ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」最終51,52巻を読む。 | トップページ | 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」のラストの違和感を考察する »

2017年6月18日 (日)

ふた付きの真空断熱マグを買ってみた

さて。ゴミ箱のようにゴチャゴチャした部屋に住んでいるのに困るのは水分の補給。いちいち飲みに行くのは面倒なのでコップを置いておきたいところだけれど。前に、マグカップを倒してえらいことになったので、対策を考えていたのですが。
最近流行の直接口を付けるタイプの小型水筒がうちにあったのですが、細長くて安定が悪く、飲み口の穴が小さくてイマイチ飲みにくい。子供がメインターゲットだからか?やはり、水筒は水筒である。
ということですが。最近、食器コーナーをブラブラすることが多くなって、金属製のふた付きマグでゴムパッキンが入っているものがあることに気付く。で、調べてみると、フタとの間にはパッキンが入っていても、飲み口はフリーだったりして。とりあえず揺らしてもこぼれない程度のものから、きっちりと漏れないものまである模様。
倒れたときにこぼれないことが優先なので、簡単に開け閉めできることと(面倒だと開けたままになって、結局死ぬ)、密閉性が良いもの、そして貧乏人なので「安いこと」を条件に探して。
「ピーコック リップマグ 0.35L」というのを買ってみた。ピーコックは孔雀のマークでおなじみの水筒とかのメーカーで。私が子供の頃から見る老舗メーカーである。
本体はステンレスの真空断熱マグで、しっかりしている。フタは二重構造で本体に嵌める部分と、飲み口開閉部にパッキンが入っている。つまり、パッキンが効いていれば、密閉性は高い。
気に入ったのは、フタを180度回すと飲み口が開くという構造。開け閉めしやすく、閉め忘れない。蓋に手をやっていれば自然と閉める動作に移れる。スライドスイッチのように手で探って蓋を開け閉めしなくて良い。また、回転する奥側にパッキンが入っているので飲み口にパッキンが出来るようになっている。他の方式だと、これが難しい。
ということで、今のところ結構良いものではないかと思っています。
欠点はフタが二重構造なので、洗うのがめんどくさい。いや、バラして洗うのは他のものも同じなのですが、形状が複雑で洗いにくい(笑)。
また、老舗メーカーだけあって、交換部品も直販のみですが、サービスセンターで販売してくれるので、メンテも良さそうです。
この手の真空断熱ふた付きマグは種類も多く、使い方とによって、選ぶ基準が変わってくると思いますから、買うときにはじっくりと選ぶのがよろしいかと。
まー、これで、パソコンに向かっているときはもちろん、布団で寝っ転がっているときも気軽に水分補給が…(笑)。いや、風邪ひいているときとか便利よ、キット。

« 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」最終51,52巻を読む。 | トップページ | 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」のラストの違和感を考察する »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/65428932

この記事へのトラックバック一覧です: ふた付きの真空断熱マグを買ってみた:

« 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」最終51,52巻を読む。 | トップページ | 「ハヤテのごとく!(畑健二郎/小学館)」のラストの違和感を考察する »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31