ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 休みなので川に浸かってみた | トップページ | 写真漫画に思う »

2017年5月 4日 (木)

「東京シャッターガール(桐木憲一/日本文芸社)」全3巻を読む

本日も買い物ついでにがさ入れしてみましたが、坊主。ちょうど農業用水に水が多い季節で、イマイチ捕れん。
ちなみに書き忘れましたが、昨日一番の大物は50cmくらいのナマズでした。さすがに飼えないので、すぐに逃がしましたが。もうちょっと小さければ、大きくなるまで飼ってみたかったのですが。

「東京シャッターガール(桐木憲一/日本文芸社)」全3巻を読む。
作者の桐木さんがペンタックスのグッズのイラストを手がけられたので、読んでみました。
東京をキエフ片手にスナップする少女を主人公にした作品。途中からローライコードを使ったり、高校の写真部で写真甲子園に作品を出すことになってデジカメのEOSを使ったりもしています。
ということですが。基本的に「カメラ」に関する記述は殆どなく(ローライの話で中判の二眼レフに多少触れるくらい)、スナップで風景を切り取る話です。写真家さんのエッセイを読んでいるような、そんな雰囲気の作品です。後半の写真甲子園編は多少ドラマ性が出てきますが、基本的にストーリー的な物は少ないです。
個人的には、悩める写真乙女の主人公より、フリーダムにスナップする春名さんの方が面白かったですが、後半のキャラクターなので出番が少なかったのが残念です。ちなみに、デコったカメラって、雑誌なんかでは見たことあるけど、本気でやっている人には会ったことがない……やはり、女子高生とかとお知り合いにならないと見られないのだろうか(笑)。
ということですが。街の写真をスナップするのは好きですが、基本的に写真を撮るより、カメラに触っているのが好きなタイプなので、こういった作品は少し嗜好が違うというか、カメラ関係の本ではなく写真の本なんですよね。ですから、やっぱりそういった方面が好きな人には刺さる本かと思います。
まー、プライベートでも仕事でも、基本的に「記録写真」を撮る人ですからねぇ。

« 休みなので川に浸かってみた | トップページ | 写真漫画に思う »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/65235958

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京シャッターガール(桐木憲一/日本文芸社)」全3巻を読む:

« 休みなので川に浸かってみた | トップページ | 写真漫画に思う »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31