ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「ふたりでひとりぐらし、(ざら/芳文社)」2巻が発売中 | トップページ | ようやく部屋の床が見える状態に…… »

2017年8月 7日 (月)

CGIクレオスの「Mr.ラインチゼル」とスジボリ堂の「BMCタガネ」を買ってみた

相変わらず休みは部屋の片付けをちょっとずつやっていますが、すぐに汗まみれになってしまうので、休んでいる時間の方が長い始末。しかし、エアコンがないのはいかんともしがたく……扇風機、もう一台買うか!

CGIクレオスの「Mr.ラインチゼル」とスジボリ堂の「BMCタガネ」を買ってみた。
両方共にプラモデルのスジボリ用工具として有名な奴であるが。ラインチゼルはBMCタガネの約1/4の価格(ホルダーなし)なので、どのくらい差があるのか比べてみたくて(<工具フェチ)。
両方共に売れ線の0.2mmで比較しています。

さて、ラインチゼルは一言で言うと「焼き入れ工具鋼で出来た極細Pカッター」です。形状は正にPカッターのようなかぎ爪型で、ひっかくようにして削ります。
軸径が約2mmのため、2mm芯シャープペンシルがホルダーに使えるため、標準の0.3mm刃がいらない場合には代刃と適当なホルダーを買えばOKということで、コストパフォーマンスは高いです。
使い心地もPカッターに似ていて、非常に使いやすいのですが、良くも悪くも深く掘れます。ひっかき型なので、ぐいぐい削れる感じで、力を入れすぎる(と言ってもほんのちょっとですが)と深さが一定にならないような「感じがします」。ホントかどうかは分かりませんが。先端がかぎ爪状なので、突モールドを基準に斜めに彫り込むような芸当も出来ます。

対してBMCタガネはタングステン製の彫金タガネをスジボリに適した刃型にしたもので。
タングステンの価格と難加工性を知っている人なら高くても仕方が無いと納得してしまいます。ホルダーは自分で柄を加工する人でなければ、専用のものが必要になるので、その分は最初から見込んでおくこと。
こちらは完全にタガネ(平ノミ)の背を使って削っていく形になりますので。プラに対する角度は浅く、一度に彫れる量は少ないです。それゆえ、形状的にはきちんとした凹型の筋が彫れます。バリも全くありません。単純に失敗しない綺麗なスジボリという点ではこちらが「簡単」であり、個人的にも気に入りました。
ただ、タガネなので、常に垂直を意識しないといけないので、だるいモールドを彫り直す場合などは気をつけないと滑ります。

ということで、2種類の工具を使ってみましたが、一長一短ということで、使い分ければ最高ですが。金銭的な面でコストパフォーマンスと万能性をとるならラインチゼル。少々高くても、簡単に失敗しない綺麗なスジボリ、というものをとるならBMCタガネといったところでしょうか。

ちなみに、BMCタガネは2mmとか凄く広いものもあって、これは使い勝手が異なってくると思うので、今回はあくまで「0.2mm」どうしでの感想です。

« 「ふたりでひとりぐらし、(ざら/芳文社)」2巻が発売中 | トップページ | ようやく部屋の床が見える状態に…… »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/65630049

この記事へのトラックバック一覧です: CGIクレオスの「Mr.ラインチゼル」とスジボリ堂の「BMCタガネ」を買ってみた:

« 「ふたりでひとりぐらし、(ざら/芳文社)」2巻が発売中 | トップページ | ようやく部屋の床が見える状態に…… »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31