ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

日々徒然

2018年12月 7日 (金)

突然会議で発表する

今週は大きな会議があって、準備を進めてきていたのですが、私の担当案件の発表が全部没になったので「今回は発表無しだからラッキー」と思っていたら。若いのが体調不良(嘔吐、下痢、高熱、頭痛)と、かなり悪いものを拾ってきたみたいで会社に来なくなり。ついに「もう、ダメそうだから、当日来るなっていったから、発表よろしく」となって。結局、2日でそいつの会議資料を作って(議題は既に変更不能)、製造との絡みもあったので所長同士で打ち合わせをしてもらって入れ込み、会議開始の1時間前くらいにようやく判子が貰えて……会場で座った時には、まだ、スピーチの内容考えていませんでした(笑)。ちなみに、発表順は1番目(笑)。
で、スキル「見てきたように嘘をつく」を発動。じゃなくて、社長が挨拶している間にスピーチの組み立てを考えて、質疑応答もなんとかし(発表時間より長かったわ)、まーそれほど怒られることもなく終わりましたわ。
さすがに、今までこんなに切羽詰まって会議に出たことがないというか、20年前だったら緊張して死んでいたわ、というレベルの案件でしたが。内容がさほど難しい話ではなかったので、経験値的な物で乗り切りましたわ。
ここ20年の進化は「世の中大概のことがなんとかなる」とわかったことですかね。

2018年12月 4日 (火)

ジェンダーとかそんな難しいこと私にわかるわけがなかろう

医者でナショナルジオグラフィック日本版のジェンダー特集を読んでいた。
まー、世界には生物学的、精神的、文化的に様々な性があるものだと感心するというか、難しいものだなぁと思いましたわ。
それで思い出しましたが。今回の大洗旅行中に**さんがそういうマイノリティなのかどうかという話になりまして。私的にはどっちでもいいじゃん、という立場で少し煽ったのですが、他の二人が異常なほど反発すること。個人的に、その人がいい人であることは知っているので、別に気にするようなことではないかと思ったのですが。これが、どうも人を馬鹿にしているようにうつったようです。
憶測の話なので、そう思われるのも然りとは思いますが。個人的には、それこそが偏見というか差別なのではないかという気がして疑問です。
ここ20年ばかり、リアルだけでなくネット上で様々な人と出会った過程で。やはり、そういうことに凄く敏感な人がいて。例えば、男性の女装について生理的に受け付けないとし、見るのも嫌だという人もいました。これについても、こないだのあんこう祭では女装コスプレのごっつい人も見ましたし(感想は「これだけお化粧するのは大変だろうなぁ」でしたが)。逆に若い好青年風の人なのに服装がセーラー服という人も居ました。勇気あるなぁと思いました。
まぁ、正直、それこそ自分がその恋愛関係にでも巻き込まれない限りは(つまり、それが他の人の思想、嗜好を侵すものでなければ)、その人の自由である、というのもあるかと思いますし。これが過去にBL同人誌をそれなりに読んだせいで感覚が壊れているのか(でもBL好きには全然ならなかったですわ)。自分が「ドライ」であるのかわかりませんが。もし、そういった思想の為に、世の中が「生きづらい」と思う人がいるとしたら。それは、変わっていくべきではないかとも思いますわ。
ナショジオの特集によると、若い世代は性差というものが男と女という二面ではなく、連続して変化していくものという認識が多くなっていると書いてありましたが。私のような古い世代では、やはり固定概念的に「?」と思ってしまいますし。そういった社会はSF的な分類で考えてしまったりしますから、人のことは全く言えないのですけれどね。

2018年12月 2日 (日)

2018年のあんこう祭~その8

つづき。
この日、駐車場を流す焼き芋屋というシュールなものを見てしまった。こんな所で売れるんかい、と思ったら買っている人がいたので、商売というものは難しい。

あんこう祭当日は3人とも次の日有休が取れたということで、後泊できました。ということで、この日は鉾田のくるみ屋さんでお世話になる。
ちなみに、ナビで移動しようと思ったら、少し離れた畑の真ん中を指示された。地図が古かったのか、地図がいいかげんなのか。やはり、事前にgoogleマップあたりを確認しておく必要があると痛感した。
ちなみにお宿は旅館と民宿形態を予算に合わせて選べるということでしたが、小ぎれいな良い宿でした。ご飯も美味しかったし。

20181202_nabe

ということで、写真は定番のあんこう鍋。本当は煮る前の綺麗に並んだところを撮るべきなのだが、忘れた。というか、いつも食べ物の写真は「雑」。
雑炊も作って貰って、満足でした。
ちなみに、次の日の朝食でサンマが一匹出たのには驚きました。長いこと旅行をしているけど、初めての体験でしたわ。

で、時間があるので次の日も大洗に行ってみましたが。ガルパンギャラリーが入場制限(笑)。今まで、次の日(平日)がこんなに混んでいるということは一度も無かったと思いますが。あんこう祭当日の混雑が洒落にならない感じになってきたので、後泊してもう一日というのも普通になってしまったのでしょうか(前泊の宿が取りにくいというのもあると思いますが)。

ということで、帰ってきたのですが。今年は、ともかくあんこう祭当日のステージや関連施設の混み方が尋常じゃない感じで。「気楽に行ける」という感じは既に無いなー、と思いました。追加で休みを取れる社会人か、宿泊なしでも移動できる近隣の人か。どちらかでないとゆっくり出来ないというか。いや、体力の無いおじさんには厳しい祭になってきたなー、と。徹夜組による問題とかは、トークショーについて整理券事前配布とかすれぱ解決するんでしょうけど、オープンスペースではなかなか難しいでしょうし。
既に毎年の楽しみになっているので、来年、エレガントな解決策がとられることを期待しております。

2018年12月 1日 (土)

2018年のあんこう祭~その7

つづき。

商店街を折り返すと、年宝菓子店さんで大洗女子学園仕様のシエラカップを購入。実は、前からチェックしていたのですが、前日思い出せず、「年宝菓子店さんでなにか買わなきゃいけない気がするんだけど何だっけなー?」と思いつつ、ラムネを買っているお客さんを眺めていたので(笑)。

20181201_sc

一緒に買った双葉君は直火に掛けると底の模様が消えるんじゃないかと心配していましたが。焼き色がつくかもしれないけれど、ステンレスのプレスマークがバーナーの火くらいで消えるかいな、と(それじゃ、エンジン直下のエキゾーストとか簡単に変形しちゃう。刻印も溶接したら消えちゃう)。ちなみに、今、密林で見たらキャプテンスタッグ他、底にロゴマークを入れているものが結構ありますね。
値段的にも少量特注品とは思えない普通の価格で、もう一個くらい買っておけば良かったかなー、とか。

で、そのあとは埠頭に移動して戦車を撮影したのですが。ここで、逆光だと白飛びしてしまうのに気付き、設定を見直してみたら、範囲内でオートにしてあったはずのISO感度が夜間撮影でもするような超高感度になっていた(笑)。てっきり、モニターが光っているのかと思ったら。いや、K-1の露出が意外と適正であることは知っていたのですから、もっと早く気がつけよ、と思いましたが。街中ではずっとスナップ的に撮影していて数字は全然見ていなかったので、なんか変だと思いつつ、確認しなかったのが悪いのですが。撮影スタイルを見直すべきと思った瞬間でしたわ。

実は、撮影枚数でも時間でも、会社でニコン機を使って試験片の撮影をするのが一番多いのですが。撮影台で撮影する限り、もはや設定や撮影スタイルは決まっているので、そういったことに関しては、どんどん「ズボラ」になっていくのですよね。気を配るのは、ファインダーの中味と光源の位置だけで。まったくもって、ダメの見本みたいな話です。
つづく。

2018年11月30日 (金)

2018年のあんこう祭~その6

もう、忙しいわ、眠いわで、パソコンの前に座っていることが出来ませんでしたよ。
まぁ、今も眠いけど。

つづき。
えーっと、トークショーが終わったので、いつものごとく商店街へ。会場の混雑と比べると、昨年よりも人では少なく感じた。時間が早くなったので、会場でご飯を食べているのだろうか。

途中の「いつものテントが出ているところ」にはハンヴィー?(新しいのはよくわからんです)。そして、商店街に入ってすぐ、ダッジWC52がいました。ジープかと思ったら、でかいし。ヨーロッパ仕様なのか、ブリッジサインが付いてましたね。こういうのが見られるのは、あんこう祭のいいところで、単純にガルパン直結でないマニアックさが最高です。

そして、お花やさんにはフェレット装甲車と前日シーサイドに搬入されたというモーリスCS8が。25ポンド砲の牽引車として特徴ある形が有名なモーリスC8(同じような形のガイ・クォードの方がタミヤのおかげで有名)のベースになったトラックです。日本にそんな車輌があったとは。嬉しくなってバカスカ写真撮ってましたが、下に潜り込むと運転席のレイヤーさんをローアングルで盗撮しているような絵面になってしまうので、さすがにそこはあきらめました(笑)。
でも、運転席はお願いして撮らせていただきました。レイヤーさんの撮影で許可をもらう人は居ても、斜め後ろから撮影する許可をもらったのは私くらいなようです(笑)。許可もらわないと、これもかなりヤバイ絵面です。

ということで、この日のお昼はカジキミュージアムでカジキフライを頂く。カジキミュージアムのイベント参加は今回が初めて?。いつもながらにリーズナブルなお値段で、満足。

そして、痛車を見学しながら歩いていると、ムライさんの前にチャーチルのお化粧をしたプリンス・スカイラインS54Aが。前日、友人の家でS30-S34のスカイラインについて激論を交わしていましたが、収拾が付かなくなった上に信じられない暴言で殺意がわいてきたので「やっぱり、素晴らしいのはS54Bだよね」で締めたのですが。まさか、次の日にS54を見られるとは。あんこう祭、おかしい。
ちなみに、その暴言を吐いていたうちの一人の綾乃小路は54Aと54Bの違いもわからなかったので、スカイラインに関してはその程度です(誉エンジンでも有名な中川氏がお供の桜井氏とヨーロッパに行って買い付けてきたウェーバーのツインキャブを3連で装備したのが54B、シングルキャブ仕様が54A。どちらも公道で出会うことはまずない。というか、S54Aの実車を見たのは何十年かぶり)。
プリンスのカーバッジもかっこよくて、またしても写真を撮りまくりました。

20181130_hana

ということで、写真はせっかく撮らせていただいたCS8の運転席にしようかと思ったけど、どう見ても「足の写真」に見えるというのがさすがにマズイと思ったので、カナモノ木屋で買ったスポンジとポストカードのセット「華盛り」。どっちかというと100円商店街の出物ですが、お子さんの呼び込みが一生懸命だったので、ついつい買ってしまいました。まぁ、お買い得だったしね。

ということで、まだつづく。

2018年11月25日 (日)

2018年のあんこう祭~その5

つづき。
ということで、9時。開会式。なんとか肉眼でステージの見える位置から見学。
海上保安庁の偉い人が「ガールズ&パンツ」とかましてくれたため、その後だった杉山Pがすかさず拾っていた(笑)。
そして、渕上さんの開会宣言でスタート。
私は、ここで別れて埠頭のホビーショーへ。モデルカステンでデカールを買ったものの。バンダイビジュアルのブースがわからずにウロウロしていたら。バンダイナムコのところだったのですよねー。ここが、今回一番の長蛇の列で。寒風吹きすさぶ中並ぶこと2時間。一度車に戻って防寒着を取ってきた為、暖かかったのですが。その、ロスタイムで並ぶ時間が全然違っていたのでは無いかと思うと複雑。
ということで、今回、声優さんのキャストトークが例年より1時間早かった為、並んでいる間にタイムアップする。
埠頭で聞く、という手もあったのですが、今年はオーロラビジョンを2台用意できなかったようで(予算の関係らしい)、音声のみ。それでも、結構人が集まっていましたが。せっかく来ているのに見えないのでは寂しいので、場所移動する。

ということで、マリンタワー前に戻って来るも。昨年を確実に超える混み具合。ステージはおろか、オーロラビジョンも見えない状態。
こりゃしょうがないと言うことで、郵便局のテントの横、オーロラビジョンがギリギリ見える松山の上で見ることに。まー、それでもステージがギリギリ見られたので良しとしましょうか。
周囲では、疲れ切ったガルパンおじさん達がぐったりしていたり(笑)。

しかし、さすがにそれで終わるのは寂しいので。速攻移動して、スタッフお見送り列で拍手してました。これはこれで楽しい。

つづく。

2018年11月24日 (土)

2018年のあんこう祭~その4

つづき。
この日は、いつものごとく牛久の友人宅に宿を取る。
ぐっちゃりしてしまったお団子はうちでとれた柿と共におみやげである。そして、双葉くんは日本酒を持ち込んでいたが。綾乃小路くんは更に3本も日本酒と焼酎を持ち込んでいた。しかも、あの高島屋の艦コレラベルの奴。別に瓶が欲しいとかでもなく、金を落とすのである。その割にゲームには課金しない男、綾乃小路。
で、友人宅の子供達とゲームやったりして、酒飲みは酔っ払いにクラスチェンジしていましたが。夜も更けて寝る頃になって、友人と奥さんが喧嘩を始めて、こりゃ大変だと思いながら寝てしまう。

次の日は綾乃小路が「5時に出ます」と言っていたので、少し前に起きたのですが。双葉君はちゃんと起きていましたが、奴は起こしても起きなかったので布団を灰で叩き起こしました。ちなみに、大洗に行く最中、ずっと寝てましたよ。

で、6時30分くらいにはサンビーチの駐車場についたのですが。芝生のところどころか、遙か彼方まで車が埋まっている。これまでも、年々埋まるのが早くなっていると思いましたが。正直、「ここまできたか」という感じです。当日組が家を出る時間がどんどん早くなっているということですか。既に、ホテルで朝ご飯を食べてから車を出す、というのは「お話にならない」ようになってしまいましたよ。祭は9時からですから、まだ2時間半もあるというのに。
そして、会場もステージ前は人で埋め尽くされていて。それこそ5年くらい前はトークショーの始まる時間に埋まるラインだった外灯の所まで、既に埋まっているし。
あまりにも凄いので、テントで朝ご飯を食べてました。この日は「あんこうバーガー」。
実際にはテントの販売も時間規制があったようで、人多すぎでフライングがあったようです(おかげで、我々のお腹は助かりましたが)。後から聞いたところによると、町営駐車場では夜間に騒ぎがあったようで、このあたりの規制をどうするのかは、来年以降の課題なのかもしれませんし。また、ファンの側の問題になっているのかと思います。

ガルパンおじさんはマナーが良かったって?そりゃあ、無理が利かない歳だからねぇ。今ほど若者が多くなかった時には、無茶する人も少なかっただろうよ(笑)。
つづく。

2018年11月23日 (金)

2018年のあんこう祭~その3

つづき。
ウスヤさんのところで、綾乃小路が牛肉コロッケを食べている間、そのへんをぶらぶらしている。しかし、駐車場に休憩所とトイレが出来て、肉屋さんなのに、ガルパンおじさんの溜まり場になっています。

そのあとはマリンタワーの方に戻り、とりあえず、まいわい市場でお土産を買う。今回は有休を取っているので会社の分も買って。両手いっぱいになる。その上、レジに並んでいる時に入り口のお団子屋さんに試食をもらって、ついつい買ってしまう。

で、両手におみやげ、肩にはカメラバックとカメラというフル装備状態。いつもなら、ここで駐車場に戻るところだけど、今回、前日だというのにとめているところが遠かったので、そのまま埠頭のミニミニホビーショーに行く。
今回、お目当てのところが全て18日だけの出店かと思っていたのですが。配置を見て、急に気付く。タブリエって音泉さんだよな。ってことで、春に買えなかったアンツィオのDJCDと、今回の新作カメさんチームのDJCDを買う。ここで、ほぼ手がいっぱいになってしまうが、なんか、お仲間はどんどん先に行ってしまってどこに居るかわからなかった(笑)。

ということで合流して駐車場に向かったのですが。サンビーチに向かう途中、マリーナの前が工事中で、歩道がなかったんですよねー。そして、両手に荷物いっぱいで足下の見えない私。おまけに、疲れていたのか真っ直ぐ歩けない状態だったのです。
ということで、歩道との区切りのコンクリートブロック(傾斜部)に足を乗せて滑り、そのままスッ転びました(笑)。
いや、笑い事じゃないのですが、こういうときは授業で柔道やっていて良かったなぁ、と思いますね。綺麗に回り受け身がとれたので、指を少しすりむいただけで、ドコモ痛くないという奇跡。カメラもフードに少し傷が付いただけで済みました。被害はお団子がグチャグチャに混ざってしまったのと、おみやげの一部が潰れました。
教訓。
無理だと思ったら、友人を頼りましょう(笑)。

あと、この時、カメラの設定が狂ったのですが、気がつかず……。

で、綾乃小路のリクエストで磯前神社に行ったのですが、ちょうど日帰り旅行の観光バスが4台もいて、今までになく凄い人でした。
いつものごとくおみくじを引きましたが、どこかのおばさんが「私も引く」とかいって、なぜかずっとおみくじの話をしてました。
写真は、お参りの列が出来ている本殿。こんなの初めて見たよ。

20181123_jinjya


つづく。

2018年11月22日 (木)

2018年のあんこう祭~その2

つづき。
で、大貫商店街の方から曲がり松商店街の方へ。肴屋さんの駐車場で商店会のテントが出ていて。いつもの肴屋さん謹製・来年のダー様カレンダーを買う。あと、来年の聖グロ手帳が出ていたので買ってきました。大洗の生徒手帳は色々なバージョンがありますが、聖グロのものは珍しいです。

そして、江口又新堂さんで「写真集 世界の無名戦車 ロシア・北欧編(斎木伸生/伊太利堂)」と「ロッタ・スヴァルド調査ノート(わかば/まるご酒店)」1~3巻を購入。

20181122_hon


前にここでも紹介したはずの商業出版の「世界の無名戦車(斎木伸生/アリアドネ企画)」という本がありましたが、こちらは文章メインのものだったのですよね。で、この同人誌は写真がバーンと載っていて、資料の少ない車輌だけに面白いことになっています。今回はソ連とスウェーデンだけなので、今度はハンガリーのズリィーニとか見たいですが(笑)。
ちなみに、とらのあなの通販が速攻で売り切れてしまったため、「大洗に行ったら買おう」と思っていた一冊で、在庫があって良かったですわ。

「ロッタ・スヴァルド」はフィンランドの女性による戦時補助組織についての本で。こちらは、寡聞にして全く知らなかった話であります。こちらは、アリスブックスさんで通販で買えるのですが、タイミングが合わなかったのでこの機会に。薄い本ですが、ポイントを押さえた感じで色々載っていて、実にマニアックな本です。

ちなみに、この日は斎木先生(フィンランド先生)と吉川先生(イタリア先生)、才谷屋先生(漫画家)のサイン会がありましたが、少し時間がずれて凄い列だったので、お顔を拝見するだけにとどめました。また、機会はあるだろうしね。

つづく

2018年11月20日 (火)

2018年のあんこう祭~その1

17(土)朝から家の前にMR-Sがやってくる。日本ではハードトップとかバブルトップとかメタルトップとかのクローズドなオプションがないオープントップは人気が出ないっつー事で、トヨタのライトウェイスポーツの息の根を止めたマニアックな奴である。
ということで、大洗1日目。二人乗りの車では乗り切れないので、いつもの赤いスイフトに乗り換えて出かける。
珍しく高速が全く渋滞していなくて、昼には大洗に着いてしまう。しかし、いつもなら空いているはずの舞祭期間なのに駐車場はサンビーチの結構遠いところまで行くことになる。こんなに混んでいるのは初めてである。

しかし、会場でご飯を食べるにはちょうどいい感じで。
双葉くんと綾乃小路くんはしらす丼を食べていましたが。正直、釜揚げシラスはうちの地元でも名物で食べ飽きているので、私はあんこうカレーにしました。サフランライスにあんこうの唐揚げが結構たっぷりのっていて、うまかったです。
ちなみに、むこうの二人は、その後あんこう汁を頼んでました。

それから、いつものごとく商店街の方へ。
既に一部の店はイベントモードで、買い食いする。自分はお腹がいい感じだったので、これ以上入らない感じでしたが。食欲魔人の綾乃小路が食べまくっておりました。とりあえず、たかはしさんのみつだんごと加藤豆腐店さんのざるとうふは覚えていますが、人の喰っているもんなんてそうそう覚えていられるか(笑)。
ということで、写真は、ざるどうふにむしゃぶりつく綾乃小路。

20181120_toufu

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31