ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 「キズも消える水アカシャンプー(ウィルソン)」を使ってみた | トップページ | 「写真集 BT-42突撃砲【完全版】(斎木伸生/イカロス出版)」入手しました »

2017年12月 3日 (日)

「不肖・秋山優花里の戦車映画講座(廣済堂)」を読む

「不肖・秋山優花里の戦車映画講座(廣済堂)」を読む。
戦車映画というより「戦車の出てくる映画」という括りで作品を集めた本。巻頭に最終章第1話の情報が入っている辺り、出版社側はわりと季節ものとして考えているような気がします。
ということですが。この本をどう捉えるかというのは非常に難しい。
まず、有名な戦車の出てくる戦争映画は押さえています。私のような「にわか」がぱっと思いつく有名どころは大丈夫です。当然、戦争映画でも、ヘリで有名だった「地獄の黙示録」のような映画は掲載されていません。
怪獣映画が結構出ています。桂利奈ちゃんも行っていましたが、怪獣映画の名脇役だからです。
一般映画でも戦車が出てくればOKなので、戦国自衛隊、野生の証明、ぼくらの七日間戦争などの角川映画も掲載されています。
しかし、個人的な見方として。「砂漠の鬼将軍」が掲載されているのに「砂漠の鼠」が掲載されていないのが腑に落ちんのです。作品としてDVDの解説には砂漠の鬼将軍の姉妹編と書かれているのに、同作品の項にも触れられていない。正直、怪獣映画や一般映画を載せるなら、この辺りの普通にアマゾンとかで検索して出てくる作品くらい載せるべきかと思うのだが……。(<英国第8軍&モンティファンによる超個人的な意見です)。
それはともかく。「戦車」に特化して解説されているため、出てくるのが本物の戦車か擬装戦車か等の情報が豊富で、一度見終わった作品をこの本片手に見ることによって新たな発見があるのではないかというオーディオコメンタリーのような面白さがあるのではないかと思う。……ガルパンのオーディオコメンタリーメンバー(日本有数のミリタリー専門家)による解説付きで過去の名作をシリーズ発売したら売れるのではないだろうか。特に著作権が切れた過去の白黒作品をコレで出したら面白いと思うんだけど。

ということで、どういった内容を求めているのかによってこの本の価値は相当変わってくるかと思いますが。ストレートに「各頁で秋山殿がコメントしているので買わねば、そして映画も見よう」という人なら買って損するということはないと思いますわ。

« 「キズも消える水アカシャンプー(ウィルソン)」を使ってみた | トップページ | 「写真集 BT-42突撃砲【完全版】(斎木伸生/イカロス出版)」入手しました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/66118305

この記事へのトラックバック一覧です: 「不肖・秋山優花里の戦車映画講座(廣済堂)」を読む:

« 「キズも消える水アカシャンプー(ウィルソン)」を使ってみた | トップページ | 「写真集 BT-42突撃砲【完全版】(斎木伸生/イカロス出版)」入手しました »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30