ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

カメラ

2017年12月14日 (木)

デスクトップ撮影その3

昨日の写真、撮って出しだとやけに暗いと思ったら。そもそも照明当てるの忘れてた。そりゃあ室内灯だけでは暗いわけだわ。
ということで、再び撮り直し。ボディは「PENTAX Q7」レンズは「02 STANDARD ZOOM」というお手軽な組み合わせ。本体設定を詰めていないので、ソフト側でシャープネスをちょっとかけている。照明は面発光させるために中古で買ったライトボックスを使っている。

20171214


ちなみに、ワーキングディスタンスが足りないのと、三脚を立てるのが面倒なので、昨日書いたように、こういうアクロバットな撮り方をしてみた。ゴリラポッドの正しい使い方である(笑)。

20171214_2


こっちの写真は「PENTAX K-1」+「FA 20-35mm F4」という組み合わせであるが。室内照明のみで適当に撮ったのに、撮って出しで十分使える物になっている(サイズ変更のみ)。やはり、価格なりの差というのは歴然として存在するわなぁ(こっちは、さすがにゴリラポッドを使うにしてもしっかり固定しないと重さでこける)。
やはり、普通に家で使うなら「Q7」を出しっぱなしで使うよりも「K-1」を使った方が早いかなぁ。

2017年12月13日 (水)

デスクトップ撮影その2

昨日のシステムだと三脚穴のすぐ横からUSBケーブルが出るため、一般的な三脚が取り付けられない、という問題があった。
そのため、100均で売っているミニ三脚を使ったのだが、軽すぎて取り回しがよろしくない。
ということで、三脚は愛用のゴリラポッド(の一番大きい奴にスリックの自由雲台を組み合わせた物)を使い、カードの出し入れで対応することにしてみた。まー、多少面倒だけど、スピード勝負は会社で慣れているので、後はやる気だなー。

ということで、試しに撮った一枚。試し撮りとはいえ、無駄なスペースが多くて構図が良くないな。カメラ位置をもう少しフレキシブルに動かせる工夫が必要か。

20171213

2017年11月30日 (木)

PENTAX K-1 修理完了!

さて。カメラが帰って参りました。ペンタキシアンのとーのです。
家に帰るとカメラと書いてある箱があったので「代引き、いくらだった?」と聞いたら「いや、お金取られなかったよ」と。???俺、他にカメラとか買ってないよな?板橋って書いてあるから、リコー(というか、ペンタックス)から来てるよな。
ということで、いそいそと開けてみると。
ぷちぷちに包まれた「PENTAX K-1」と明細書が。えー「特別無料修理」。

……神ですか?

モードダイヤル関連の故障は確かによく見かけるものですが。K-1では「Mモードに固定される」という内容ながら、修理に関する話はまちまちで。新宿で窓口に出したら2時間で治ったという話もあれば。サービスセンター送りになって2週間帰ってこなかったとか。見積もりだしたら2万円くらいと言われたとか、ショップの延長保証で治したとか。
つまり、同じような症状の修理でも、対応もいろいろなので(中味の故障が同程度とは限らない、ということですかな)、一概にどういった対応が成されるかは分かりませんが。少なくとも、「PENTAX はユーザーを裏切らない」と言うことですか。ユーザーの立場に立って寄り添ってくれている、と言うことがわかっただけでも、今回修理に出したのは無駄ではなかったと思います。

まー、今のところペンタックスから乗り換える気は無いだけに、会社の対応が良いというのは嬉しいですね。

ちなみに、一応私マルチマウントですよ。Kマウントしか持ってないとか言わないですよ。M37、M42、110、645、67、Q……とかいうと殴られそうですが。ニコンF、キヤノンFD、EF、M39、オリンパスOM、PenF、ミノルタSR、A、があるよ。……全てフィルムカメラですが(笑)。あと、ニコンは今でも会社で使い倒してますが(レンズはここ数年はマクロ40mm1本しか使ってないですが)。個人で使うならハイパー操作系のあるペンタ以外選択肢にないわな。

そういや、親父に聞いた話では、SP時代には裸で修理に出したらケースが付いて戻ってきたとかいう話を聞いたこともあります。全盛時の華ですな。最近では、ボディキャップが新型になって戻ってきたという話があったので、試しに旭光学時代のものを付けて出してみましたが。ちゃんと、元のまま帰ってきました(笑)。

2017年4月29日 (土)

ペンタックスのシャープネスについて考えた(情報収集編)

寝過ぎて辛い。もしくは、休みで薬を飲んでいないので、花粉症で辛い。どっちかわからん。

昨日はK-1の設定のうち、シャープネスをどうするのか迷って(今までは、WEB用に縮小した後にフォトショップで適当にかけていたが、面倒になってきた)。K-1関係や他のペンタックス機のマニュアル本を読んでみたけど。他社の機種とちがって単独でシャープネスの設定がないためか、触れられていない。ペンタックスの場合は「絵作りの設定の一つ」ということで「カスタムイメージ」の設定の一つに入っていて、「鮮やか」「人物」「風景」「雅」などの設定一つ一つでシャープネスを変更できるようになっている上。他社と同様の普通のシャープネスの他に、ファインシャープネスとエクストラシャープネスがある。初めて付いたK-20Dの頃はファインシャープネス+4がお勧め設定だったと思うけど。
ネットの意見を色々調べてみたけど。総合すると「風景などのランダム感があるものはエクストラシャープネスがいいが、一般的にはファインシャープネスが無難」という感じであった。補正量なんかは、撮る物や人によってそれぞれなので。やはり、自分で撮り比べてみるのが一番であろう。
ということで、試してみようと思っていたが、今日も寝ているだけで終わってしまった。
明日頑張ろう(笑)。

ちなみに、車を洗う予定だったが、空模様が怪しかったのでやめた。案の定、通り雨みたいなのが来て。さっき見たら、黄砂だか花粉だかでクルマ全体が真っ黄色になっていた。危ないところだった(笑)。

2017年4月27日 (木)

PENTAX Q のフードと FA 20-35mmの近接撮影での歪みについて

いつも通り、やろうと思っていた仕事が全く進まず、その割に疲れて死にそう。

ということで、昨日の予告通りフード写真です。……需要あるのか?
それはともかく。K-1で撮って、久しぶりにPCの方へ転送したら、いつまでたってもコピーし終わらない(笑)。RAWファイルがでかすぎて、昨年夏からの大量のファイルがどうしようもない。1日分なら我慢できるけど、貯めたらダメだナー。急いでいるときにはどうしようもない。
しかも、適当にカードを使っていたら、カード2の方に入っているファイルもある(笑)。

20170426_r1

というわけで、我が家のQ-7ですが、交換レンズ2本持っていってもこの程度。お洒落な純正ケースはコレが使いたくてQを使っているようなものなのですが。02 STANDARD ZOOM だと少し窮屈ですが。おそろしいことに、08 WIDE ZOOM だとフードを順方向に付けたままでも入ります(笑)。まー、破損を考えたら、ちゃんと逆付けした方が良いのですが。実際に飛び出す部分がほとんどないのと、ケースの強度を考えると、速写ケースとしてなかなかよいのではないかと。

20170426_r2

で、これが 08 WIDE ZOOM ですが。短くていいですね。01 は、まだ持っていないので(購入予定)、取り回し的にはよろしいです。観光地の狭いところでスナップするには使いやすそうです。寄れるので、大きく撮りたいなら近寄ればいいのですが。

20170426_r3

レンズの長さ。06 TELEPHOTO ZOOM はフードが深くて、昼間の外で撮影するには良好そうです。見た目は棒みたいでアレですが。02は花形フードで、存在感の割に取り回しは良さそうです。08 WIDE ZOOM はボディに付けたままでも02と同じくらいですから、取り回しという点では最強ですね。スナップ用としては画角的にも最強かと思いますが……値段が高いのが問題です。ちなみに、リコーのオンラインショップでアウトレットが安かったので買いましたが。それでも、中古のダブルズームキットより高いです(笑)。

ちなみに、これが「FA 20-35mm」の初出ですが。これ、ボディでレンズ補正が効かないんだ。しかし、フォトショップで歪み補正だけでもしておこうかと思ったけど、やってみたら、「ほぼ補正の必要がなかった」です。3枚目で06が少し樽型に歪んでいる気がしますが。修正が微妙すぎたのでやめました。上の写真はリサイズしてシャープネスをかけただけですので、歪みの補正は全くしていません。これ、優秀なレンズですね。

2017年4月19日 (水)

17日の続き/ストロボナーの電池ボックスの清掃

17日の続き。
ハネウェルのストロボナー700(一番下位グレード)を旭光学商事が輸入していたものです。日本のカメラメーカーの殆どが閃光電球を用いたフラッシュを使用していた頃の高級品です。「ストロボ」はストロボリサーチ社の登録商標ですが、国内ではエレクトリックフラッシュの一般名詞として使われています。

20170419_denchi

写真を撮りましたが、充電池の写真がコレ。中味が出てきてモルタルのように固まっている。充電池なのに電池ボックスが簡単に開けられるようになっている謎仕様。乾電池Verもあるのか?
電池は電極同士が数珠つなぎに半田付け(抵抗溶接?)されており、最後に電極とくっついている。電極は青銅製のようで、片側は問題なかったけど、もう一方は緑青で真っ青だった。

20170419_box

電池を外して清掃したのがこちら。
電池BOX内に何もないのと、プラスチックを腐食する物質がなかったため、綺麗なものです。充電池を買ってきて入れればそのまま使えます。金具はトイレ掃除用の希塩酸で洗いましたが。緑青が驚くほど頑固でなかなかとれませんでしたわ。
ちなみに、外装に付いている回転する円盤は光量補正などではなく、フィルムのISO(ASA)と対象物との距離と絞り値の関係を示しているだけです。

20170419_hontai

そして、本体側の電池ボックスが入るところがこちら。2カ所の電池ボックスの金具が当たる部分に真鍮の端子が見えます。片側(電池ボックスの緑青が吹いていた方)にうっすらと緑青が付いていましたが。幸い、ここから内部へ侵入した形跡はなく、表面を清掃するだけで済みました。ラッキーです。

しかし、実際使うには、別売りのシンクロコード(汎用の平行プラグタイプでいけそうです。テスターで測定してみりゃわかりますな)とカメラブラケット(AF-400T用とか松下の大型用で代用できるか?)が必要なんですが。国内では当時は高級品だった故か見たことないです。まぁ、ネットで調べると持っている方はいるようで、凄いですねぇ。

2017年4月17日 (月)

腐った充電池をどう処分するか悩む

入手した古いストロボ(ハネウェル製)の中から、もの凄い状態になったNi-Cd充電池が出てきて、どう処分しようかお悩み中。なんというか、電池のミイラですよ。古い機材を買ったりすると、液漏れした電池というのはよく見るけれど(大概、周辺の金属を腐らせて、真鍮が緑青を吹いて青色になっていたりする)。こんなに酷い者は初めて見た。マニアな人は歴史的な証拠としてそのままとっておくのだろうが。私は、基本的に「電池は捨てる」派なので、ナントカしたいところだけど。しかし、前の持ち主は、コレ、確認したのかなぁ?(液漏れしていることは分かっていたようなので、おそらく、ちょっと見て、閉めたと思われる)。
あと、カメラに繋ぐためのコードが付属していないことに気がつかなかったのだけれど。端子形状が古いニコンの三極平行プラグが似ているけど、おそらくサイズが全然違うと思われる……と思って、昔のペンタックスのアクセサリカタログを見たら、普通の二極プラグのシンクロコードだった。しかし、これ、シンクロコードが別売りだったんだ……。
あと、専用のパンフレットを持っているかと思って探したけど見つからなかった。マニュアル、カタログ類の収集は一定ラインを越えると資料的な部分とコスト的に全く合わなくなってきて(紙コレクターではなく、あくまで研究用なので)一旦辞めたんだけど、ぼちぼちやるべきかなぁ。

2017年4月13日 (木)

ここ数日のPENTAX(リコーイメージング)に関する報道について思う

昨日の日経の飛ばし記事のせいで、PENTAX界隈は酷い風評被害に遭っていましたが。
そもそも、元々の発表は「約100億円を減損損失がデジタルカメラ部門での収入予想に対する損失である」というものでした。リコーのデジタルカメラ部門はリコーイメージングによるコンシュマー部門と、これまたペンタックスから引き継いだ監視カメラなどの業務用のシステムです。ここ最近のコンシュマーカメラのうち、ハイターゲットの645ZとK-1については、販売予想を上回る売り上げということで、割と楽観視されていたため、このリコーの発表について「どの製品が予想外に売れていないのか?そもそも、いつの予想に対する売り上げなのか?」という疑問を持って詳細を待っていたのですが。
リコーからの発表の前に、日経が「コンシュマー向けからの撤退も含めて検討」という爆弾記事を載せてきたわけで。これが、電子版の煽りにもなっていたため、私のパソコンなんかはアフェリエイト記事の見出しがみんなコレになったりして(笑)。
元々、現在のPENTAXブランドは、少数作って売りきりでまわしているところがあって、在庫がなくなればそんなに赤字は出ないはずだと思っていましたし。リコーが立ち上げ時の本業の一つである光学部門、ソレも買ってから日が浅いPENTAXブランドを手放すとは思えませんでしたが。当然のように、すぐに否定のコメントが発表されました。撤退ではなく、「高付加価値品への集約」と。
これでいくと、APS-Cのエントリークラス(K-70のライン)、防水コンデジからの撤退と考えられますが。エントリークラスの見直しというのは既に噂として出回っていた物で、現行の「安くてフルスペック」の見直しは複数筋で語られている既定路線。防水デジカメもオリンパスに差を付けられているので仕方ないかと。Qは既に国内終了状態だし。
で、最終的には中期経営計画の資料を読んで確認したのですが。新しくなった社長が経理畑出身ということで。技術者からすると嫌な感じの改革ですな。テクニカル的な面では。現在の工場の整理(<オーソドックスですな)、自前主義を返上してOEMの強化(<これは一歩間違えると大変)なんかで。カメラ部門を名指ししての改革案は内容に含まれてはいませんでした。
基本、リコー本体の問題で、国内工場の集約は強力に行うようです。PENTAX関係ですとフィリピンとベトナムの工場くらいしかないし、本社も古巣を離れてリコーの方へ移ったので無駄はないはず。
社長が、これまでの「カメラ大好き」から変わったのが痛いですが、会長が変わっていないので、いきなり問題化はしないと考えられます。
また、一説によると、PENTAX買収時の損益が出きったため、これにて問題が解消された、という噂も聞きました。それにしても100億も収入予想を間違えた、というのは具体的に「何に対する期待が外れた」のだろうか?

現在のカメラ市場の冷え込みが厳しくて大変なのは分かりますが。ニコンもステッパー関 係が壊滅的で青息吐息ですし。オリンパスはちょっと前に粉飾決算で会社がつぶれかかったし。パナも組織改編(ここも日経の飛ばしでデジカメ部門解体と書かれたわな)だし。ソニーも本体追い出されたし。キヤノン、フジといった広告費が凄いことで有名な2社が「とりあえず問題が聞かれない」くらいですか(この2社はトヨタと同じで広告費の関係上、既存のマスメディアでの悪評はあり得ないと思われますが)。
個人的にはPENTAXブランドは元々一眼レフのみで商売していたので、ボディが2~3種類あれば十分なのですよ。645がサイズ的にフジのミラーレスに負けそうなら。研究中との噂の645フルサイズセンサーを積んだバケペン型(つまり瓜型ではなく、縦の薄い形)のボディにして、ミラーレスを迎え撃つとか。645レンズは67よりもフランジバックは短いので、67同形状でもサイズは小型化できるはず。
あとはエンプラ上等でともかく小型で軽い一眼レフを出すとか。わかりやすい利点を前面に出したラインナップで「大もうけしなくても赤を出さずにリコー本体に文句を言われない状態」が保てれば生き残ることは出来ると思うのですが。一眼レフを作れる会社が3社しか残っていない、という事実は伊達では無いと思うのですよ。

しかし、日経の飛ばし記事(あと、特亜関係の偏向報道)に関してはネット上では散散に罵られていますが。やはり「日経」というブランドは強力で、ネットとか見ない、我々よりも上の世代の人たちは「日経に載っていた」というだけで無条件に信用してしまうのですよね。パナの報道といい、ペンタの報道といいカメラ業界に喧嘩でも売っているような最近の飛ばし記事を見ても思いますが。全くもって、害悪でしかありませんな。

2017年3月30日 (木)

最終的な最低重量

「K-3」+「DA 12-24mm」=1230g
「K-1」+「FA 20-35mm」=1255g
バッテリ込みの公式の重量で、25g差に収められたわ。
K-3の時は縦位置バッテリグリップを付けて、単三電池を入れていたのでもっと重かったんですけどね。
問題はストロボ内蔵していないことくらいかね。AF540FGZを持ち歩くと重いとか(笑)。

軽い広角レンズを探す

前回のあらすじ:重いと面倒になる

ということで、K-1の持ち出し率を上げるためには、軽くなければいけないという話になるのですが。本体は変えようがないので、バッテリーグリップをあきらめるとして。
レンズが問題で。昨年のあんこう祭りでは「FA 28mm F2.8」を付けっぱなしにしていたのですが。商店街の人混みの中での撮影では、ワーキングディスタンスがとれないため、もう少しだけ画角が欲しい。APS-Cの時は「DA 12-24mm F4」を付けっぱなしにしていたので、本来は「DFA 15-30mm F2.8」を買うべきなのですが。値段が高い割に★レンズではないし、何よりレビューを見ると誰もが「描写は良いが、でかくて重い」と言っているので尻込みしてしまうわけで。CP+でロードマップの「超広角単焦点」が出たら買おうかと思っていましたが、発表されたのは★50mmと★85mmでしたので、それはそれで嬉しいけど、用途に合わない。

ということで、K-1のレビュー記事を読みまくっていると。K-1と共に発売になった廉価レンズの「DFA 28-105mm」の性能がなかなか良いらしいけど、これも28mmはじまりなら「FA 28mm」で済んでしまう。もっとも、便利な焦点域なので、日中撮影なら「A09」よりもずっと良さそうで、欲しいと思うのだが。

で、とある写真家さんの記事(どこで読んだか忘れてしまい、今回探したが見つけることが出来なかった)の最後に「付けっぱなしにしていたFA 20-35mmの切れ味が思ったより良かった」という言葉を見つけ。そういえば、昔、カタログに1.5倍というショートズームが載っていて、スペック厨だった当時の私は「なんでこんな狭い範囲のズームなんて売ってるんだろう」と不思議に思ったものですが。今考えれば「無理のないズームで高性能」というごく自然なものであり。広角側は画角の変化が大きいので、コレ1本でペンタックスで言えば「20mm、24mm、28mm、30mm、35mm(21mmと31mmもあるけど……)を代替する」ということになるわけで。なるほど、よろしいかと。長さは「DA 15-30mm」の半分、重さは1/4という軽いレンズですし。「FA 35mm」「FA★ 200mm」と同じく、現ニコンの大変偉い人になられた泉水氏の設計によるものとすればにわかに欲しくなりました。が、当然、ディスコンです(笑)。

中古も全く出回っていないので、結局、オークションで探すことに。たまーに、出てきますが。落札相場も、一時期の中古相場よりも結構上がっているようで、まぁ、迷いましたが、結局入手しました。ラッキーなことに、当たりでした。

K12030_1

ということで、こんな感じ(「Q7+02レンズ」で撮影)。

K12030_2

FAレンズでも距離指標がシールドされているちょっと高級っぽい方のデザイン。ズームのゴムリングは後期デザインですが、トルクが軽くて不安になります。が、広角らしく押し出しの強い花形フードと相まって、なかなか似合います。
部屋の中で撮影した感じは良かったですが、アップ出来るような物ではないので、桜が咲いてからかなぁ。

あとは、望遠が1本あれば良いのですが、うちには「初代 DA 55-300mm」以外はsmcタクマーしかないので、なんか考えないといけませんなぁ。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31