ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

アニメ・コミック

2017年4月28日 (金)

「ウサギさんチーム、まだまだ訓練中!」を聞いたり、ガルパンコンサートを回想したり

眠くて死ぬかと思った。

今、「ウサギさんチーム、まだまだ訓練中!」を聞きながら書いていますが。ウサギさんラジオは結構長いこと聞いていた上に。こないだの海楽フェスタから長いことカーステレオでラジオCDを流していたので、CD4枚目が終わったあと、少し寂しかったんですよね。ウサギさんロス……と書くと、中里さんのことのようですが、そんな感じでしたので。
では、新たにラジオが始まってどう思ったかと言えば。「あー、いつものラジオだなぁ」という感じで。安心して聞けました(笑)。もう、皆さんラジオのしゃべりがしっかり出来るようになっていて、自然に聴けてしまうのですよね。とりあえず、初回は5人ラジオでしたから、一人一人の個性が出る今後の通常回に期待。
ちなみに、このラジオを聞くようになって、竹内仁美さんのファンになりました(いつもプレイしている「うち姫では、竹内さんの役は変態なんだが……)。

ところで、カーステですが。ラジオCDのあとはドラマCDを聞いて、その次がオーケストラコンサートのCDだったのですが。実際にオーケストラコンサートに行ったときのことは前にも書きましたが。環境ノイズが少なく、臨場感はあっても、意外とCDでBGMを聞くのと差が少ないかと思ったのですが。こうして改めて聞いてみると、ストリングス中心の編成になっているために、かなり感じが違っていて、実際、アルバムの最初で「サントラではなくコンサートのCD」だとすぐに気がつきました。やっぱり、あのスクリーンを見ながらの鑑賞だと、耳がダマされるのでしょうか。細かいアレンジとか、楽器の編成の差が結構大きいので。実は、コンサートに行く前にサントラを聞き込んでいた方が良かったのか?と思ったり。
こういう、元々が生楽器のサントラの場合差別化が難しいのかなぁ、と思ったり。まぁ、マーチといえばブラス!というのもありますから、ブラスメインとストリングスメインでの違いをもっと感じるはずなのでしょうが。

ところで、劇場版といえば。
シネシティザートで6月から再上映だけど、コレといって音響とか設備が変わっているわけではないから、わざわざ遠くまで行くほどでは。それなら、こないだまでULTRAでやっていた茶屋へ行った方が良かっただろうけど……それより、自分の家の環境をアップデートしたいところ。アンプを買うか、逆にヘッドホンに行ってみるか?

2017年4月23日 (日)

「ストライクウィッチーズ operation victory arrow」3作品まとめて見ました

眠くて全く仕事になりません。平日の生活習慣を改善しないとどうしようもないのだろう→やれよ!

というわけで「ストライクウィッチーズ operation victory arrow」3作品まとめて見ました。
時系列としてストライクウィッチーズ2と劇場版を繋ぐように3つの地方に分けて、元501部隊のウィッチの活躍を描く、と言うことですが。
よく、ラジオでネタにされていましたが。この時点で魔法力を失っている扶桑組はともかく。スオムス-オラーシャ組のメイン回がありません(笑)。これは、次回作がブレイブウィッチーズと決まっていたからでしょうが。
それはともかく、やはり正味30分のTVフォーマットでは、物足りないというのが本音ですね。3本見ても、実質本編は60~70分と思われますから、1キャラクターあたりの出番で考えると残念なことになるのかと。
それでも、1巻はウルスラとハルトマンの活躍が目を引きましたし。お姉ちゃんのディアンドル姿での奮闘も良かったです。しかし、バルクホルン大尉ってもう少し胸があるイメージだったんだが……。
2巻はペットゲンさんがアニメに登場ということで満足でした(笑)。アフリカ組のアニメやってくれないかなぁ。
3巻はTVのペリーヌさんから劇場版の綺麗なペリーヌさんへと変わっていくところですな。リネットさんが天使のようで、素晴らしいです。なんか、普段は黒リーネさんばかり見ている気がして、リーネさんを見失ってしまいそうです。アメリーさんも含めて、フランス組はほっこりしますな。
ということですが。1本をTV2本分、本編40分で作ってくれたら、もう少し余裕のある描写で面白かっただろうにナー、と思うと残念です。

ガルパン最終章が1本40分の本編を予定しているというのは、良いバランスなのかも。

「猫瞽女―ネコゴゼ―(宇河弘樹/少年画報社)」4巻完結

「猫瞽女―ネコゴゼ―(宇河弘樹/少年画報社)」4巻完結です。
3巻の夜梅の過去が壮絶すぎてかなり引いていましたが。今回は完全にアクション巨編になっています。で、この手の「革命」テーマものとしては、んなりの大団円になっています。
ということで、敵は世界を赤化革命で染めようとする輩。対するは、ロシア皇帝を戴くローカル秘密結社。……日本は第二次世界大戦後にソ連に占領されている設定なのに、なぜかロシアの代理戦争になっています(笑)。主役の一方である鶯は秘密結社側ですが、もう一方の夜梅は単純に革命反対派。そして、日本政府のバックにはアメリカ。作品の背景の複雑さに反して話は凄い速さで進んでいくので、逆に、そのあたりを意識しなくても良いのが良かったのかもしれません。
もう、赤化革命自体のパロディ感が酷いですが、実際には、現在の日本の情勢が「逆に」コレに近くなっていて、笑えないなぁと思います。手段が目的に成り代わっている赤化革命自体が今の日本で受け入れられないものとして漫画のネタになっているのに。それが現実に近いとか(笑)。60年代には日本のインテリ学生層が、この作品のようなアジ演説で簡単に洗脳されていたわけですが。既に「暴力革命」自体の非を認めてしまい、資本主義の究極の幻影であるバブル期に学生時代を送った我々の世代にとっては、そういった考え方自体がフィクションであり、受け付けないものなんですよねぇ。正直、よくわからん。コレ、本当にアンポの時代の人間だけで、その上もしたもそういう感じの人に会ったことがないんですよね。まー、うちの学校にも昔はゲバ棒とか持って立っている人がいましたが。東大とか最高学府の人間が率先して染まっていた(今でも京大とかソレっぽいですが)ものですが、今は大分反対方向になっていますな。
ということで、徹底的にパロディ化しているものの「赤化革命」自体が「暴力」を内包していることとか、ネタ自体は非常にリアルなものなので「笑えねぇなぁ」というところもあります。秘密結社側も共感できるところはなく、実際、この後はそちら側の総本山とやり合う予定があったように見受けられますが。
そんなこととは関わりなく、鶯がかわいいので、ハッピーエンドで終わったことは大変評価できると思います<ここ、最も重要。

しかし、こういうものを読むと、自分たちは骨の髄まで資本主義の犬だと思わされますなぁ。思想云々というより、生き方を変えられないというものが、人にはあるのかもしれません。

2017年4月21日 (金)

「ストライクウィッチーズ operation victory arrow」を入手

ということで。「ストライクウィッチーズ operation victory arrow」を入手したので、これから見ます。boxにまとまらないかなー、と思っていたら。全部まとめてbox化されてしまったので、いくらなんでも全部買い直すのはナー、ということで。まぁ、最近はお安くなっていますので、バラで買いました。
「ストライクウィッチーズ」関連は、映像の円盤と書籍は買っていますが、CD関係が殆どないので。どうしようかと思うときがありますが、ドラマ系が限定が多くて手を出せないとかなんとかかんとか(笑)。

2017年4月17日 (月)

「アンと教授の歴史時計(もとなおこ/秋田書店)」2巻が発売中

今日は、その辺に固めてあったカタログの整理をしていた。意外とかさばるもので、整理するのも大変だが。クリアファイルに全部入れるとまともな形状にならないのがむかつく。7割くらいにしておかないと、閉じられないし。

「アンと教授の歴史時計(もとなおこ/秋田書店)」2巻が発売中です。
天界の死すべき運命を狂わせて人を殺す黒妖犬によって命を落とした主人公が、相棒の猫と共に過去に行って黒妖犬に心を蝕まれた人を救う、というような感じの歴史物ですな。
歴史上の有名人物を助ける、という展開はタイムパトロールもののパターンですが。この作品はファンタジーとSFの中間を行くような、ある意味スチームパンク的な設定になっています。
ちなみに、過去へ飛ぶシステムはウェルズのタイムマシーンで、タイトルの教授はウェルズのひ孫だったりします。
ということですが、中味は主人公のアンと教授の少女漫画的な要素が組み込まれていたり、最初に彼女が担当したチャーチルが、要所を押さえていたり、タイムパラドックス的な物があったり、なかなか複雑で面白い作品になっています。
作者得意の英国の歴史話が、1エピソード毎に人物やガジェットについて語られるのが一番の要素かと思いますが。
個々のエピソードは短編程度なので、どの要素を重視して読むかによって、評価が変わってくるかもしれませんな。

2017年4月16日 (日)

「巴マミの平凡な日常(あらたまい/芳文社)」4巻が発売中

「巴マミの平凡な日常(あらたまい/芳文社)」4巻が発売中です。
31才になっても一人だけ結婚できないマミさんの生活日記ですが。ビールばっかり飲んでいる割には、さほどプロポーションが崩れたわけでもなく。どうしてもてないんでしょうねぇ。
ちなみに、掲載されている第26話は、1話丸々仕事の愚痴だけの話で。社会人なら、誰もが心を打ち砕かれるでしょうし。学生は、これが漫画の話だと信じて笑い飛ばすのでしょう。現実は、こんなもんじゃねぇ。
あと、ソウルジェムにまつわる、まどマギらしい話も入ってます。

それはともかく。こないだ女性の先輩に「マミさんみたいな人がいたら、すぐにも嫁に貰うのに」と言ったら「こういう人、その辺にゴロゴロいるよ、多分」と返されました。人は出会わないように出来ているのでしょうか?(<生活習慣はともかく、マミさんみたいな美人はなかなかいないと思いますが……30過ぎてもロールのツインテールでもOKです(笑))

2017年4月11日 (火)

改めて「ギレン暗殺計画(ArkPerformance/KADOKAWA)」を読み始める

「ジョニーライデンの帰還(ArkPerformance/KADOKAWA)」の登場人物が多岐にわたりすぎて分からなくなってきたので。「ギレン暗殺計画(ArkPerformance/KADOKAWA)」から読み直してみているけど。見事におっさんばっかりだな(笑)。
しかし、「ギレン~」も細かい台詞とかがネタの宝庫になっているけど、その中で伏線になっているような(>つまり、本編にて描かれそうな)かんじのもので、そのまま忘れられているものも結構あるような印象なので。この後の展開で、まさかの~というのがあるのだろうか?

しかし、キリシアさん、本当に年の割に老けて見えるなぁ。オリジンでの子供の頃の描写だと、典型的なアングロサクソン系安彦子供デザインなのに。どうしてそうなった?
というか、その系列だと、アニメ版ヴィナス戦記のスゥとか、あと数年でキシリアになっちゃうのか?(笑)。

2017年4月 8日 (土)

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」全50話、見終わり

いくら寝ても寝足りない(気がする)。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」全50話、見終わりました。というか、瀬名のアニキのエピソードで止まっていたので、残りの10話を一気に見ました。
ということですが、なんか、最初に思っていたとおりのラストになってしまい、ちょっとばかり残念です。

以下、【ネタバレ】アリで行きます。

子供達ばかりで、軍事的問題に絡んで生き残れるとは思っていませんでしたが。第1期は、大人達の組織に上手いこと食い込んで、立ち位置を確保できたかと思ってました。
しかし、途中で「火星の王」とか言い始めたあたりから、明らかにおかしいことに鉄華団の誰もが気がついていなかったことに大きな問題があった。オルガは「社長」としての器はあったと思うけど。それでも、自分たちが統治のてっぺんに立つようなことを夢想してはいけなかった。それは、出来るはずのないことであり。みんなが平和な仕事で食っていけるようになる、という当初の目的と全く違う方向であることに誰も気がつかなかったのは、やっぱり間違いである。
つまるところ、1期で早々とビスケットを殺してしまったのは、鉄華団から思考能力を削ぐためだった、という物語上の問題なのかと。
そして、もうひとつの問題点はマクギリスが思ったよりも馬鹿だったこと。その過去が思っていた以上に悲惨で、かつ、後ろ盾のないものだったことはびっくりでしたが。それでも、革命を起こすからには、しっかりと地固めしているのかと思っていましたが。単純に「シンボルを手に入れればみんなが従ってくれる」と思っていたとしたら、大馬鹿者ですな。少なくとも自分たちの戦力で敵と戦えるだけの所まで根回ししておかなければいけないのに。かつ、相手が禁忌とされるほどの武器を多数揃えていることを知りながら、放置しているとか。てっきり、事を起こしたら一気に形勢逆転できる程度の地固めをしていると思っていたのに、ガッカリだよ。
その程度の人間に乗ってしまったのがオルガの失敗だけれど、そういった政治の世界を知らずに、単なる戦争屋の下っ端だった子供達が「トップを狙える」と錯覚させてしまったのは、周りに諫めるべき大人達がいなかったせいというか。誰もがオルガに頼りすぎていた代償なのかと。

最後に全滅っていうのは、作品が軍事的要素(というか、傭兵稼業の会社組織)ではなく、ヤクザ設定になった時点で決まっていたのだろうし。マッキーにしろ、瀬名にしろ、オルガにしろ、クーデリアにしろ、2期以降、あまりにも「危機感のない軽率な行動を取り過ぎ」であり、なんか、ラスタルの手の上で「誘導されるがままにやられまくった」としか思えないんだよなぁ。もう少し言うと、脚本家と監督に嵌められた感があるんですが。特にマッキー。鉄火団全滅が既定路線ならば、マクギリスの革命は成功するはずだったのでは?(そして、最後に鉄華団は裏切られる)。
アルミリアが可哀想だろうが。

という感じですが。ラストの生き残りをもう少し多くしても良かったのではないかという気もしますが、そこへ行くまでに、あまりにも道を狭くしすぎていて、どうしようもなかった、というのが悲しいですわ。もう少し、何とか言うストーリーラインが作れなかったのか?というのは思いますな。地球支部を解散したあたりで、オルガが反省すれば、全く違った展開になったと思うだけに……。

2017年4月 2日 (日)

「ロウきゅーぶ!(たかみ裕紀/KADOKAWA)」12巻で完結

よく寝た。この状態が1週間続けば、普通に生活が出来るのになぁ(笑)<早寝しろ。

「ロウきゅーぶ!(たかみ裕紀/KADOKAWA)」12巻で完結しました。
ということで、割と熱血菜バスケット漫画も終わりです。最終巻は、ほぼ試合描写でしたから、普通にスポーツ漫画にしか見えませんな。
コミカライズとはいえ、今後に続くような感じの良いラストでした。すばるんともっかんの関係性とか。小学校高学年と高校生という取り合わせは、ピエロの魔法少女物のような感じですが、90年代の事件の前後で意味合いが変わってしまったかなーと思いますが。その辺の、女の子から見た「憧れ」的な物が、単純にこのくらいのバランスなのかなー、というのは面白いところです。
バランス的には、5年生の描写がもうちょっとあったらなーと思いましたが。構成的に無理なので仕方ないわなー、という感じですかねー。
これで、ロウきゅーぶ!の展開も終わりかと思うと残念ですが。たかみ先生の次回作に期待です。

2017年3月26日 (日)

海楽フェスタ・夜

あと2、3日休みたい~

つづき。
大洗ホテルの夕食は半バイキング形式なので、ちょっとしたお造りとあんこう鍋がテーブルの上に乗っていて、あとは好きなものを持ってきて食べるという形式。バイキングのテーブルも充実していて、あと20才若かったら食べ尽くしたいところであったが(<実は私の場合、20年前より今の方が食べる量が多いのだが)、まあ、年寄り3人だったので、まったり食べて飲んでました。
で、私は早々にデザートに突貫して、いろんなものをちょっとずつ食べまくり、アイスも全種取ってきたりしていましたが。花火大会も見に行きたかったので、食べるのに夢中な二人を残して先に出ることに。
やっぱ、夕食1時間ではボリューム的に無理で、最低でも1時間半~2時間見ておきたいところ。ということで、ホテルを出てすぐに、花火が見られる状態。結構急いで行きましたが、大洗ホテルから徒歩でマリンタワーというのは、やはり結構あるので。競歩でも10分では無理でしたな。
会場は既に満員状態で、一番後ろは花火にマリンタワーが被る位置でしたが。逆に、あんまり周りを気にせずに写真撮影が可能に。一眼レフと三脚を持って行くか最後まで迷ったのですが、Qで吶喊。ミラーレスでの撮影は初めてということで、設定を直しながらの試行錯誤でしたが。首三脚(首にかけたストラップをぴんと張って、腕と首とでカメラを支える、ミラーレス独特の構え)と手ぶれ補正のおかげで、2秒までならなんとかなるということで、思ったよりちゃんと撮影できました。ただ、長時間露光をやると、急激に電池を消耗します(笑)。やっぱり、花火は一眼レフですな。
で、会場では声優さんによる花火名の読み上げがあり。最後はステージで、感想の後、いつものパンツァー・フォーで締めでした。
このあと、既に足がボロボロで(左足の親指の爪が半分酷いアザ、中指は出血、左膝は仕事で壊していて曲げると痛く、左足の股関節はこの日の無理で痛む状態)、帰るのが面倒でしたが、その辺で寝たら確実に風邪を引く気温でしたから、ボチボチ帰りました。
ちなみに、I氏は昼間の家庭労働で疲れたということで部屋で花火を見ていて。双葉君は大浴場で最後まで見ていたということでした。まぁ、ステージに興味がなければ、そちらが正解ですな(笑)。
ということで、帰ってから私も風呂を浴び、疲れたのでとっとと寝ました。
次の日の朝は、いつもなら磯前神社にお参りに行くところでしたが。私は足が痛くて棄権。双葉君だけが元気にお参りしておりました。そのあと、バイキングでがっつり食べ。そのまま帰宅。殆ど渋滞もなく、さっさと帰れましたが。I氏の車は、やはりダメで、走り始めてすぐに止まってしまい、JAFのお世話になったそうです。これは、きっと綾乃小路の呪いでしょうから、彼に色々してもらって下さい。

ということで、海楽フェスタでしたが。相変わらずの人出で、いつもの年のあんこう祭りくらい混んでしましたから、ホントに人気の落ちないことです。ただ、イベントの殆どが屋外で、分散されたために、あんこう祭りの時のような「人多すぎてどこにも行きたくない」状態にならなかったのは僥倖でした。
しかし、この様子だと、今年のあんこう祭りも大変なことになりそうです。こころしていかないといけませんな。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック