ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

アニメ・コミック

2019年1月19日 (土)

「エイジ'87(上山道郎/少年画報社)」1巻が発売中

でかい本の問題は、値段より置き場所です。ニンジャスレイヤーが下火になったのは、みんな、あのパルプ系の紙のせいででかくて厚い本を置く場所がなくなったからだと思います(少なくとも、私はとても困った)。全てを文庫に!

20190119_eig

「エイジ'87(上山道郎/少年画報社)」1巻が発売中です。
高校の頃の記憶に欠落がある漫画家、須黒野48歳。しかし、事故をきっかけに17歳の自分に戻ってしまう。そして、少しずつ戻ってきた記憶によると、当時、彼女がいたのだが、どうやら……。
ということで、SFあるあるのひとつ、時間巻き戻し話です。
この手の話では、いかに過去を変えないように努力するか、逆に過去の問題を取り除く為に改変するか、ということですが。主人公は積極的に過去を改変することによって、問題を取り除いていこうとします。
ということで、1巻ではそれなりに上手くいっているような感じです。しかも、一気にリア充です。本来の歴史でもリア充だったようですが、それが失われてしまう。それを回避できるのか。
正直、この本は買うかどうか迷ったのですよ。なんせ、私は上山先生と年が近いので、時代設定とかあまりにリアルで(笑)。しかし、自分は記憶欠落していませんが、高校時代はクラスに男しか居なかったし、リア充とはほど遠いわけで。読んでいる最中は引き込まれましたが。こうして書いていると、なんかむなしいです(笑)。
それなりに楽しかったとは思いますがね。あと、リア充になれるかどうかの分岐点は確かに存在したと思います。ただ、その時には見えていないだけです(笑)。
あと、勉強はいくら答えがわかっていても、高校の内容ともなると膨大すぎて覚えられる自信がありません(笑)。あんなのもう一度やれるかと。いや、あの頃の頭なら出来るのかなぁ。確かに「新規開発」なんて難題に比べれば、手を動かすことで答えが出ることが「わかっている」問題の難易度があまりにも低いことはわかっているんですがね(というか、同じようなことを自分もよく言うし)。

まー、そんなわけで、1987年と学生時代を思い出しつつ、主人公を応援したいと思います。ここまできて、悲劇で終わるストーリーなんて見たくないからね。しかし、1巻の引きは過去が変えられることと、このストーリーの不安定さの両方を提示していて、結構怖いんですが。

2019年1月 4日 (金)

「女子大生の日常(津々巳あや/KADOKAWA)」全4巻を読む

昨年末の「明×暗SCRAMBLE(津々巳あや/KADOKAWA)」全4巻が面白かったので、津々巳先生の作品を読んでます。

20190104_jn

ということで「女子大生の日常(津々巳あや/KADOKAWA)」全4巻を読む。
大学に入った主人公が、家庭教師のアルバイトをしようと「家庭教師サークル」を訪れると、そこに居た二人(男嫌いと子ども嫌い)は「家庭教師になるための訓練」をしていた……。
ということで、コテコテのギャグ漫画です。
主人公のカレンが常識を凌駕した性格である為に、全体として妙にシュールな感じになっていますし。残りの人間も多かれ少なかれ変人なので「基本的に妙な話」ばかりになっています。
一応大学が「教育大学」ということでそっち系の話もありますし。作者の人の家庭教師経験談もあるのですが。最終的に、家庭教師をやる話にならないところがこの本の一番凄いところかもしれません(笑)。
ちなみに、どうも私は津々巳先生の「暴走する脇役」が好みらしく、この作品では香川麻利亜ちゃんが好みですが、作中では常識人であるにも関わらず、主人公大好きなどMですが(笑)。
ということで、難しいこと考えずに楽しめる作品なので、誰にでもお勧めできるかと。

2019年1月 2日 (水)

「A.O.Z. RE-BOOT GUNDAM INLE ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-(藤岡建機/KADOKAWA)」発売中

皆様明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
ということで、今日は工作したり……昨日と大して変わらないですなー。

20190101_aoz1

「A.O.Z. RE-BOOT GUNDAM INLE ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-(藤岡建機/KADOKAWA)」が発売中です。
昨年末の発売でしたが。予定通り発売されていました。……WEB連載は知っていましたが、不定期になっていたので藤岡建機先生の単行本が読めること自体に感動してしまいました(笑)。
この作品は。今は亡き電撃ホビーマガジンの看板コンテンツであった「Advanced of Z」の続編になります。前作はティターンズの実験部隊がガンダムなんかの試験をしていたんだけど、段々凶悪な可変MSの試験やらをやりつつグリプス戦争に巻き込まれていき……という戦中編と、最終戦でのガンダムの放棄に関する軍事裁判を行う戦後編に分かれていて。戦中編は当時のムックとか漫画版、戦後編は小説版に収録されてます。
ということで、藤岡先生的にはメカデザインとマーキングデザインなんかをやっていましたが。Zの可変MS、MAを既製のMSに落とし込んだり、ドラムフレームで新しい可変機構にまとめたりして。最終的に出てきたTR-6はもはや、可変というよりブロック組み立てのような奇妙な物になっていました。しかし、最近ではプレバン限定で、ついにTR-6「ウーンドウォート」が発売されたりして、ファンの間で盛り上がっておりましたが。
閑話休題。
そのTR-6に付けられるだけ色々くっつけた化け物が、タイトルにある「インレ」です。
この作品は、火星を舞台に、ティターンズの残党が持ち込んだTR-6やザビ家の末裔と言われるアリシア・ザビを中心とした物語です。公式外伝なので、映像化されていないけど「公式」です。最近の色々な宇宙世紀の続編が出てきていますが、この作品も負けていないので、要注意です。
そして、最初に発表された電撃ホビーマガジン2014年6月号からWEB連載までしばらく読んでいたのですが……私が知っている部分は単行本にまったくは入っておりません(笑)。
ジオンマーズVSレジオンということで、ジオンマーズの艦隊にレジオン側のインレが立ち向かうという話になっています。
所々に象徴的に出てくる部分は、収録された短編「OVER THE MIND」に直結する感じです。この非常に切ない短編は、大昔にガンダムAに掲載されたものですが、ようやく単行本収録です。大変切ない話ですが、メカとしてのTR計画と対極にある強化人間絡みの話で。これが単行本に収録されたことにより、ぼかされていた続きが……。
全体的にはジャイブの崩壊と共にお蔵入りになった「DOLL MASTER -彷徨の六花-」なんかにも通じるところがあって。2巻が出て、全貌がわかるようになるのを期待しています。っていうか、りんたろう以外で単行本の2巻が出るのは初めてだと思うので、凄く期待です。というか、バンバン売れて「DOLL MASTERシリーズ」が角川から再版されることを期待したいので、バンバン売れて欲しいところです。
設定画なんかも、もっと大きくてクリアな印刷で見たいので(面構成が複雑すぎて読み取りにくい)、バンバン売れて欲しいところです(笑)。

2018年12月29日 (土)

「明×暗SCRAMBLE(津々巳あや/KADOKAWA)」全4巻、読みました

20181228_ma

「明×暗SCRAMBLE(津々巳あや/KADOKAWA)」全4巻、読みました。
私にしては珍しい、ホラーサスペンスです。作者の人もどっちかというとコメディが上手い人で、ホラーだけど、作品全体の雰囲気は暗くならないようになっています。
角川のサイトで無料公開の最初の方を読んで続きを読みたくなったという、まんまとやられています。
主人公は、事故で家族全員が亡くなった少年。祖母の勤める山奥の学校へ転校になるのだが、なぜか女子校だった為に女装して乗り込むことに。しかし、キャッキャウフフな学園生活は、そこが既に廃校で、生徒は亡霊で、おまけに化け物が出現して……。
ということで、カワイイ女の子は沢山出てくるし、対魔的なものもあるし、盛り沢山です。作品は全体的に面白いんですけど、やはり、人の「死」が主題になっているので、悲しく、切ない展開になります。そのあたりの展開バランスが微妙で、人によってはこの作品をコメディだと思うかもしれません。少なくとも、1巻の貞子コラボ漫画はギャグですし。
そんな感じで、かわいくて楽しい作品という面を見るといいんですけど、やっぱ、切ないんですよねー話的には。そのあたりの耐性がある人には面白いかと。

2018年12月28日 (金)

「因幡的二十四節記(のい/ツキミランタン)」を読む

今年は冬休みが長いので、超嬉しい。もう、会社に行きたくねぇ<いつもだよ。

20181228_in

「因幡的二十四節記(のい/ツキミランタン)」を読む。
ちょっと読むのが遅くなりましたが、秋の例大祭の薄い本ですね。因幡てゐが二十四節季に合わせて日記を書いた、という感じの絵物語→絵日記風の作品です。
てゐというと、いたずら者としての面がクローズアップされすぎて、薄い本では暴走していることが多いのですが(というか、公式設定でも嘘吐きの詐欺師扱いですが)。この本では、そういったアレな面も見せつつ、かわいい妖怪兎な面が前面に出ていて非常に良い感じです。文章の方も、そのあたりのバランスが良い感じです。
そう、かわいいは正義なのです。たとえ、古事記に出てくるくらい昔から生きているロリババアどころじゃない妖怪ですが、日本人はウサギに悪いイメージを持っていませんからねぇ。
季節毎のかわいいてゐを見られるというのは、なかなか貴重なのかも。

2018年12月24日 (月)

「SSSS.GRIDMAN」を一気見

「SSSS.GRIDMAN」を一気見した。
まごう事なきグリッドマンだったけど。ラストはアレで良かったのか。というか、彼女はホントに救われたのだろうか。昔のグリッドマンとの設定の違いが、ラストシーンでの強烈に突きつけられたような気がする。
その辺り、円盤付録の新規ドラマで語られるのか、さらっと流されるのか。
ネットの解釈をいろいろ読んでいると、全体的に中と外の区別について、ストーリーの中で語られているだけではないようなので、そのあたり、今後の展開が気になるかも。
12話はドラマを語るには短いよなぁ。
しかし、まだ若手だった頃の緑川光さんが声をやっているということ以外忘れ去られていたようなグリッドマンが、こんな形でブームになるとは、世の中わからないものだねぇ。

ちなみに、この作品で一番気に入ったのは「怪獣少女 アノシラス(2代目)」ですわ(笑)。
アノシラス自体のデザインも好きですが、ソフビが高騰していた笑った。

2018年12月23日 (日)

「6代目日ペンの美子ちゃん(服部昇大/一迅社)」を読む

20181223_nm1

「6代目日ペンの美子ちゃん(服部昇大/一迅社)」を読む。
6代目にして、初単行本化です。
6代目の服部さんの凄いところは、パロディの方からの出身ということで(最近多いですね)、絵が初代の美子ちゃんに似ているのですよね。実際に比べてみると、似ているというより、当時の少女漫画風のタッチという感じなのですが。それでも、ぱっと見て美子ちゃんとわかるのは読んでいてよろしいです。
内容は、いつもの日ペンの宣伝漫画なのですが。過去作品のオマージュとして時事ネタなどを取り入れつつ、いつもの「9コマで日ペンの宣伝に持ち込む」をやっています。とはいえ、日ペンのテキスト自体も大分変わってきたのか、「バインダー形式」とかのお約束の部分もなくなり、結構くだけた感じになっています。
ヤングジャンプ出張版も入ってお得な感じですが、「1巻」という文字がないので、是非次も出して欲しいところです。
っていうか、過去の原稿が残っているなら、是非とも過去作品の単行本化をお願いしたいところです。是非とも。

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(matoba/スクウェア・エニックス)」9巻が発売中です

20181222_bm9

「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(matoba/スクウェア・エニックス)」9巻が発売中です。
今回は限定版があるっていうのを知らなかったのですが、本屋さんでぱっと目について良かったですわ。限限定版のミニカラー画集はコメントもよいですが(今回、本編の方にミュリンくんのコーナーないし……)1話や6話の色味とか、いい紙使っているからか、淡い色が非常に綺麗に出ています。っていうか、はやくちゃんとした画集を出して欲しいところです。

ということで本編ですが。今回は、予告通りにエウリノームさんの話(シェムハザの話かもしれない)とか、さっちゃんの話とか、ごっちんの話とか、わりとサブヒロインにスポットの当たった話が多いです。ただ、ごっちんの話とか凄くいい感じなのに。エウリノームさんの話が切なすぎて(笑)……シェムハザは個人的に微妙なキャラなのですが、今回ばっかりはあまりにも悲しすぎるかと。
あと、新キャラでマルコシアスが出てきますが、なぜか天使側になってます。堕天しなかったのかな。この時の閣下のもふみに対する執念が尋常でないので、そっちばかりが印象に(笑)。
あと、閣下のストッキングが今回一番の問題ではないかと……(笑)。

2018年12月18日 (火)

「銀河鉄道999アルティメットジャーニー(島崎譲/秋田書店)」1巻が発売中

20181216_9991

「銀河鉄道999アルティメットジャーニー(島崎譲/秋田書店)」1巻が発売中です。
さて、連載途中で止まっている「銀河鉄道999エターナル編」のリメイク……ではなく、パラレルなストーリーだそうです。エターナル編の続きは、松本御大が自ら描くそうです。……まず、ジークフリートを完結させて単行本を出して下さい(笑)。っていうか、もう、作画は若い人に任せて、原作でバンバンストーリーを発表して欲しいのですが……。
ということで、大雑把には原作の続きになっているエターナル編と違って、さよなら劇場版銀河鉄道999の続きに当たるようで、機械化惑星メーテルと大アンドロメダが滅んだ後で、設定的にもプロメシュームはラーメタルを追われたことになっています(ラーメタルが機械化する話は個人的にも好きではないので、こちらの方が良いかと。しかし、ラーメタルを追われた後に機械化して狂ってしまうとすると、プロメシューム=雪野弥生が追われるって、ラーメタルで何があったのやら。ラーレラさんもいるのに。そっちの方が気になるわ)。
ということで、鉄郎は拘束されることなく、地球で機械化人の診療所手伝いをしていましたが。エメラルダスにそそのかされ、999に乗ってメーテルを探しに行きます。
ガジェット的な要素はエターナル編に準じていて、999にはクレアさんやカノンがいますし。メタノイドの侵攻や惑星ディスティニーとレイラさんとか空間警備隊とか出てきます。
まー、正直、ヘル・マザリアあたりで早くも原作エターナル編の設定は使い切ってしまうので、2巻からの展開に期待です。というか、雑誌の方から漏れ聞こえてくる話によると、松本世界でもなかなか登場させて貰えなかったオーロラ姫が登場するみたいですが……。

2018年12月16日 (日)

「キャプテンハーロック 次元航海(嶋星光壱/秋田書店)」9巻が発売中

ここのところいいことなしで、寒いわ疲れているわでサボりグセが出ておりましたが。書かないといけないですな。

20181216_ch9

「キャプテンハーロック 次元航海(嶋星光壱/秋田書店)」9巻が発売中です。
さて、9巻目に於いて、惑星ヘビーメルダーでのラフレシアとの邂逅=原作5巻ラスト=中断部分までが描かれることになりました。
その前にも、ミーメによるニーベルング族の設定やらマユとエメラルダスの再会(ネグレクト疑惑の払拭?)など、原作にないこの世界の話題が目白押しです。
あと、原作では死亡ルートだった人たちが生き残って仲間になっていますので、そちらがどんな変化をもたらすのか、期待するところです。
それはいいのですが、キリタくんが伏線みたいなことをやたらつぶやいています。ガイアフリートやウォーリアスやらの動きは、既に連載の方では明らかになっているようですが。果たして、この話は次元航海で完結するのか。それとも、何かもっと壮大な話に繋がっていくのか。
大元の松本先生の動きが読めないのでわかりませんが、ここまで色々出しておいて、ここで終わりというのはもったいないので。是非とも、マゾーン編の終わった後も続けて貰いたいところです。
さて、オリジナルでは時代が前になる無限軌道SSXをベースにするのか、大ヤマトの方なのか、はたまた、中断作品ということでニーベルングの指輪の続きをやるのか、何にせよネタは多いので期待は大きいです(でも、アルティメットジャーニーと被らないようにするのが大変だよな)。

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31