ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

カメラ

2018年9月26日 (水)

パナとオリンパスの微妙な関係……

死にかけていますが、まだ死んではいません。よく仕事しているな。税務署は来るし、監査はあるし。

とりあえず、パナソニックとライカとシグマが組んで、ライカのLマウント(SLマウント)でミラーレスを協業するということで。パナの世渡りの上手さが光ります。当初、オリンパスのフォーサーズに乗っかって一眼レフを造り。次は、自社先導規格としてマイクロフォーサーズを立ち上げてオリンパスを引き込み。世間が35mmフルサイズなどの大型画素に集中すると見るやいなや今度はレンズで協業していたライカの規格でボディを作る。

オリンパスはフィルムに比べてデジタルカメラの素子の最大の弱点である「センサーは垂直に入光しないとダメ」なのを克服する為に、いわゆるテレセン→像側テレセントリックによる入射光の垂直化を最重視して小型の素子に大口径レンズというマイクロフォーサーズを設計したのに、いつの間にやらフランジバックが短くなり、オールドレンズ母艦とかなんとかやっているうちに……。当初の志はどこへやら。レフ機に近い機能と外観のものはプロにも高い評価を受けているものの、規格としての訴求力が現状としてどうなのかという。

そんなフルサイズミラーレス四つ巴の戦いの中で、我らがリコーはGRIII発表ということで。APS-CのGRシリーズとして、いよいよPENTAXの技術がプラスされて、小型になるわ、シェイクリダクションやダストリムーバルは付くわ、アウトドアモニターなどのソフト面も最新機種に追従しているわで、現行他社の「差別化された高機能コンパクトカメラ」とも違うスナップシューターとして、またしぱらく人気になりそうですわ。
リコペンのカメラが世の中からどんどん差別化されていく(笑)。

2018年9月16日 (日)

PENTAX K-1改(K-1 II相当)で撮影してみた

今日は、あてもなく国1を東にぶらぶらドライブしてました。で、帰りに遠州三山のうちの一つ、油山寺に行ってきました。
国の重要文化財の三重の塔が有名なお寺です。御利益は目の病気が治るということで、目に関するものも色々あります。

20180916_yu01

K-1改の試験がてらなので、今回掲載の写真はサイズを変更した以外は何もいじっていません。撮って出しのjpegそのままです。ディスプレイサイズにも寄りますが、jpegそのまま手を加えずにサービス版でプリントしたイメージと思っていただければ。
ちなみに、色のモードは個人的好みで雅にしていますので、赤は飽和気味です。PENTAXのカメラを使うなら、やはり雅でしょう。
ちなみに、冒頭のショットは露出調整-2にしています。絞り優先そのままでは、さすがに青空が飛びます。

20180916_yu02

K-1のときの常用ISO上限であるISO800ではなんともありませんな。

ということで。
おそらく40年ぶりくらいに行ったのですが。あんまり覚えていないので。記憶よりも小ぎれいで、かつ、広いナー、と。30分ほどの滞在でしたが、半分くらいしか廻っていません。というか、本殿と三重の塔以外に見るところがあったとは、知りませんでしたわ。子供の頃には、何のおもしろみもないというか、どうしてこんな所に連れてこられなければならないのかと……(笑)
大人になって来ると、なかなか見どころが多いのですが。逆になかなか廻りきれないのと。山の上でアップダウンが激しいので、ドライブの帰りでは体力が持ちませんでした。
あと、蚊にやられまして。虫除けは必須です。

途中にある小さな滝「るりの滝」。

20180916_yu03

目の御利益の逸話になった滝です。ISO6400で撮影していますが、このサイズなら全く破綻がありません。恐ろしい。これならストロボがなくても、昼間なら困ることは無さそうです。
実際、肉眼ではかなり暗いところでも、高感度特性と強力な手ぶれ補正のおかげで難なく写真が撮れます。

ちなみに、等倍で切り出したところ。

20180916_yu04

さすがに驚きましたわ。縮小しなくても、自然の風景撮影なら、ほぼ破綻無く使えます。ネットでの情報でも、このあたりまではほぼ使えるという話でしたが。確かに恐ろしい。
ちなみに、同様のISOO6400でも平面的な人工物で、なおかつ雅で飽和しやすい赤、というと、さすがに等倍ではノイズが見えます。

20180916_yu05

見てわかるようにディティールはのっているので、縮小すれば何ら問題はありませんが。

今回、ISO上限を決める為に高感度特性を追ってみましたが、確かにK-1に比べて「ノイズが綺麗に見える」ようにチューニングされています。K-1はこれまでのPENTAXの傾向である「ザラザラしたノイズでディティールを残す」「輝度ノイズがなんか目立つのでザラザラして感じる」というのがありましたが、その辺を上手く誤魔化す計算が行われているようです。

残念ながら比較写真を撮るのを忘れたので、今回は載っけていませんが。
リアルレゾリューションIIも試しました。確かに解像度が凄いです。デジタルカメラユーティリティ5をアップデートして確認しましたが、RAWファイルが3倍以上になるだけの情報料は入っています。大伸ばししてプリントする予定があるなら積極的に使っていきたいところです。
待ち時間は長いですが、ある程度わかっていれば我慢出来ます(最初の1回は長く感じた)。出来れば、座って休めるところがいいです(笑)。
某雑誌のテストの解像度比較で、これを全く評価していないものがありましたが、今回自分で使ってみて「リコーが広告出してないから……」と思ってもいいのではないかと思いましたわ。サンプル画像はネット上に沢山出ていますから自分の目で確かめていただければ、と思います。

ということで、久しぶりに行った油山寺も侮りがたかったですが(意外と人も多かったし)。それ以上に、K-1改には満足ですな。アップデートを迷っている人は、あと半月ですから、決断はお早めに。

2018年9月14日 (金)

還ってきた「K-1」

今週は生きていくのがやっとだった感じで、全くここも書いている気力が無かったですな。

ということで。
うちの旗艦たる「PENTAX K-1」様が改造手術から戻って参りました。改造人間?

20180914_k120

…………旅立つ前と何も変わりません。
レンズはいつもの「SMC PENTAX FA 20-35mm F4.0」です。広角1.5倍ズーム。FAでも最後の方の製品ですが。FA 35mmを設計され現ニコンで活躍されている泉水隆之氏が手がけたレンズと思われます。ズーム倍率がおまけのような、単焦点に近い使い勝手のレンズです。
小型軽量ですが、さすがに広角だけあって、こうやって見るとでかいです(フードを付けていると本体がほとんど見えない……)。
ストラップはピークデザイン。幅広で疲れなくて良いけど。PENTAXって入っているのが欲しいんだよなぁ。コラボしてくれないかなぁ。
これを中華なアルカスイス互換のクイックリリースクランプ+「Auto110」の三脚アダプター(クランプのツマミが引っかかる為のかさ上げ)+スリックのボールマウント雲台+ゴリラポッドの一番でかい奴、という構成で立たせてます。

20180914_k121

別の角度から。
……やっぱり違わない。

20180914_k122

ということで、外観的にわかる違いは、「SR」プレートが「II」プレートに変わっただけです。ショッカーの怪人をベルトで見分けるとか、マフラーの色で見分けるとか、そういうレベルです。
ちなみに、「K-1 II」のマニュアルが付いてました。
絵に関しては、週末にでも……。

2018年9月10日 (月)

グローバルシャッターのもたらすものは?

ソニーのグローバルシャッター搭載センサーにAPS-Cサイズという大型のものが登場したことが話題になっていますが。当然、クイックリターンミラーに続いてメカシャッターもなくなって、小型軽量のカメラが出てくることを期待しているようですが。
個人的には、機械式による機構を残したカメラを使いたいんですよねー。確かに、重くて大きいのは困りものですが。「機械が動いている感」がなくなってしまうと、もはや「趣味性」としてのカメラは失われてしまうので、「スマホで十分」にどんどん近づいてしまうかと。

そういう意味では、富士がハイブリッドレンジファインダーを残しているのも良いと思いますし。おそらく一眼レフはペンタックス以外撤退してしまう未来が見える気がします(それは昔に戻るだけで、元々小型の一眼レフなんてペンタックスが隙間商法として作っていたカメラだ)。

現在のカメラの形が一眼レフを基準にしているのは単に高級機種が「ソレ」だったためであり。その前の時代はライカ型のレンジファインダーこそが高級なカメラの形だったわけである。そういう意味では、AFにしろミラーレスにしろカメラの形自体はほとんど変化しなかったわけだけれど、今度は一種のパラダイムシフトを起こすような変革を期待するのだが……それこそがスマホだったら笑えないなぁ。

2018年8月26日 (日)

「カメラバカにつける薬(飯田ともき/ていこくらんち)」10巻

今週は死ぬほど疲れてました。なぜか。大して仕事してないのに。

20180825_ca10

「カメラバカにつける薬(飯田ともき/ていこくらんち)」10巻が届きました。
今回は、全編が江戸時代編です。でも、カメラはデジカメです。
10巻で終わるような予告もありましたが、事前の予告通り終わっていません。
ツイッターのタイムラインを見ていると、かなりシリアスな話になっているようでしたが。実際、シリアスな話なのですが、どちらかというと未来舞台にSFでやるようなネタを逆に江戸時代でやってしまっているあたりが逆に新しいと思ってしまいました。
いや~、実際に業界で起こっていることはその通りで、非常にコワイ話かと思いますが。その合間でニコンやキヤノンやミノルタ(ソニー)は時代に合わせてレンジファインダーから一眼レフ、ミラーレスと形は変わっていくでしょうが。どーせ、ペンタックスは10年後もペンタプリズムとミラーボックスのついたカメラを作っているでしょうから、ペンタキシアンは蚊帳の外のような感じです(笑)。
というか、スマホやタブレットでもファインダー(<これだけナントカして欲しい)が付くようになったら、それはそれでいい気がしますが。

閑話休題。
今回、患者の人の立ち位置が凄いことになっていますが、さて、次回どうなっちゃうんですかねー。
本編はナースさんがナントカしてくれると思ってますが。

ところで、写真喫茶シリーズの続きはまだですかのぅ。

2018年4月25日 (水)

カシオ、どうなる?

とりあえず生きてます、とか書いてお茶を濁そうかと思ったら、目の前に衝撃的なニュースが。
日本経済新聞が「カシオがコンパクトデジカメからの撤退方針を固めた」なる記事を挙げたという(忙しくて、会社で日経読んでいる暇も無かった)。「今後は高付加価値なカメラ製品に特化する方針だ」らしいけど、カシオは日本のカメラメーカーの中でも唯一「普通のコンデジ」一本で売っている会社である。高付加価値というと「GR」みたいな高価格帯の商品に行くのか?という気がするが、カシオ自体に高級ブランドとしての実績が無いので、いささか腑に落ちない。
まぁ、いつもの日経だからナー、ということで、カシオの広報が全力で否定に来るかと思ったが。IT mediaによると「さまざまな選択肢がある中、詰めている段階」というコメントをもらったということで、かなり深刻な事態になっているらしいことがわかる。
とはいえ、廉価カメラ市場が成り立たないくらいに、ユーザーがスマホで満足してしまっているのだからどうしようもないというか。豆粒センサーに豆粒レンズでもライカだのツァイスだの言い始めているし。やはり、スマホの「常に持ち歩いている」という利点と比べれば、絶対的な画質の優位さと、スマホ以上に普段から持ち歩けるサイズでないといけないという、かなりの無理ゲーになるしなぁ。
ちなみに、うちでも昔カシオのコンデジ(単3)を使っていたけど、正に質実剛健でバランスが良く、使いやすいカメラだった。更にちなみに、今はペンタックス最後の単3コンデジ。いつでも電池補給出来るのは年寄りに使わせるには正義となる。

2018年2月25日 (日)

ペンタックスK-1 Mk.IIについて想う

1週間、風邪具合でフラフラしていたせいで。撮影スペースがゴミためのようになって写真が撮れないよ<有効活用してないからどっちでも一緒。

それはともかく。
その1週間で、噂が出ていたペンタックスK-1 Mk.IIの発売予告が出ましたわ。K-3IIIの方が先に出ると思っていたので意外。というか、K-1、一応、コンシュマー向けのフラグシップ機なのにもうバージョンアップかと思いましたが。なんと、基板の交換を有償でやってくれるそうです。やったー!
過去にもフィルムカメラ時代のミノルタα9(アルファ9)とかありましたが。デジタル時代は、その中味のバージョンアップが飯の種だけに、なかなかの英断かと思います。
実際、ペンタックスのカメラは初期設定のままではわりとプレーンに働き過ぎるのと、便利機能が他社と違う操作になる(ハイパープログラム/ハイパーマニュアルを理解しない人には使いやすさがわからない)ため、某カメラ誌のレビューでいつも下の方になったりするのですが。実際に使っている人にすると「あー、カメラの使い方も知らないライターがスポンサー順にレビュー評価付けてるよ」となるわけなのですよねー。これが、ある程度常態化しちゃっているのがペンタックスの一番マズイ点なのですが。使った人にしかわからない良さ、というのは使い込んでいる人のレビューにしか現れないわけで。今回のこのような措置も、ペンタキシアン(笑)と他社のフラグシップ使いの間では神対応とされていますが、その他の人たちにとってはどれほどアピールするかというと。アップグレード費用でお手軽レンズキットが買える、と思う層には響かないのかなーと。いつかはフラグシップ、と言う人には響くかもしれませんが……。

なんか、話が逸れてわかりにくくなってしまいましたが。ともかく、K-1持っている人間としては嬉しいな、ということですな。

2017年12月14日 (木)

デスクトップ撮影その3

昨日の写真、撮って出しだとやけに暗いと思ったら。そもそも照明当てるの忘れてた。そりゃあ室内灯だけでは暗いわけだわ。
ということで、再び撮り直し。ボディは「PENTAX Q7」レンズは「02 STANDARD ZOOM」というお手軽な組み合わせ。本体設定を詰めていないので、ソフト側でシャープネスをちょっとかけている。照明は面発光させるために中古で買ったライトボックスを使っている。

20171214


ちなみに、ワーキングディスタンスが足りないのと、三脚を立てるのが面倒なので、昨日書いたように、こういうアクロバットな撮り方をしてみた。ゴリラポッドの正しい使い方である(笑)。

20171214_2


こっちの写真は「PENTAX K-1」+「FA 20-35mm F4」という組み合わせであるが。室内照明のみで適当に撮ったのに、撮って出しで十分使える物になっている(サイズ変更のみ)。やはり、価格なりの差というのは歴然として存在するわなぁ(こっちは、さすがにゴリラポッドを使うにしてもしっかり固定しないと重さでこける)。
やはり、普通に家で使うなら「Q7」を出しっぱなしで使うよりも「K-1」を使った方が早いかなぁ。

2017年12月13日 (水)

デスクトップ撮影その2

昨日のシステムだと三脚穴のすぐ横からUSBケーブルが出るため、一般的な三脚が取り付けられない、という問題があった。
そのため、100均で売っているミニ三脚を使ったのだが、軽すぎて取り回しがよろしくない。
ということで、三脚は愛用のゴリラポッド(の一番大きい奴にスリックの自由雲台を組み合わせた物)を使い、カードの出し入れで対応することにしてみた。まー、多少面倒だけど、スピード勝負は会社で慣れているので、後はやる気だなー。

ということで、試しに撮った一枚。試し撮りとはいえ、無駄なスペースが多くて構図が良くないな。カメラ位置をもう少しフレキシブルに動かせる工夫が必要か。

20171213

2017年11月30日 (木)

PENTAX K-1 修理完了!

さて。カメラが帰って参りました。ペンタキシアンのとーのです。
家に帰るとカメラと書いてある箱があったので「代引き、いくらだった?」と聞いたら「いや、お金取られなかったよ」と。???俺、他にカメラとか買ってないよな?板橋って書いてあるから、リコー(というか、ペンタックス)から来てるよな。
ということで、いそいそと開けてみると。
ぷちぷちに包まれた「PENTAX K-1」と明細書が。えー「特別無料修理」。

……神ですか?

モードダイヤル関連の故障は確かによく見かけるものですが。K-1では「Mモードに固定される」という内容ながら、修理に関する話はまちまちで。新宿で窓口に出したら2時間で治ったという話もあれば。サービスセンター送りになって2週間帰ってこなかったとか。見積もりだしたら2万円くらいと言われたとか、ショップの延長保証で治したとか。
つまり、同じような症状の修理でも、対応もいろいろなので(中味の故障が同程度とは限らない、ということですかな)、一概にどういった対応が成されるかは分かりませんが。少なくとも、「PENTAX はユーザーを裏切らない」と言うことですか。ユーザーの立場に立って寄り添ってくれている、と言うことがわかっただけでも、今回修理に出したのは無駄ではなかったと思います。

まー、今のところペンタックスから乗り換える気は無いだけに、会社の対応が良いというのは嬉しいですね。

ちなみに、一応私マルチマウントですよ。Kマウントしか持ってないとか言わないですよ。M37、M42、110、645、67、Q……とかいうと殴られそうですが。ニコンF、キヤノンFD、EF、M39、オリンパスOM、PenF、ミノルタSR、A、があるよ。……全てフィルムカメラですが(笑)。あと、ニコンは今でも会社で使い倒してますが(レンズはここ数年はマクロ40mm1本しか使ってないですが)。個人で使うならハイパー操作系のあるペンタ以外選択肢にないわな。

そういや、親父に聞いた話では、SP時代には裸で修理に出したらケースが付いて戻ってきたとかいう話を聞いたこともあります。全盛時の華ですな。最近では、ボディキャップが新型になって戻ってきたという話があったので、試しに旭光学時代のものを付けて出してみましたが。ちゃんと、元のまま帰ってきました(笑)。

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31