ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

日々徒然

2017年4月25日 (火)

レンズフード待ち

日曜の夜から体調不良で大変でしたが。仕事休めないので(笑)。
しかも、そこまでして仕事しているのに、開発上手くいってねーし。

Q用のレンズフード色々買ったので、届いたら写真を撮ろう。……フードの(笑)。フードで、ではないあたりが、基本的に本末転倒であるが。基本、カメラ趣味だけど、撮影は趣味でないので。そもそも、圧倒的に仕事で撮影する枚数の方が多いし。
自分で撮った写真は、撮って出しのjpgでOKがいいな。RAW現像とか面倒だよ(笑)。逆に言うと、本体でのjpg生成の良好なカメラが良いカメラだろうか。

2017年4月10日 (月)

そろそろダメかもしれない(片付け的な意味で)

久しぶりに隣の腐海部屋を片付けようという意志を持って入ったら。数分で、どう考えても無理なことが分かった。断捨離をしなければ、腐海に沈む。とはいえ、いつものことであるが、資料は捨てられないので、漫画を大幅にカットするしかないか。とはいえ、もう、かなり濃縮した感じの本棚になっているから、ここから処分するのは並大抵のことではないというか。

あと、普段自分がいる方の部屋も積プラモがヤバイ感じになっていたので、一部積み直した。レベルのキャラメル箱とか、ぺったんこでさぁ(笑)。大きさが揃っている奴はマシなんだけど、何故かサイズ違いが多くて。あと、底の箱はかなりの割合でやばいことになっている。静加重としてはたいしたことないハズなんだが……西ヨーロッパの箱は強度が柔すぎる。IBGとか見習うべき。

2017年4月 5日 (水)

ギャグ的なネタであっても人の死を扱うと生理的嫌悪感を感じるものになる(かもしれない)

ドラキュラといえばクリストファー・リーだと思っている人間ですが。
クリストファー・リーについて調べていたら、「ウィッカーマン」という宗教系オカルト作品がひっかかってきた。お気に入りだったようであるが。この「ウィッカーマン」というのは、ケルト系の民族における生け贄の祭儀に於いて柳の枝を編んで作った巨大な人形で、人や家畜を入れて焼くことにより儀式を行うらしいです。まあ、その映画はともかくとして。映画の感想の中に「コメディなら良かった」と言うものがありましたが、生け贄テーマでコメディってのは……と考えていたら、何となく浮かびました。

この「ウィッカーマン」を巨大ロボットのように描写して、中に人が乗り込んで戦う柳の木の枝で出来た人形としたら(パワードスーツっぽいかんじの描写で)。
中世グレートブリテン島を舞台に、攻め込んでくるローマ人やキリスト教徒との戦い。
ドルイドの魔女たちが祈り、歌うと起動するウィッカーマン(<モスラやキングシーザーっぽいけど、イメージはザ・ムーンで)。
大魔神みたいな感じで人間に対しては無敵なウィッカーマンであるが、弱点は火。火矢にも弱いし、ドラゴンブレスでも焼けるし、ファイヤボルトなんて洒落にならない。当然、乗り込んでいるパイロットも焼ける。が、その時、生け贄を受け取った神の力で必殺技が炸裂して、毎度勝ってしまう。
コメディなので、パイロットが死んでも、次の回になると全く同じ顔で同じ性格の別人がやってくる。そして、また死ぬ。
ウィッカーマン自体は柳の枝で編んだどんがらなので、1週間くらいで作り直せるのだ。
当然、シリーズの最中で、材料の柳の枝が尽きてピンチになるぞ。
あと、人の代わりにブタとか乗せたら、そっちの方が強かったとか。
ラストはキリスト教の異端審問官の巨大要塞・移動裁判所との決戦。
というようなアニメを作ったら……不謹慎だってーので放送中止だろうなぁ。っていうか、書いていて思ったけど、やっぱり、こういった「生け贄」というテーマはギャグでも生理的な嫌悪感があるな。「オシシ仮面」が有名なのも、そういったギャグで捉えきれないものがあるのだと思うし(アレは「仮面ライダー」原作版のパロディだと思うけど)

2017年4月 4日 (火)

断捨離的な思考がそもそもない

今週は、肉体労働が多くて大変。というか、既に手が痛い。

隣の部屋が崩壊の危機に瀕しているので、抜本的な「断捨離」を行う必要がありそうである。しかし、どう考えても捨てる物がないので困った(笑)。既に、整理でしのげるあたりは越えているしのぅ。
あと、つくりかけの1/25センチュリオンが派手に散らかっているので、奴を片付ければマシになるはずであるが。あと、バラしたまま、目的がなくなったヘンロンのIV号とか。…………自業自得?

2017年3月26日 (日)

海楽フェスタ・夜

あと2、3日休みたい~

つづき。
大洗ホテルの夕食は半バイキング形式なので、ちょっとしたお造りとあんこう鍋がテーブルの上に乗っていて、あとは好きなものを持ってきて食べるという形式。バイキングのテーブルも充実していて、あと20才若かったら食べ尽くしたいところであったが(<実は私の場合、20年前より今の方が食べる量が多いのだが)、まあ、年寄り3人だったので、まったり食べて飲んでました。
で、私は早々にデザートに突貫して、いろんなものをちょっとずつ食べまくり、アイスも全種取ってきたりしていましたが。花火大会も見に行きたかったので、食べるのに夢中な二人を残して先に出ることに。
やっぱ、夕食1時間ではボリューム的に無理で、最低でも1時間半~2時間見ておきたいところ。ということで、ホテルを出てすぐに、花火が見られる状態。結構急いで行きましたが、大洗ホテルから徒歩でマリンタワーというのは、やはり結構あるので。競歩でも10分では無理でしたな。
会場は既に満員状態で、一番後ろは花火にマリンタワーが被る位置でしたが。逆に、あんまり周りを気にせずに写真撮影が可能に。一眼レフと三脚を持って行くか最後まで迷ったのですが、Qで吶喊。ミラーレスでの撮影は初めてということで、設定を直しながらの試行錯誤でしたが。首三脚(首にかけたストラップをぴんと張って、腕と首とでカメラを支える、ミラーレス独特の構え)と手ぶれ補正のおかげで、2秒までならなんとかなるということで、思ったよりちゃんと撮影できました。ただ、長時間露光をやると、急激に電池を消耗します(笑)。やっぱり、花火は一眼レフですな。
で、会場では声優さんによる花火名の読み上げがあり。最後はステージで、感想の後、いつものパンツァー・フォーで締めでした。
このあと、既に足がボロボロで(左足の親指の爪が半分酷いアザ、中指は出血、左膝は仕事で壊していて曲げると痛く、左足の股関節はこの日の無理で痛む状態)、帰るのが面倒でしたが、その辺で寝たら確実に風邪を引く気温でしたから、ボチボチ帰りました。
ちなみに、I氏は昼間の家庭労働で疲れたということで部屋で花火を見ていて。双葉君は大浴場で最後まで見ていたということでした。まぁ、ステージに興味がなければ、そちらが正解ですな(笑)。
ということで、帰ってから私も風呂を浴び、疲れたのでとっとと寝ました。
次の日の朝は、いつもなら磯前神社にお参りに行くところでしたが。私は足が痛くて棄権。双葉君だけが元気にお参りしておりました。そのあと、バイキングでがっつり食べ。そのまま帰宅。殆ど渋滞もなく、さっさと帰れましたが。I氏の車は、やはりダメで、走り始めてすぐに止まってしまい、JAFのお世話になったそうです。これは、きっと綾乃小路の呪いでしょうから、彼に色々してもらって下さい。

ということで、海楽フェスタでしたが。相変わらずの人出で、いつもの年のあんこう祭りくらい混んでしましたから、ホントに人気の落ちないことです。ただ、イベントの殆どが屋外で、分散されたために、あんこう祭りの時のような「人多すぎてどこにも行きたくない」状態にならなかったのは僥倖でした。
しかし、この様子だと、今年のあんこう祭りも大変なことになりそうです。こころしていかないといけませんな。

2017年3月24日 (金)

海楽フェスタ・午後

もう少し暇にならないものか。相変わらず花粉は酷い。

ということで、お昼からはキャストトークショー。相変わらず凄い人で、時計より後ろでした。でも、昨年のあんこう祭りよりもマシ。マナーもあんこう祭りよりマシで、クイズ大会ではイスに座っていた人が、キャストトークになったらイスを畳んでいたりして。しかし、地面に座るのが嫌なのか、ギリギリまで「座っている人の真ん中で一人で立っていた」人がいて、座りたくないなら最外周へ行くか、帰ればいいのに、と思ったり(<実際、キャストトークが終わるか終わらないかの所で立ち上がって、人をかき分けどこかに行ってしまった)。どこのお坊ちゃまか?。まー、そうは言っても、ぼつぼつとイスに座っている人がいたようで、その辺のマナーの悪さは人が多くなってきた弊害ですなー。

ということで、今回はいつもの渕上様と尾崎さん、アンツィオOVAの時の100円商店街ぶりの吉岡さんに、私としては初めて見ましたの井澤詩織さんでした。皆様、相変わらずスタイルいーなー、などと双眼鏡を覗きながら思ったり(笑)。
吉岡さんはアンチョビ絡みで栃木テレビに縁があるようで、散々突っ込まれていました。井澤さんは帽子がかわいかったですが。ソド子の声とのギャップがよろしかったです。尾崎さんはトークでボケが炸裂していて、渕上様は朝見たとおりのいつも通りでした(笑)。
みなさん、しらす丼への執着ぶりが面白かったですが。
ショー自体は宣伝が多くて、意外とトークが少ないかなーと。でも、しらす丼を食べているあたりから内容が混沌としてきて面白かったです。あらいっぺを蝶野さんがエスコートして現れたり、大洗ならではのシーンもあり。ついに登場したオフィシャルの等身大ボコがあらいっぺと蝶野さんを相撲で倒すという一幕も。てっきり、ボコボコにされるかと思ったのに。
最終章に関してはキービジュアルと上映形式(4DX含む)、1章の上映日時が発表になっていました。内容については極秘のようです。あと、劇場版のコンサートが発表になっていましたが。日曜の夕方からしかないので、なにげにハードルありますね。

ということで、1時間があっという間に過ぎてしまってトークショーが終わって。ブルーホークスの演奏をバックに聴きながら(いつも時間的に余裕がないんだよなー)ホビーショーの会場で撮影会状態のパシフィックレーシングのお姉さんを撮影したり、お土産を買ったりして。いい時間になってきたのでホテルへと向かう。

今回は、いよいよ大洗の旅の目標の一つであった「大洗ホテル」の宿泊である。高い部屋と山側の部屋は割と取れるけど、リーズナブルな部屋をイベントの時に予約するのはなかなか大変なのだ。
しかし、せっかくの大洗ホテルをキャンセルした男(笑)がいるので、代わりにI氏が遊びに来るということで合流……するはずになっていたのだが、予定より遅い。とりあえずチェックインして待っていると、車の調子が悪くて、エンジンをガラガラ言わせながらなんとか着いたという。ちょっと不安になりつつ。
夕方は、ロビーであんこうのつるし切りショー。あんこう祭りでは遠くから眺めるだけだったので、近くであんこうを撮影したりしながら見れるのは一つの楽しみ。あんこうの裏側とか、口の中とか変な写真も撮りまくる。

ということで、つづく。

2017年3月23日 (木)

海楽フェスタ・午前中

大事なことを書き忘れていました。システムサービスさんでツイートキャンペーンに参加したときから、タブレットをジャンパーの下のポケットに入れっぱなしにしていたのですが。夜、気がついたら画面が割れていました。バッグの中では適当に扱っても何ともなかったのですが。どうも、ポケットに入れて車を運転していたのが悪かった模様。しかし、なんで?

それはともかく。
開会式で偉い人と来賓の挨拶を聞き(あんこう祭りより短い?)。渕上さんの開会宣言でいつも通りスタート。続いて、パシフィックレーシングさんの宣伝でしたが、キャンギャルのお姉さんがいたので、食いつきが良かったです(笑)。ドライバーの村山さんのパフォーマンスが笑えましたが。
ということで、とりあえず、ホビーショーへ。やはり、狭い部屋ではないので簡単にお目当ての所にアクセスできる。19日から参戦のモデルカステンのブースに行き、ガルパンデカールVol.4を買う。通販だと送料が結構するので、イベントで買っておきたい物の一つ。
また、戦車の隣にパシフィックレーシングのシルビアが増えていました。
それから、過食道のスタンプをゲットするために会場で唐揚げを買う。過食道は、マリンタワー前のメイン会場とそれぞれの商店街で買い物をして、1つずつスタンプをもらうスタンプラリーですが。参加している店とそうでない店があるので気をつけないと「買った物のスタンプが貰えない」という笑えない状況になることも。それで、双葉くんがハマって、食べきれない状態に。私は同じ商店街で複数買いしてしまい、どんどん腹がふくれる。100円商店街のように1つの量が少ないわけではないので、ホントに過食になっていく(笑)。
途中、買い食いしながら。舞台めぐりのブースで当日アプリ経由で撮影したアリスの写真(ホビーショーのセガブースであらかじめ撮影しておいた)を見せて、ARのアリスカードをもらったり。肴屋さんの前でホーリーくんと撮影中だったコスプレお姉さんを撮影させて貰ったり。限定のさおりんのハートアップルパイを買ったり。歩き回って、メイン会場に戻り。過食道の認定証をもらう。そしたら、既にガルパンクイズ大会も決勝戦。なんか、グダグダでしたが。本部に才谷屋さんが居ることがわかりましたな。

ということで、つづく。

2017年3月22日 (水)

海楽フェスタ・前日の夜と当日の朝

喉が痛いが、症状は花粉症っぽい。

さて、I氏の家では、一番上のお嬢ちゃんが高校に受かったということで、お祝いになるような物を買っていこうとしたのだが。明らかなるガルパンおじさんのいい加減さにより、酒とツマミぱっかだった(笑)。まー、俺様は苺買っていったので良しとして貰おう。
あと、卒業写真と文集を見せられて、将来の夢にインテリアデザイナーとメカデザイナーというのがあったので、メカデザイナーは厨二っぽいかとおもったら、そこのお坊ちゃまのだったので、えらい悪いことをしてしまった。カトキ氏(デビュー時の職業:あさのまさひこの手伝い)みたいなのかと思ったら、どうもインダストリアルデザイナーみたいな感じだったので、だったらジウジアーロみたいな日本で最も工業デザインに影響を与えた人を目指せよな、と思ったが、大河原邦夫先生の方が通りがいいらしい(笑)。というか、自分もメカデザイナーというものに興味があった時期があったが、基本的に日本で職業がメカデザイナーな人なんて大河原先生くらいな物だと思うが(他の人は役職がメカデザイナー)。

というような感じで、ゲームをやったり、お絵描き大会をしたり、I氏がお出かけ用にPENTAX Qに興味を持ったり、スーパーソニックマン(DVD版は超次元ソニックマン)を見たりして、とりあえず寝る。

次の日は家人が起きる前に出発して、9時過ぎには大洗に到着。当然のようにサンビーチの駐車場であったが、昨日と比べると既にすごい車で。それでも昨年のあんこう祭りに比べればすんなり入ることは出来た。

ホビーショーの待機列が会場外に形成されているのを見つつ、マリンタワー前のメイン会場へ。開会式に間に合ったというより、結構早く着いたので、双葉君はさっそく食べ物のテントを物色しに行き、私は本部前の列に並んだ。一つは花火大会の寄付のためだが、なんか並んでいたので着いていたら。商工会の物販列だった。途中、昨年行ってきた筑波海軍航空隊記念館の物販テントで筑波神社の御朱印を頂いたりしつつ、最終的に、せっかく並んだのでカンバッチを買い込みました。で、当然、花火の寄付もして、カレンダーをもらってきました。

つづく

2017年3月21日 (火)

海楽フェスタ・前日の大洗

時はさかのぼり3/16(木)。親戚の葬式関係の日程も決まり、私は事前に色々済ませ。週末に出かける予定もほぼ決まり、出発時間の打合せも終わって面倒なことは終わったと思っていたら。携帯にメールが。なんか、後輩の綾乃小路くんが都合が明日の昼に決まるとか。……ホテルのキャンセル期間が終わってからかい。そして次の日、ダメとのメールが。なんでも、異動に伴い、書類を作らんと行けないとか。関係者一同「おかしい」「ブラック企業」「職場でいじめられている」などの感想が飛び出しましたが。まぁ、行けないのは仕方ない。1月のガルパンコンサートのアンコール公演も急遽休出が入って行けなかったし、いじめられているのは確定だよな(笑)。ちなみに、彼は、一般に休みをしっかり取れるといわれる公務員です。

ということで、土曜日早朝、いつもの双葉くんがでかい車でやって来たので、私のしょぼい車に乗り換えて出発です。非常にすんなり進んでいたのですが、途中、常磐道でほぼ動かなくなってしまう。こりゃあ事故渋滞だろうなー、と思っていたら。一台はセンターで横倒し、一台はひっくりかえって2車線塞いでいました。合流してきた車と絡んだっぽい?車の近くに立っていた兄ちゃんは、髪がオレンジで印象的でした。ヒャッハー。
渋滞に負けて、スマートICから降りていったガルパンおじさんもいましたが、ナビの情報通りに事故地点はそこからすぐだったので、おそらく高速に残っていた方が時間的には正解だったかと思われます(むろん、ドライブを楽しむなら渋滞より下道という考えも正解)。

で、大洗に到着。基本、海楽は次の日ということで、アウトレットの駐車場も使えたのですが。混んでいることは分かっていたので、素直にサンビーチの駐車場に入れました。ガラガラでした(笑)
とりあえず昼飯ですが。商店街の方をぶらぶら歩いてみたものの、ガルパンおじさん御用達の店はあらかた行列が出来ていたので、飯岡屋水産で魚貝買ったり、年宝菓子店でガル缶買ったり、月の井で酒買ったりしながら漁港の方まで抜けて。海鮮丼とか天丼とか食べて。おみやげの魚介類を買い込んで。生しらすを買おうとしたら「駿河湾産」と書いてあったので、なんかむなしくなりました。でかいトロ箱に氷と一緒に入れてくれたので、一旦車に戻る。
で、再び出撃して、今度は埠頭のホビーショーへ。昨年のあんこう祭りでは人が多すぎてホビーショーを見られないという嫌なサプライズがありましたが。今年はオープンなテント村なので並んでいてもしれたもの。自分の見たいところだけをチョイスしてみることも出来ますし、風が強いことを除けばこっちの方が良かったです。
あと、日照プラント様の戦車も、IV号、チハ、カルロベローチェ、エアロソンが見られるコーナーも。
とりあえず、イベント&通販限定の「ねんどろいどT34冬季迷彩」を買う。エリカのキューポッシュも買いたかったけど……既に通販申し込んでいたんだよ。海楽で売るなら、わざわざ注文しなかったのに(予感はしたけど、確証がなかった)。
あと、システムサービスさんでリツイートするとフィギュア用の背景(大洗の海)が貰えるキャンペーンをやっていたので、アリスコスのお姉さんに聞きながら操作して何とかゲット。お姉さんの写真もゲット(笑)。 ついでに、まいわい市場でおみやげを買い込む。買えるときにかうのが鉄則。こちらの冷凍生しらすは大洗産と書いてありました(笑)。
ということで、必要なものとお土産を買い込んで、1日目のお宿、大学時代の友人のIくんのお宅へと向かったのでありました。

つづく。

帰ってきました&プロローグ

大洗から帰って参りました。
今回、海楽フェスタは非常に楽しかったのですが。それ以外の点で、出発前からトラブルが多発。特に、ふたりほど、旅行とは直接関係ないところでダメージを負っているため、幹事としては忸怩たる思いであります。
あと、昼過ぎにかえってから、ずっと紙物の整理とかやっているのですが、これまでの杜撰な管理もあって、未だに終わっていません。なんたること。本来なら、早速、旅の話が書きたいのですが、それは明日にまわして、部屋を片付けないと寝られません(笑)。
あと、整理していて気がついたのですが。昨年のあんこう祭りの資料が手元に全くありません。デジタルデータのプリントは、使い倒したので処分してしまったようなのですが。いつもなら貰える公式のチラシや、物販関係のちらしが1枚もありませんでした。なんてこったい。昨年のあんこう祭りの異常さがわかる事案ですが。今年の海楽の人出からすると、おそらく、今年の秋も……恐ろしい。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック