ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 紅茶の話。そこからノンカフェインのお茶について色々。 | トップページ | 今日はつかれたので短く。明日も多分疲れている。 »

2017年6月13日 (火)

花柄家電とティーカップの花柄

最近お茶について色々調べたりしていますが。自分にとって全く新しいジャンルなので、素直に面白いです。

で、全く興味がないというよりも自分の家にあることに想像が追いつかないのが高いティーカップなんかですが。昔の自分なら幾何学模様なんかの綺麗なものが好みかと思いましたが。今、ずらっと並んだものを見ると、シンプルな花柄なんかの方がお洒落に見えます。ロイヤルアルバートとかのシンプルな奴。

昔のイメージだと、私が物心ついた頃には「花柄家電」のブームがもう終盤で。つまり、ちょっと古くなった白物家電(炊飯ジャーやらなんか)やポットが白地に花柄というデザインだったわけですよ。これが、子供心にうら寂しいイメージを植え付けられまして、基本、花柄=古くて寂れた感じ、という花の持つ華やかさとは全く反対方向に振れていたわけです。対象が家電製品のため、古くなると極端にダメっぽい感じになるのも問題だったでしょう(その頃流行った木目家電の化粧板が剥がれた安っぽさとかも同様)。

このため、家電製品に於いては「花柄家電」というものはほぼ絶滅しましたが。
一周回って、陶器などの全体的に清潔感のあるシンプルな形状のものには。やはり、シンプルなデザインが似合うというもので。意外と、緻密で豪華(で高い)なものがゴチャゴチャして悪趣味に見えるように。ワンポイントのちょっとしたデザインが映えるということを発見しました。
とすると、自分がこれまで見てきた過去のもののデザイン感が結構変わるナーということで。やはり、1集回った感じがあるナーと思いました。

ちなみに、だからといって花柄家電に魅力を感じるかというと、あれはなぜか薄汚れたイメージだし、プリントどころかシールだったり、錆が浮いてきたり……やはりいいイメージがねぇ(笑)<所詮、昭和40年代のアイテムよ。

« 紅茶の話。そこからノンカフェインのお茶について色々。 | トップページ | 今日はつかれたので短く。明日も多分疲れている。 »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/65408108

この記事へのトラックバック一覧です: 花柄家電とティーカップの花柄:

« 紅茶の話。そこからノンカフェインのお茶について色々。 | トップページ | 今日はつかれたので短く。明日も多分疲れている。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31