ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

日々徒然

2017年5月18日 (木)

紅茶を飲む

ネタを変えて。
子供の頃はそれなりに紅茶を飲んでいた記憶があるけど。ある時期から全く飲まなくなっていた。それはおそらく、母が紅茶を飲まない人だから、というのもあるし。私がペットボトルの紅茶の味(某ストレートティーの甘さが何となくダメ)が好きじゃないから、というのもあったり。
しかし、最近、紅茶を飲む機会が増えてきたので、それでは茶葉による味の違いとか分かるのか?という疑問を持ったわけで。それでは、と、試してみることにした。
ということで、「トワイニング THE BEST 5」という5種類のブレンドティーがパックになった物を買ってきてみた。トワイニングは英国最古の紅茶メーカーで、その割に日本でも手軽に手に入る良い会社である。
セイロン オレンジペコ:セイロン茶ということであるが、物の本を読むとセイロン(スリランカ)には何種類かのお茶があるのでそのうちのどれかは良くわからない。高原の方ということですが、説明を読んでもウバなのかディンブラなのか?オレンジペコは茶葉のサイズグレードなので、そういうことで。この味は、いわゆる「紅茶」。会社に常備している日東の「DAY AND DAY」やリプトンのイエローラベルとかに近い味。
プリンスオブウェールズ:マレー沖海戦でレパルスと共に……ではなく、オリジナルブレンド。セイロンよりも味が丸い。
ダージリン:ダージリン産の茶葉ブレンド。味が渋い。味が薄い。本を読むとマスカットフレーバーなどと書かれているが、理解できない。もっと高級な奴でないとダメなのか。某社の紅茶飲料では一番飲みやすくて好き。
アールグレイ:独特の風味がするフレーバーティー。ベルガモットの香りという事であるが、ベルガモットが何なのか知らない(柑橘類らしい)。
レディグレイ:アールグレイに更にレモンやオレンジのフレーバーを足したものらしい。こちらの方がなじみのある柑橘類の香りがする。
ということで、さすがにセットにしているだけあって、飲み比べが出来るレベルで味は違っていました。いや、違いが分かって良かったですわ。しかし、おそらく紅茶通の人にはセイロンのブレンドの元とか、考えることは色々あるのでしょう。そこいらは、単体のリーフで飲み比べしないとわからないのでしょうが、飲み比べてもわからないかもしれない(笑)。

それはともかく。紅茶は甘いクッキーやケーキがあると格段においしくなります。御飯には緑茶の方が合うと思いますが(笑)。

それとは別に。以前、先輩の所でローズヒップをいただいたことがありましたが。夏のがぶ飲み用に自分でも作ってみようかと思ったのですが。酸味自体は好きなのですが、ローズヒップとハイビスカスのブレンドでは独特の味がイマイチなところもあって。何かおいしくなるフレーバーがないか探索中。

おてあげ

文章書いていたけど、上手くまとまらないので保留。
結局、ツイッターでつぶやけるくらいまで圧縮できる「核心」がないと、ただ長いだけの文章とか読んでいられんわ。

2017年5月11日 (木)

アンサイクロペディアの「こゝろ」に朝ドラネタが紛れ込んでいてわろた

ここ1年くらい、朝は朝ドラ見てます。昔は、そんなもの見ていると遅刻でしたが。親がBSプレミアムで早くやっているということを知って、朝からかけているのです。ちなみに、殆ど寝ているので、音声だけ聞いていることが多いです。
どっちかというと、そのあとの「岩合光昭の世界ネコ歩き」とか火野正平さんの「にっぽん縦断 こころ旅」の方が良いのですが。
で、問題は、その15分前から朝ドラの再放送をやっているのですよね。最近の朝ドラは割と偉人ものとか分かりやすい物が多かったのですが。再放送は、何故か名作というより、もう、朝からアレなものが多くて。
で、今は「こころ」をやっているのですが。このヒロインが久しぶりに酷い。正に暴走超特急。「浅草の女だから」と言えば何をやっても許される。まわりは「こころちゃんは頑張っているから」で全て許してしまう。CAをやっているはずなのに、接客の基本は出来ていない上に、わりといつもフラフラしている。友人は朝から不倫を正当化して威張っている。自分の父親には冷たいのに、他の人が人間関係で悩んでいると、適当なことを言って強引にまとめようとする。
最初は「うざい」くらいでしたが。最近は「この女、おかしいのでは?」と確信しております。何か言い出す度に、強引に家族にされた人たちが可哀想で、見ていられません。
女の子は、みんなどこかしらかわいい部分があるものだと思っていますが。
あからさまに「ないわー」と思うのは久しぶりであります。

2017年5月 8日 (月)

どうしようもなく掃除

いつものことであるが、3日くらい休むとエンジンが掛かってきて、掃除をやり始める。結構な量を断捨離する方向で動いているが。いつもごとく、部屋の中がどうしようもない状態で休みが終わる(笑)。体を休めたあとに何かやろうとすると5日は少ないわ(笑)。
今回は、「もう読まないだろう」と思う本は見ずに捨てることにしました。これ肝要。続きが出ない本なんかも全て処分。あと、ダブっている本(判型違いとか、出し直しとか諸々)も捨てる。
しかし、極限まで圧縮した本棚を余裕がある状態に戻すと、いくら捨てても全く減ったように見えないのはどうしたものか(笑)。

2017年5月 4日 (木)

休みなので川に浸かってみた

というわけで、一応GWに入りました。
ジャンプSQ、「大正処女御伽話(桐丘さな/集英社)」は先月今月と実家で兄弟対決だったようで。来月は父親ですな。しかし、ホントに羅刹の家ですなぁ。

というわけで今日は洗車してました。月曜に5分ほど降った雨のおかげで花粉まみれの水玉だったので。まぁ、日曜に洗ったばかりなので、これはすぐに片付きましたわ。

あと、本日の戦利品。メダカサイズの「ヨシノボリ」が2匹。だと思う。川にいるハゼの仲間で……腹側をよく見ていなかったので、ここいらではドンコチと呼ばれる奴(ドンコ)かもしれない。というか、2匹の縞模様がそもそもちがうのだが。本当はメダカを取りに行ったのだが、全然いないので、仕方なくがさ入れをしてみたら網に入ってきた。ここいらの水系では昔から見られるのだが、小さなどぶ川などではなく、子供が近寄れないような川にいて話には聞くけど個人的には見かけない魚だったのだが。大きな川と用水路が交わる取水口の浅瀬を攻めたので見つけられたようである。
とりあえず、メダカの入れ物に入れておいたら、藻の中にもぐっているのでなかなか見ることは出来ない模様(笑)。

2017年4月25日 (火)

レンズフード待ち

日曜の夜から体調不良で大変でしたが。仕事休めないので(笑)。
しかも、そこまでして仕事しているのに、開発上手くいってねーし。

Q用のレンズフード色々買ったので、届いたら写真を撮ろう。……フードの(笑)。フードで、ではないあたりが、基本的に本末転倒であるが。基本、カメラ趣味だけど、撮影は趣味でないので。そもそも、圧倒的に仕事で撮影する枚数の方が多いし。
自分で撮った写真は、撮って出しのjpgでOKがいいな。RAW現像とか面倒だよ(笑)。逆に言うと、本体でのjpg生成の良好なカメラが良いカメラだろうか。

2017年4月10日 (月)

そろそろダメかもしれない(片付け的な意味で)

久しぶりに隣の腐海部屋を片付けようという意志を持って入ったら。数分で、どう考えても無理なことが分かった。断捨離をしなければ、腐海に沈む。とはいえ、いつものことであるが、資料は捨てられないので、漫画を大幅にカットするしかないか。とはいえ、もう、かなり濃縮した感じの本棚になっているから、ここから処分するのは並大抵のことではないというか。

あと、普段自分がいる方の部屋も積プラモがヤバイ感じになっていたので、一部積み直した。レベルのキャラメル箱とか、ぺったんこでさぁ(笑)。大きさが揃っている奴はマシなんだけど、何故かサイズ違いが多くて。あと、底の箱はかなりの割合でやばいことになっている。静加重としてはたいしたことないハズなんだが……西ヨーロッパの箱は強度が柔すぎる。IBGとか見習うべき。

2017年4月 5日 (水)

ギャグ的なネタであっても人の死を扱うと生理的嫌悪感を感じるものになる(かもしれない)

ドラキュラといえばクリストファー・リーだと思っている人間ですが。
クリストファー・リーについて調べていたら、「ウィッカーマン」という宗教系オカルト作品がひっかかってきた。お気に入りだったようであるが。この「ウィッカーマン」というのは、ケルト系の民族における生け贄の祭儀に於いて柳の枝を編んで作った巨大な人形で、人や家畜を入れて焼くことにより儀式を行うらしいです。まあ、その映画はともかくとして。映画の感想の中に「コメディなら良かった」と言うものがありましたが、生け贄テーマでコメディってのは……と考えていたら、何となく浮かびました。

この「ウィッカーマン」を巨大ロボットのように描写して、中に人が乗り込んで戦う柳の木の枝で出来た人形としたら(パワードスーツっぽいかんじの描写で)。
中世グレートブリテン島を舞台に、攻め込んでくるローマ人やキリスト教徒との戦い。
ドルイドの魔女たちが祈り、歌うと起動するウィッカーマン(<モスラやキングシーザーっぽいけど、イメージはザ・ムーンで)。
大魔神みたいな感じで人間に対しては無敵なウィッカーマンであるが、弱点は火。火矢にも弱いし、ドラゴンブレスでも焼けるし、ファイヤボルトなんて洒落にならない。当然、乗り込んでいるパイロットも焼ける。が、その時、生け贄を受け取った神の力で必殺技が炸裂して、毎度勝ってしまう。
コメディなので、パイロットが死んでも、次の回になると全く同じ顔で同じ性格の別人がやってくる。そして、また死ぬ。
ウィッカーマン自体は柳の枝で編んだどんがらなので、1週間くらいで作り直せるのだ。
当然、シリーズの最中で、材料の柳の枝が尽きてピンチになるぞ。
あと、人の代わりにブタとか乗せたら、そっちの方が強かったとか。
ラストはキリスト教の異端審問官の巨大要塞・移動裁判所との決戦。
というようなアニメを作ったら……不謹慎だってーので放送中止だろうなぁ。っていうか、書いていて思ったけど、やっぱり、こういった「生け贄」というテーマはギャグでも生理的な嫌悪感があるな。「オシシ仮面」が有名なのも、そういったギャグで捉えきれないものがあるのだと思うし(アレは「仮面ライダー」原作版のパロディだと思うけど)

2017年4月 4日 (火)

断捨離的な思考がそもそもない

今週は、肉体労働が多くて大変。というか、既に手が痛い。

隣の部屋が崩壊の危機に瀕しているので、抜本的な「断捨離」を行う必要がありそうである。しかし、どう考えても捨てる物がないので困った(笑)。既に、整理でしのげるあたりは越えているしのぅ。
あと、つくりかけの1/25センチュリオンが派手に散らかっているので、奴を片付ければマシになるはずであるが。あと、バラしたまま、目的がなくなったヘンロンのIV号とか。…………自業自得?

2017年3月26日 (日)

海楽フェスタ・夜

あと2、3日休みたい~

つづき。
大洗ホテルの夕食は半バイキング形式なので、ちょっとしたお造りとあんこう鍋がテーブルの上に乗っていて、あとは好きなものを持ってきて食べるという形式。バイキングのテーブルも充実していて、あと20才若かったら食べ尽くしたいところであったが(<実は私の場合、20年前より今の方が食べる量が多いのだが)、まあ、年寄り3人だったので、まったり食べて飲んでました。
で、私は早々にデザートに突貫して、いろんなものをちょっとずつ食べまくり、アイスも全種取ってきたりしていましたが。花火大会も見に行きたかったので、食べるのに夢中な二人を残して先に出ることに。
やっぱ、夕食1時間ではボリューム的に無理で、最低でも1時間半~2時間見ておきたいところ。ということで、ホテルを出てすぐに、花火が見られる状態。結構急いで行きましたが、大洗ホテルから徒歩でマリンタワーというのは、やはり結構あるので。競歩でも10分では無理でしたな。
会場は既に満員状態で、一番後ろは花火にマリンタワーが被る位置でしたが。逆に、あんまり周りを気にせずに写真撮影が可能に。一眼レフと三脚を持って行くか最後まで迷ったのですが、Qで吶喊。ミラーレスでの撮影は初めてということで、設定を直しながらの試行錯誤でしたが。首三脚(首にかけたストラップをぴんと張って、腕と首とでカメラを支える、ミラーレス独特の構え)と手ぶれ補正のおかげで、2秒までならなんとかなるということで、思ったよりちゃんと撮影できました。ただ、長時間露光をやると、急激に電池を消耗します(笑)。やっぱり、花火は一眼レフですな。
で、会場では声優さんによる花火名の読み上げがあり。最後はステージで、感想の後、いつものパンツァー・フォーで締めでした。
このあと、既に足がボロボロで(左足の親指の爪が半分酷いアザ、中指は出血、左膝は仕事で壊していて曲げると痛く、左足の股関節はこの日の無理で痛む状態)、帰るのが面倒でしたが、その辺で寝たら確実に風邪を引く気温でしたから、ボチボチ帰りました。
ちなみに、I氏は昼間の家庭労働で疲れたということで部屋で花火を見ていて。双葉君は大浴場で最後まで見ていたということでした。まぁ、ステージに興味がなければ、そちらが正解ですな(笑)。
ということで、帰ってから私も風呂を浴び、疲れたのでとっとと寝ました。
次の日の朝は、いつもなら磯前神社にお参りに行くところでしたが。私は足が痛くて棄権。双葉君だけが元気にお参りしておりました。そのあと、バイキングでがっつり食べ。そのまま帰宅。殆ど渋滞もなく、さっさと帰れましたが。I氏の車は、やはりダメで、走り始めてすぐに止まってしまい、JAFのお世話になったそうです。これは、きっと綾乃小路の呪いでしょうから、彼に色々してもらって下さい。

ということで、海楽フェスタでしたが。相変わらずの人出で、いつもの年のあんこう祭りくらい混んでしましたから、ホントに人気の落ちないことです。ただ、イベントの殆どが屋外で、分散されたために、あんこう祭りの時のような「人多すぎてどこにも行きたくない」状態にならなかったのは僥倖でした。
しかし、この様子だと、今年のあんこう祭りも大変なことになりそうです。こころしていかないといけませんな。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31