、当時の地球の戦力が弱かっただけかねぇ。

« 「戦え!!悪の組織ダークドリーム!!(KAKERU/秋田書店)」3巻完結 | トップページ | ようやく復帰? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/64399831

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャプテンハーロック~次元航海~(嶋星光壱/秋田書店)」5巻が発売中です。:

« 「戦え!!悪の組織ダークドリーム!!(KAKERU/秋田書店)」3巻完結 | トップページ | ようやく復帰? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31