ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

音楽

2016年7月15日 (金)

反戦プロパガンダの恐怖

まー、戦車好きとしては戦争映画なども観たりするのですが。戦争映画といってもエンタテイメントに徹した愉快なものから、やたらと悲劇性を前面に出したモノ(日本映画に多くて、見ると気が重くなる)まで色々あります。基本的に、戦争なんてろくなもんじゃないですから、人が死ぬのは当たり前ですし、悲劇を描いて平和を訴えるのも当然かと思います。しかし、そんな中でも、最高にアレな気分になるのが「ジョニーは戦場へ行った(Johnny Got His Gun)」である。
まー有名な作品なので解説するほどのこともないかと思いますが、WWIに出兵して砲撃で塹壕に生き埋めになった兵士が顔をえぐられ、壊死した手足を切り取られて、五感を失い、過去や現在を妄想したり、頭を振ってモールスしたり、そして、周りは……というような見た人みんなトラウマという話です。小説(未読)、映画共に作者はローマの休日なんかも描いた有名人ですが、共産主義者で逮捕されたり本名で執筆できなくなったりしており、小説も戦争が起こるたびに発禁になったりしています。つまるところ、プロパガンダ映画なのですが。個人的に、こういった「人の生理的嫌悪感」に訴えるような作品は好きではありません。作中のアレな性描写もキリスト教圏の人間に対する嫌悪感のようなものを煽る目的ではないかと思ってしまいます。戦争の悲劇を描くというより、「戦争に行ったら、こんなになってしまうぞ。怖いだろう」という方が強くなってしまう気がします。先日行われた参院選挙では学生にも参政権が与えられましたが、公平であるべき学校で反戦プロパガンダ映像を延々見せられたという恐るべき洗脳に関するニュースもあって、そういう意味でも嫌な感じです。

日本人としては、この小説より10年も前に「芋虫(江戸川乱歩)」が発表されており。こちらも同様の戦争犠牲者が出てくるものの。彼と彼の妻により、戦争に関わった者の狂気が描かれており、もっとずっと醜悪で、それゆえにストーリーとしての完成度はこちらが上のような気がします。そして、どちらも「そんな姿になっても、人は意志を持っている」ことが語られますが、その事実が読んだ人に突きつけてくる事実のレベルがかなり異なるような気がします。まー、「ジョニー」の主人公が世間的にも名の知れぬ若者であり、「芋虫」の主人公(実際の主人公は彼の妻)が士官で「その姿になっても凱旋」という差も大きいのかもしれませんが。それよりもやはり「通俗小説」としてろくでもない小説を書いてばかりいた江戸川乱歩と、政治的思想が凝り固まっている(と私が偏見を持っている)人間との差のように感じてしまうのです。

ちなみにこの題名、「ジョニーよ銃を執れ」(Johnny, get your gun)という南北戦争の頃から米国で兵士募集に使われていた宣伝文句に対する皮肉だそうですが。彼のオリジナルというより「ジョニーは戦場へ行った(Johnny Has Gone for a Soldier)」とか「「ジョニーが帰るとき/ジョニーの凱旋(When Johnny Comes Marching Home)」とか、戦争に行ったジョニーがどうなったかを歌った曲が色々あって、まー、その成り立ちや解釈に関してはかなり複雑なので、Wikipediaやニコニコ大百科などにも詳しいので各自調べて下さい。そして、この反戦歌としてのバージョンが帰ってきたけど目も手も足もないという歌詞の「ジョニー、あなただとわからなかった/あのジョニーはもういない(Johnny I Hardly Knew Ye)」で、そこから作られた小説が「ジョニーは戦場へ行った(Johnny Got His Gun)」らしい。
他にも、WWIの時のニュース記事を元にした言われておりますが、このモデルに関する実際の歴史的考察は「100光年ダイアリー」さんに詳しく、実際には毒ガスによる傷痍軍人だったのではないかというあたりまで辿られております。トラウマは避けられたかな?

さて、ガールズ&パンツァーにも軍歌系のBGMがいろいろあって。劇場版に「When Johnny Comes Marching Home」が使われていて、これが悲壮感漂いながらも非常にアタックの強いマーチになっていて印象が強かったのですが。
そこから映画「ジョニーは戦場へ行った」を連想してしまったのは間違いではないけど、上記説明のように直接的には全く関係ないもので(同一の原曲を元にした派生)、完全な間違いだったのだ(笑)。日本語だと同じモノの翻訳かと思ってしまうけど、「When Johnny Comes Marching Home」は「ジョニーの凱旋」であり、このタイトルの歌詞は戦意高揚の方になっているのである。
まったくもって、「知らない」というのは怖いね。

2014年5月 1日 (木)

「Fatalism(IKUMIX/St.Meropane)」

GWで営業が動いていないので、余計な仕事が入ってこなくて助かる。その上で、微妙な仕事具合(笑)。

「Fatalism(IKUMIX/St.Meropane)」を聞く。
声優・中上育実さんが劇団主催のイマダトムさんとやっているライブ&ネットラジオコンテンツ「聖★めろんぱんぬ学園」のレーベルで発売したファーストシングルです。歌はIKUMIX名義での活動です。現在、とらで委託販売しているのでわりと簡単に手に入ります。
さて、最初にこのディスクが発表になったときに、何に驚いたかというと。ジャケット写真です(笑)。youtubeに上がっているCMと同時発表だったと思いますが。動画で見ると、角度や影の付き方で中上さんだとわからんでもないのですが。ジャケ写は「誰?コレ?」なゴシックな人が写っています。他の方でも思いますが、スタイリストさんはスゴイです。
閑話休題。
曲は魔王ことRitchie氏によるもので、疾走感のある、ちょっと外連味のあるロックになっていて、完成度が非常に高いです。中上さんによる歌もきっちり歌い上げていて、声優ソング的なものよりも、普通にロック系のインディーズの作品みたいになってます。
なにより、C/Wがメタル。曲名を見ても歌詞を見ても、全然そんな感じを受けないけど、メタル。スゲー真面目に和風メタルで、絶叫系の歌もサマになってます。でも、メロンパン。
正直、2曲ともにいい意味で裏切られます。このセンスで曲を増やしていったら、確実に声優業にプラスアルファになる一面が持てるのではないかと思います。っていうか、もっと聞きたいと思わせるのは良いですわ。

2012年11月24日 (土)

「和楽花道中 杵家七三社中 傑作撰(杵家七三社中/avex)」

「和楽花道中 杵家七三社中 傑作撰(杵家七三社中/avex)」発売中です。
和風ボーカロイド曲を三味線奏者として有名な杵家七三(きぬいえなみ)さん率いる杵家七三社中による演奏でカバーしたアルバム。
PV集としてCDだけでなく、CD+DVD、更にマイナーな企画ものとしては珍しいCD+BD版が販売されるあたり、この手のCDとしては破格の扱いであるが、杵家氏の「文教大学教育学部非常勤講師・長唄杵家流理事・日本音楽集団団員」という肩書きだけでも当然とも言えるような。ちなみに、CDもHQであり、メーカーの力の入れようと、演奏にそれだけのクオリティがある事がわかるのである。
という堅苦しい事を抜きにしても。ボカロ曲や東方Projectなどで和楽アレンジや和楽曲のアップが流行ったりしましたが。それを、プロの邦楽奏者が演奏するということ自体普通でないというより、そういった音楽自体になじみのない人たちが普通に「プロの邦楽奏者の演奏が聴ける」ということが画期的ではないかと。打ち込み系のアレンジCDなんかを聞いていると、理論的には、人間が演奏出来ないレベルに音を重ねる事もできるはずなのに、なぜか音の薄さとかが気になったりして「もう少し豪華にならないかなぁ」という部分があったりしますが。さすがにこのアルバムは音の質に関して気になる点とかは全くありませんで。素直に曲に没頭出来ます。
学校の授業でも洋楽(というのか?)のクラッシックは聞いても、邦楽の古典はなかなか聞く機会がなく、楽器の「音」自体に親しむ機会が少ないのですが、こういった企画で音楽シーンの中央に切り込んでくるというのは痛快な事かと思います。また、それが若い人から出てきた発想ではなく、既に「ベテラン」の域に達した奏者の人たちが出ていると言う事で。杵家氏自体が御年56歳ということですが、スカイプによる授業を行ったり、ブログ、ツイッター、フェイスブックを使いこなし、ニコニコ動画やYoutubeにも投稿するなど、正直、私なんかよりもずっとアクティブにネットを使いこなしているわけで。まったくもって恐れ入ります。
あと、どうせ買うならDVDかBD付きで行きましょう。PVの出来も素晴らしいですし、楽しいですよ。ボーカルも力強くて聴き応えがありますし(このあたりは元のボーカロイドの繊細な歌と大きく異なるところです)、正直、このPVに入っている曲は好きな曲ばかりなので推したくもなりますよ。般若心経もプロの僧侶である蝉丸Pが唱えているので御利益もありそうですし(笑)。

2012年9月28日 (金)

「伊弉諾物質~ Neo-traditionalism of Japan(ZUN/上海アリス雑伎団)」

カメとイモリの冬眠用にサクラの枯れ葉を拾ってきました。意外と簡単に集められてラッキー。桜の木は沢山あるしね(ただし、川岸とかは風に吹かれて既に丸坊主)。

最近のBGMは「伊弉諾物質~ Neo-traditionalism of Japan(ZUN/上海アリス雑伎団)」ですな。
東方Projectの音楽は基本的な音色が同系統な曲が多く、昔からFM音源とかMIDIのWAVETABLE音源の音色を聞いているようで、よく言えば安定感のある懐かしいイメージ、悪く言えば似たようなイメージになりがち。
しかし、その単一イメージ故にアレンジ映えするということで、様々な方向の音楽に変換されて同人CDが発売されたりするわけで、それはそれで自分の好みの音が見つかったりすると楽しかったりします。
まー、それはともかくとして、この「伊弉諾物質」もそんな一枚ですが、ちょっと緩やかながら終盤盛り上がる構成が気に入ったのか、個人的に非常に気持ちよく聞けるアルバムになっておりまして。迷ったら、とりあえずこれを賭けておくといった感じです。

ちなみに、東方のオリジナル音楽シリーズはブックレットが「秘封倶楽部」のストーリーになっているので単なる音楽CD扱いではないという認識ですが。前作「鳥船遺跡」から、なんかストーリーが動き出している感じで、そちらも注目。

2012年9月16日 (日)

2012年3月のミクパBD

寝た。ってそれじゃ毎日々だよ。あと、今日は家から出なかったので、引き籠もりです。何も起きません。

5.1chのシステムを構築し直したので、ようやくちゃんと2012年のミクパのBDを見られました。……いやぁ、本当の意味でヴァーチャルアイドルというものが感じられるというのは凄いことですな。Wikipediaなんか読んでも、はしりはリミンメイとか時祭イヴとか書いてあったけど、そんなの「物語の中のキャラクター」以上のものを感じなかったぞ、と「飯島真理」のファンであった私は言ってみたりしますが。
しかし、ライブのホログラムはもはやこわいですな。「人」には見えなくても「かぶり物をした人」には見えますから。ただ、一時期shadeなんかで流行った、リアルな人のモデルでないからこそ、親しめるのか。
まぁ、昔は、衝突判定の計算だけでも大変だったというのに、あの自然な動きとか、服の質感とか、どんな大変な……それは作る方の苦労だ(笑)。
どっちにしろ、トークなしで突っ走るバーチャルな人は、演奏している人たちも大変だろうけど、見ている人も凄いパワーだな。それでも、あのステージはモニター越しじゃなくてリアルに見てみたいと思わせるわなぁ。

2012年9月13日 (木)

「Hatsune Miku Orchestra(HMOとかの中の人。/ JOINT RECORDS)」

疲れているのとは別に、お金の使い方が戦略的になってきてヤバイ。それを平然とこなしているのもイヤだが。
まー、一期一会こそが大事なんだと(笑)。

ペンタックスに続いて、ソニーも怒濤の如く35mmセンサーの新製品をラインナップ。買う気はないけど、売れるとソニー製の35mmフルサイズセンサーの値段が下がるから大歓迎。それまで、Q-10でも買いたいナァ。

BDを見られないので今日はBGMに「Hatsune Miku Orchestra(HMOとかの中の人。/ JOINT RECORDS)」を聞いていた。まだ積みCD沢山あるのに(笑)。
ボーカロイドのテクノとの相性は初期のシンセ系音源の使われ方からしても良いというのはよくわかるけれど。YMOの正式な許可を取ったカバーアルバムだけあって、原曲の再現とアレンジがまずよく、それだけでも結構聞けちゃいます。世代的に。それに、ミクさんのコーラスとか歌とか入ると、やはり聞き応えがある音楽になるのですよねー。
良いアルバムだと思います。
「NICE AGE」から「TECHNOPOLIS」「RYDEEN」と続くラストの構成はタイトル聞いただけでも「よろしい」となりますわ。ただ、うちの環境だと曲間に微妙にギャップが入るので、少し工夫してあげないとだわ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30