ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

« 悪役プロレスラー養成機関「虎の穴」の恐怖 | トップページ | 「ヘヴィーオブジェクト 最も賢明な思考放棄 #予測不能の結末(鎌池和馬/KADOKAWA)」を読む »

2018年8月10日 (金)

暑かった話と透明ABSの脱色の話

今週は夏休み前ということで。やっておきたい仕事を全部片付けようと思ったら、ほとんど現場で肉体労働という辛い環境になった。おかげで、帰ってきてもすぐに落ちるし。
今日も、つもりに積もった試作品が、お上から「危険」認定されたので、倉庫から順番に整理してゴミ捨て場と往復していたら、足が死んでしまったわ。
今も、水分を取ると全部汗になってしまう(笑)。あと、頭が熱くて馬鹿になっている。

ちなみに、完全な肉体労働をしている時は、1時間働いて15分クーラーの効いた部屋で水分補給というくらいのペースでないと辛いです。これが、年のせいかはわかりません(笑)。

今週はセーラーの廉価ペンである「フローティミルク」のキャップをワイドハイターEXで脱色していました。透明樹脂は最悪「ポリカーボネイト」のような化学薬品に弱いものだと一発でお釈迦ということもありますから、試しに1本だけやってみて。効果がありそうだったので、全部やりました。
透明樹脂は光が通るため、化学反応が進みやすいのか、白い樹脂より簡単に「驚きの透明度」になりましたわ。飴色がかっている人はやる価値ありかも。ただし、最初にも書いたように透明樹脂は薬品によっては一発でひびだらけになったり、白化したり、ブヨブヨに溶けたりするので、一点物は避けて試しを必ず入れるようにしましょう。
あと、中古ものは透明のペン芯にカラーインクが染まってしまっていて。強アルカリ水に何日か漬けて、インクが落ちないかやってみましたが。すでに染みこんでしまっているようで、ある程度薄くはなりましたが、完全には無理なようです。この辺りは、プラスチックに塩ビが融着していくように中に入り込んでしまっていると思いますから、普通にはムリではないかと。……インク消しって効くのかなぁ?

« 悪役プロレスラー養成機関「虎の穴」の恐怖 | トップページ | 「ヘヴィーオブジェクト 最も賢明な思考放棄 #予測不能の結末(鎌池和馬/KADOKAWA)」を読む »

日々徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586276/67042688

この記事へのトラックバック一覧です: 暑かった話と透明ABSの脱色の話:

« 悪役プロレスラー養成機関「虎の穴」の恐怖 | トップページ | 「ヘヴィーオブジェクト 最も賢明な思考放棄 #予測不能の結末(鎌池和馬/KADOKAWA)」を読む »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31