ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ルパン・エチュード(岩崎陽子/秋田書店)」1巻が発売中 | トップページ | 「機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ(虎哉孝征/KADOKAWA)」全9巻読み終わり »

2017年7月 3日 (月)

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?外伝ソードオラトリア(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻が発売中

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?外伝ソードオラトリア(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻が発売中です。
アニメ放映に合わせて、という感じなのかもしれませんが。内容は、アイズの冒険者デビューの頃の話と。本編8巻のアレス軍侵攻の頃の話のロキファミリア視点の話になっています。
全体的には、これまでにも描写されていた(漫画版の方がわかりやすいのか?)、アイズの焦燥感=父親が母親の英雄でアリ、自分には英雄が来てくれない、がクローズアップされていて。子供の頃の「言うこと聞かない」演出が凄いことになっています。
割を食っているのがリヴェリアで、独身のお姫様がまわりからお母さん扱いされるわ、娘扱いのガキは言うこと聞かないわ、酷い目に遭ってます。まー、それゆえ、今の出来た人がいるのでしょうが。この人、エルフのお偉いさんにしては変わってますねー。
しかし、黒龍とアイズの両親をめぐる秘密について、「本編で明かしたい」として遠回しな表現になっているばっかりに、外伝の機能が薄くなっているような気がするのは気のせい?
あと、アイズの秘密の一つが明かされますが。私のSF研の先輩曰く、「クラッシャージョウの4巻でアルフィンに酒乱という設定が加わった瞬間、日本のスペオペは堕落した」そうなので、この作品も……いや、元から萌え作品だし(笑)。
ということですが、本編をなぞっているようで、そちらで描写されていなかったシーンが「ごそっと」追加されたりしているので、侮れない外伝です。
ちなみに、今回一番扱いが良かったのは、ガレスですな。多分。

« 「ルパン・エチュード(岩崎陽子/秋田書店)」1巻が発売中 | トップページ | 「機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ(虎哉孝征/KADOKAWA)」全9巻読み終わり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/65490763

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか?外伝ソードオラトリア(大森藤ノ/SBクリエイティブ)」9巻が発売中:

« 「ルパン・エチュード(岩崎陽子/秋田書店)」1巻が発売中 | トップページ | 「機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ(虎哉孝征/KADOKAWA)」全9巻読み終わり »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30