ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 天気が悪いと色々問題が起こる | トップページ | 「八十亀ちゃんかんさつにっき(安藤正基/一迅社)」を読む »

2018年5月13日 (日)

「月が導く異世界道中(木野コトラ/アルファポリス)」コミック版を読む

20180513_tuki

「月が導く異世界道中(木野コトラ/アルファポリス)」4巻まで発売中です。
原作はあずみ圭氏の小説。オンラインゲームのベースにもなっています。
ということで、アルファポリスのサイトで読めるのですが。最初の方を読んでいて非常に気に入っていたのですが、オンライン連載は見逃すことが多く、気がついたら4巻あたりまで話が進んでいて。「アルファポリスの単行本、高いんだよなー」と思いつつ、購入しました。
ということで。よくある異世界召喚ものですが。両親が向こうの世界の出身で、こちらの世界に来る時に大切なものを差し出すとの約束をしたということが発端になるのですが。向こうの世界の女神が美醜のみを基準としている為、普通の容姿の主人公は人間の言葉を話す恩恵も貰えず(他の種族とは話せる)、裸一貫での辺境に飛ばされることに。ただ、こちらの世界が神の恩恵少ない土地ということで、身体能力が上昇したのと。こちらの女神である月詠様が恩恵をくれたので、能力的にはチートなことになっています。
タイトルは、おそらく月詠様に由来しているのでしょう。
ということで、恵まれない主人公が辺境のオークの村から始まって、仲間を増やしながら成り上がるような話です。まー、勇者とかも召喚されていますが、コミック版では連載でようやく出てきたところ。ということで、主人公もとりあえずは世界の平和とかそういう核心部分に関われないまま、商人としてやっていくことになっています。お供も美人が二人ですが、中味は結構アレですし。異世界召喚ものも普通の設定では、もはやスタートにも立てないような数になってしまっていますが。その中でも、個人的には一番面白い作品かと思います。
ちなみに、ヒロインでは、日本美人さん担当の方の澪さんがお気に入りですが。まぁ、主人公がもったいないというか、さもありなんというか、アレなヒロインばかりなので世間一般ではどうなのか。
どちらにせよ、原作小説を読んでいないので、この後の展開がさっぱり読めず、楽しみな作品の一つです。

« 天気が悪いと色々問題が起こる | トップページ | 「八十亀ちゃんかんさつにっき(安藤正基/一迅社)」を読む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/66717306

この記事へのトラックバック一覧です: 「月が導く異世界道中(木野コトラ/アルファポリス)」コミック版を読む:

« 天気が悪いと色々問題が起こる | トップページ | 「八十亀ちゃんかんさつにっき(安藤正基/一迅社)」を読む »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31