ホームページ

  • 虚弱庵
無料ブログはココログ

twitter

  • twitter

模型

2017年4月 3日 (月)

「松本州平のヒコーキ模型道楽(松本州平/大日本絵画)」

花粉なのか風邪なのか分からんが、頭が重くて辛い。風邪薬飲んだので、寝る。
多分、かわいい女の子が看病してくれたらすぐ治りそうな気がする。

「松本州平のヒコーキ模型道楽(松本州平/大日本絵画)」を入手。
正直、お値段高すぎて、なかなか手が出ないあるよ。美術書だと思えばこんな物かも知れないけど、最近の大日本絵画の模型関係の本は消費者の懐とかけ離れているような気がする。
それはともかく。内容は「スケールアヴィエーション」に掲載された松本州平氏の作例集である。氏の作例は、昔から「塗り」に於いて超絶的な上手さを誇るわけであるが。近年は、使用する道具も増えて、作例は技巧的にも凄い物になっています。
おかげで、昔の「頑張って真似してみよう」から「こんな作例、よー作れんわ」になりつつありますが。目標的な作品として、眺めていて楽しいのは確かです。
個人的には、ドライブラシ全盛であったホビージャパン時代のミニスケールAFVからモデルグラフィックス初期の作例集が欲しいんですが、これはなかなか無理そうですねぇ。特にHJの方はMAX氏あたりがまとめてくれれば良いのに、とか。
あと、巻末の梅本氏(市村氏)との対談が、かなりぶっちゃけていて夢も希望もないものになっています。当時の「改造しちゃいかん」が、真面目な州平氏を面白い記事に仕立て上げるための梅本氏による誘導であったこと(<この辺、微妙なので気になる人は本文を読んで欲しい)が暴露されていて。当時、内容に感心していた、いたいけない子供だった私には結構ショックでしたが。なんだかんだ言って、一つの指針として今になっても語り継がれていることが模型作りにおける真理の一つなのでしょう。実際、完璧に再現しようとしたら、どのキットを使っても同じものに近づいていってしまうわけで、それはそれでつまらないと思ってしまう私もいるわけで。そのあたりの葛藤が、今も昔もモデラーを悩ませているのでしょう(笑)。
などと、どーでもいいことを書きたくなってしまうようなノスタルジックな対談がくっついていますが、基本は最近の超絶作例です。値段は高いですが(<しつこい)、松本州平氏のファンなら一読の価値はある本と思います。

2016年12月 8日 (木)

ハイテックマルチプレスの1/24バトルタンクシリーズのIV号戦車をついつい買ってしまった

なんか冷え込んできたぞ。寒くて死にそうだ。

ハイテックマルチプレスの1/24バトルタンクシリーズのIV号戦車をついつい買ってしまった。
砲身の上下がヘンロンと同じでリンクになっていて、上下のスティックと関係なく、いっぱいまで上がったら今度は下へ、となっているのが気にくわないが。全体的によく出来ていて、走行性能も良好。
ちなみに、ターゲットが付いているので、1台でも赤外線バトルの「発射」に関しては動作確認できますが。被弾については2台ないと確認できない。……そう思ったら、学習リモコンを活用すべし。単に赤外線を放射しているだけなので。学習リモコンで発射したときの波長を学習すれば。リモコンで戦車が破壊し放題(笑)。まー、ネタのようなものですが、動作確認には便利です。
これを応用すれば、単純に赤外線を発射する砲台のようなものは簡単に作れますし、他の戦車にも安価に組み込むことが出来ますが。バトルをするとなると、被弾の方のプログラムが必要になるので、簡単にはいきませんね(笑)。

2016年11月 8日 (火)

ガールズ&パンツァーと1/76チャーチルMk.VII (4)

一生懸命やって怒られる人生に矛盾を感じながらもままならない。

前回、エレール(エアフィックス)の1/76チャーチルMk.VIIについて書いたが、なんと2013年03月24日(25日)である。……まだ完成どころか、全然作業が進んでいないというか、面倒なので窓から投げ捨てたい誘惑に駆られるのだが(笑)。やはり、ミニスケ唯一のマーク7なので、完成させてやりたいというか。完成品でお茶を濁すのでは、模型を作る甲斐がないというものである。
ということで、現在の状況。

Mk7


……キューポラと予備キャタピラをディアゴの完成品からもってきた(笑)。1/72のハズだけど、エアの1/76より小さいので、問題なく取り付けられる。というか、となりのエアのパーツでもあんまり変わらない気がするあたりが、ミニスケの魔力だと思う。まだ、砲塔下の跳弾用のスカート?とか砲塔だけでもやらなきゃならん工作が色々残ってるんだけど。
あと、ハッチ開くのが好きなんだけど、今回ばかりはあきらめた(やっても、フィギュア乗せるには開口部が小さいような気が……)。

2016年8月 9日 (火)

ハセガワ テムジン747Jの説明書を見ながら思った

どうしようもなく暑くて、休んでいるのかどうかすらおぼつかない。

さて、1日中本のスキャニングをしていると、まったくといってネタがないという、どうしようもない状態になるが、無理矢理なんか書こう。
最近、長谷川の1/100テムジン747Jを入手したのだが。これが、また、難解なキットである。何が難解かって。デカールの番号が200を越えていて、塗装図を見ても塗装すべきなのかデカールを貼るべきなのかさっぱり分からない(笑)。もうずいぶん古いキットなので、ネットで調べれば作った人の苦労が沢山出てきますが。皆さん、塗装の腕に合わせて適宜選択といったふうに見えます。まー、塗装にしろデカールにしろ、死ぬほど色既知外なんですが(笑)。個人的に、こういったビビッドな色の塗り分けは苦手なので、デカールに頼ってみたら面白いかなーと思いますが。明らかにディティール殺しのようなものが多数含まれていて、真面目にやったら何を作っているのか分からなくなりそうですし。これは、手を動かすまでが一番やっかいというか、積んだら最期というやつだなー(笑)。

2016年6月 4日 (土)

「1/100 MS-06R2 高機動型ザクII ジョニーライデン機」

死にかけです。
それはともかく。K-1のRAW現像が、今のPCでは全く使い物にならないくらい遅いです。カメラ内現像の意味が分かりました。あと、JPEGでもコピーやセーブが遅いです。

というわけで、「1/100 MS-06R2 高機動型ザクII ジョニーライデン機」です。

R2_1

一部パーツの破損を直したりしてますが、本気でただの素組です。成型色が非常にいい色しているので、色を塗る機が失せます。ゲートもアルティメットニッパーがあれば、かなり綺麗に切り取れます。内部フレームでは、円形部分にゲートがあったりして「綺麗に切れねーよ」とか思いましたが、装甲は何とかなります。あと、ジャイアントバスはすごい成型をしていますが、ゲートの位置に関してはよくないですね。
一カ所、モノアイだけはシールが全然なじまなくて使い物にならなかったので、塗装してます。あとは、めんどーだからいいや。
ネットのレビューで最も問題になっている手の保持力の弱さですが。木工ボンドで固めてあります。それでちょうどいいくらいの硬さ。
しかし、子供の頃に夢見た「精密なキットが塗装無しで完成する」という奴ですが。あまりに凶悪なはめ込み技術から、模型というより立体パズルを組んでいる気分でした。基本的に切って貼って、ヤスリかけて、塗装して……というのが一連の模型の「作法」だと体が思ってしまっているので、余計に別物感があるのですが。それにしても、「何でこんなとこ分割しているんだ?」と思わずにはいられない謎設計です。単純にパーティングラインを作らない、というだけではないような。それならゲート位置ももう少し考えてくれ、というか。アルティメットニッパーのような片刃ニッパーを使って作ること前提のゲート配置になったら、組み立て時間の短縮と完成度のアップに繋がるんだがナー、と今後の模型設計をする人達に注文を出してみたり。
あと、根本的な問題として、MSVのキットとしてはリアルタイムで1/144MS-06Rを発売直後に組んだ人間として。梨地肌の表現の方が良かったナー、というのと。ボディブロックの形状とか、アニメ版じゃなくて、MSV以降のアレンジされたザクで。どんどんアニメと違う「カッコイイ」形状になっているナー、とか。ザクのスカートの分割って、もっと細く割れるイメージなんだけどナー。それと、内部再現とか見えないとこに凝っている割に、玩具のような腰の武器ラッチの穴。どうしてここだけポンあきの穴なのか大いに疑問。

R2_2

とはいえ、手軽にこれだけのものが作れる選択肢がある、というのは素直に喜ばしいかと。スケールモデルの考証とかに疲れたときには良いですね。あとは、標準で付いてくるデカールがシールではなく、流行のカルトグラフの水デカールとかならもっといいのにねー。というか、なんで転写シールとシールの2種類に分かれているのだ?

2016年5月30日 (月)

ガンプラの進化しすぎ

ツイッターの方でチラチラ載せていますが、「MG MS-06RII」を作っていたりします。正直、凄い精度でバチバチ組めますが、パーツ単位で見たときに何だか分からないレベルで、パズルをやっているみたいです。
その昔(30年くらい前)、なんかの雑誌(HJか模型情報の読者コーナーかライターさんの戯言)で、その人の友人が「模型は箱を開けたときに、出来上がりが想像できないといけない」と言って、分割数の増えすぎたキットの批判をしていましたが。今のガンプラは、更にその上の次元に達していて、既に昔のアニメキットとも違うし、スケールキットともまったく違う何かになっていますな。
凄いですが。成型色を色透けのない綺麗な色に出来るようになった弊害か、触っただけでぽろりと折れてしまったパーツが一つありました。これをもって「劣化」と言っている人たちがいましたが、おそらく、これは経年劣化ではなく、成型時のミスではないかと思われるのですが、整形不良ではなく、確かに白化して崩れるように折れています。他で見たことのない症状なのでよくわかりませんが、その他の部分は全然壊れる感じがしませんから、やはりなんかしらの無理があるのでしょう。
まー、こんなのは接着剤でくっつけて磨き出せばほとんどわからないレベルになりますが、色を塗らない前提だとめんどいですな。
というか、そういう意味でもスケールモデルと比べると、同じ模型でも、使うテクニックが別物になりすぎて、同じものとは思えませんわ(40年も前のエアフィックスのプラモとか作っていると、余計に(笑))。

2016年5月18日 (水)

デル・プラドのバトル・フィールド「チャーチルMk.VII」に思う

洒落じゃなく追い詰められて、昨日もバタンキューだったけど。あんまりにも酷くなると、逆に破綻してどーでも良くなる(笑)。

オークションでチャーチルのプラモを見ていて。過去に発売されたデルプラドのバトル・フィールド(いわゆる週刊~の類のコレクションマガジン)で、チャーチルMk.VIIを見つけた。
写真で見たら、結構ディティールもしっかりしていて良さげだったので、買ってみたのだが。届いたブツを見て絶句した。「でかい(笑)」。この手のものは、箱に入る大きさで、適当なスケールであるのがお約束なので、戦車は当然1/72スケールかと思ったのだが。表紙を見たら、1/60スケールとの表記。聞いたこと無いスケールだ(笑)。トミカは箱スケールだけど、同様の京商なんかのミニカーが1/64程度なので、それと並べると近いかも知れないけど。それにしても、中途半端である。
ものとしては、しっかりMk.VIIの特徴を再現していて、ポリレジン製ということで重量感もあるし、ディティールもごつくて、わりとしっかりしている(逆に、パーツを組み付けるのではなく、一体化する方向で作られているようで、一発で抜けないマフラー先端がオミットされていたり、砲身が曲がっていたりという難点はある)。一番の問題は、表面のドライブラシが汚いことで、すぺてをやる気無いものに見せてしまっている。せっかくディティールがゴツイので、もっと丁寧に色を乗せてやれば、ずっと格好良くなるはずである。これなら、汚しナシの単色でガンメタルを差し色に入れるだけの方がずっと受けが良かったと思われる。
しかし、コレクションというのは統一スケールでこそ映えるので、これ1個だけというのは本気で中途半端なんだよなぁ(笑)。ノンスケールだと思って聖グロリアーナのマークを入れて、ディオラマの遠景用に使うのなら、お手軽な素材として良いかと思いますが……。

2016年3月26日 (土)

「独レベル/マッチボックス 1/76 ファイアフライ サンダース大学付属高校Ver.」

つーわけで、久しぶりに写真入り。twitterには昨日上げたけど。

Firefly_f1

「独レベル/マッチボックス 1/76 ファイアフライ→サンダース大学付属高校Ver.」です。
イギリス本国マッチボックス設計らしく、砲身が少し細い感じがする以外は図面ともよく合っています。いつもの簡易ベース(有名なノルマンディーの写真の奴ですな)付きキットですが、現在入手出来るレベルのは1色成型です。ドラゴンの1/72よりも入手しやすく、最初から前部フェンダーやサンドスカートが付いているので、そのままでもサンダースっぽいものが出来ます。おそらく、以前ホビーショーで予告された1/72プラッツはドラゴンのものを売るつもりだったのでしょうが、そのあたりが付いていなくて見た目が結構異なるために、延期されたままになったのかもしれません。

サンダースのファイアフライはノルマンディー上陸作戦もしくはその直後の装備を再現しており、サンドスカートやハウスボートアタッチメントのようなヨーロッパ戦線ではほぼ使われなかった装備が付いています。戦車道でもトラック偽装とかやらないでしょうから必要ないと思われ?ですが。TV版はトラベリングロックの位置からして試作型or超初期型なので、サンダースでそういった資料を見てパーツを組んでしまったと考えるのでしょうか。

Firefly_f3

基本、フックは真鍮線に。マズルブレーキは整形して開口。劇場版で追加された前面の溶接線は最初筋彫りにしましたがイマイチだったのでプラ板の細切りを接着剤で溶かして、波形を刻みました。一番の問題はライトとライトガードがないこと。ノルマンディーの写真では、このあたりには荷物満載で、そう作って欲しかったのかもしれません。とりあえず適当な透明ランナーの押しピン跡を適当に加工して付ける。ライトガードは紙+瞬間接着剤。
ハウスボートアタッチメント、前面のでかいのはプラ板を適当に切って現物合わせ。問題は側面で、小さすぎて私の技量では辛かったです。プラ板の積層削り出し+銅板の細切り+パテでなんとか。
砲塔側面のポートは抜きの関係で変なテーパーが付いているので削ります。

Firefly_r2

トラベリングロックはエンジンハッチの上に生えていたような気がするので最初に削り落としてしまいました(1年以上前なので違うかもしれない)。ちなみに、TV版だと中央ですが、その位置だと行軍中にドライバーズハッチが開かなくなります。
あと、後部パネルに発煙装置が付いていますが、なぜかモールドだけ在ります。「ここに付けてくれ」って感じなので、プラ棒を削ったものに銅板で可動カバー?を付けてそれっぽく。前後の牽引ブラケットはプラ板。フックが付いてなくて助かりました。その他、見ての通りでプラ板とか銅板細工で適当に。
3ピースデフカバーのボルトが設定では沈頭に見えるのですが、どっちにしろ再現するサイズでないので無視。サンドスカートのリベットも無視。作りたい気もするけど、サイズ的に無理っぽい。

ちなみに、資料は「アハトゥンク ガールズ&パンツァー」「アーマーモデリング2016年2月号」「オスプレイミリタリーシリーズ ファイアフライ」「モデルアート ARMOR PHOTOGRAPHY シャーマンVCファイアフライ」あたり。

ということで、製作途中で放ってあったキット、3つ目も工作終了。
あとは1/76チャーチルですが。

2016年2月15日 (月)

ワンフェスで出てきた情報とかメモ

ワンフェスのメーカー展示でFigma「変態仮面」の原型が出ていた模様。まさか、この時代に公式で出してくるとは。派手目のディティールで、頭身も連載初期の少し低い感じか。
あと、figmaでは「ハルナ」が出ていましたが、コート姿の原型なので、差し替えボディが付くのかどうかとか、いろいろ。某家で盛り上がっていた「サイタマ」は読んでないのでともかく、「コナン」「R・田中一郎」が微妙な感じ。
まー、今年もフィギュア界は「艦コレ」「アイマス」あたりをメインに相変わらずの「初音ミク」といった感じだけど、「刀剣」とか「おそ松さん」とかの女性向けがどの程度食い込んでくるのか。業界としての注目ではないのだろうか。

2016年1月17日 (日)

今月のアーマーモデリングが英国戦車特集

疲れが貯まっているというか、寒くて寝ちゃうというか(笑)。

今月のアーマーモデリングが英国戦車特集で凄いことになっています。もう、頭から最後まで英国戦車ばっかり。特集ムックとかではない、雑誌レベルでこんなに英国戦車を見たのは初めてだと思います。北アフリカとかノルマンディーとかの特集で英国戦車が出てくることはあっても、大抵、ドイツ軍メインで。刺身のつま程度にイギリス軍が掲載されているくらい。ヘタすると、フィル氏の「ブラボー・ブリティッシュタンク」だけだったり。
それが、連載以外は、ほぼ英国戦車。フィル氏の解説付き。特集以外も英国戦車。残りもガルパン仕様のT-28だったりで、読み飛ばすところが殆ど無い。素晴らしい。
それはともかく。
表紙にダー様とペコちゃんが出ていて、正統ミリオタの人達が困ってしまうかと思いましたが、よく考えると、大抵のミリオタの人がガルパンおじさんにクラスチェンジしているのでどーデモいいかも。あと、発売したばかりなのに、えらく在庫が少なかったです。……ガルパンの記事なんてT-28と劇場版に登場する英国戦車のアップデート部分の解説だけというのに……それが重要なんですが(笑)。
シャーマンの人の丹羽さんが監修したらしいですが。謎なのがマチルダIIのライトが片方だけ無くなっているらしいこと。手元の資料を精査したわけではありませんが、ぱっと出てくる写真では大抵2つライトが付いていると思うのですが。ただ、なぜか英国インペリアル・ウォー・ミュージアムの展示車両にはライトが二つとも付いていなかったりしますが。
あと、ファイアフライVCの車体長が伸びたのは僥倖ですが(ドラマCDと矛盾っぽくなりましたが)、トラベリングロックが斜め横に移動したのは作画ミスと考えるのか、修理したら別物になったと考えるのか。ちなみに、TV版の中央にあるのは、有名な試作機の背面写真を参考にしたと思われるので、量産型の車両としてはこちらが間違いないのですが。
どの仕様で作るか、悩みますな。
難しいね。

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30